懐かしのあのドラマ「OUR HOUSE」を動画で見よう

OUR HOUSE、配信動画

動画をスマホやタブレット、PCで見るのはしっかりとしたオンデマンドサービスで見るようにしましょう。

FOD(フジテレビオンデマンド)はフジテレビの新しい作品から過去の作品までが沢山です。

OUR HOUSEの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FOD(フジテレビオンデマンド)の特徴はおりじなるコンテンツの豊富。フジテレビが展開しているサービスなので新しい作品から過去の作品までTVで放送されたドラマやバラエティー、ネットオリジナルコンテンツまで独自の色が特徴です。

FODはネットでの申し込みも簡単にでき、登録と同時に閲覧することができます。Amazon Payを使って申し込みをすれば初回1か月無料視聴期間が付いてきます。もちろん携帯支払いなどにも対応しているため手軽に始めれるVODなんですね。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

 

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

OUR HOUSE、1話のあらすじ

OUR HOUSE、1話

伴一家では、今日も長女の桜子(芦田愛菜)が、エプロン姿で朝食の支度をしていた。半年前、母親の蓉子(渡辺舞)が他界。桜子は、残された父親の奏太(山本耕史)、3人の兄弟、光太郎(加藤清史郎)、新太郎(寺田心)、桃子(松田芹香)、祖父の奏一郎(橋爪功)のため、蓉子に代わり家事をこなしていた。一家のために、かいがいしく働くしっかり者の長女。しかし、内情は、家族全員を厳しい指令で震え上がらせる“鬼軍曹”。今日も家族をビシビシと仕切っていた。まもなく一家の運命を変える大事件が起ころうとも知らずに・・・。その大事件を起こす元凶である父・奏太は、その頃、成田空港にいた。サックスプレーヤーとしての仕事で出張していたラスベガスから帰国。その横には・・・サングラスをかけた謎のブロンド美女の姿が―。「やっと日本に来られて夢がかなった」と話す彼女と仲むつまじそうに歩く奏太。桜子が帰宅すると、大好きな奏太が帰ってきていた。しかし、入口に光太郎と新太郎が立ち尽くし、モジモジとしている。桜子は不審に思いながらも部屋に入ると、奏太が「ママがいる」と言って紹介したのが、例の美女。名前を、アリス・シェパード(シャーロット・ケイト・フォックス)という。「再婚!?」と、突然のことに大激怒する桜子。一方のアリスも、次々と現れる子供を見て大パニック。そんな2人に、のんきに謝る奏太。怒りが収まらない桜子とアリスはにらみあいを利かせ・・・。

OUR HOUSE、2話のあらすじ

OUR HOUSE、2話

ある朝、仕事に出かけようとする奏太(山本耕史)の前に、アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)が立ちふさがった。アリスは奏太にペンを差し出すと、婚姻届にサインしろと迫る。すると、そのペンを桜子(芦田愛菜)が奪い、自分たち家族の承諾もなく結婚するなどありえないと怒り、奏太に同意を求める。奏太が曖昧に返事をすると、今度はアリスが怒りを爆発。相変わらず2人のにらみ合いが続くなか、突然、次男の新太郎(寺田心)が、お腹を押さえ込み苦痛に顔をゆがめてしゃがみ込み、学校を休んでしまう。琴音(松下由樹)は、環境の変化によるストレスか仮病だろうと診断。桜子は新太郎が学校でいじめられているためずる休みをしたのだろうと、丈治(塚本高史)にある相談事を持ちかけ、一方アリスは寝ている新太郎の様子を窺うが・・・。毒舌長女と新米ビッグマミー、“肉じゃが”次男を救うのはどっち?そして、新太郎が学校を休んだ本当の理由とは―?

OUR HOUSE、3話のあらすじ

OUR HOUSE、3話

桜子(芦田愛菜)は、中学校の音楽室で光太郎(加藤清史郎)がピアノで奏でるショパンを聴いていた。曲が終わった瞬間、周囲から女子生徒たちが押し寄せてくる。女子たちは、光太郎のファンだった。女子たちにもみくちゃにされた桜子は、光太郎に文句を言う。一方、アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)は、奏太(山本耕史)に口紅の付いたワイシャツを突き出し怒っていた。奏太は、ファンがつけたものだと弁明するが・・・。そんなやりとりを見た琴音(松下由樹)は、男はどいつもこいつも浮気者なのだ、とイライラを募らせる。意気投合した女性たちは、次女の桃子(松田芹香)を連れて食事に出ていってしまう。自宅に残された奏太ら男性たちの間に気まずい雰囲気が漂う。次男の新太郎(寺田心)は、自分は浮気をしていないのに、とぼやき・・・。伴家の男性たちに突然わき起こった浮気疑惑。果たしてその真相は?そして、光太郎が胸に秘めたある人への想いが明らかに!それを知った桜子は!?さらに、アリスが再び驚きの行動に・・・!

OUR HOUSE、4話のあらすじ

OUR HOUSE、4話

ある日、桜子(芦田愛菜)は、アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)と奏太(山本耕史)の部屋で、アリスが作成した伴家の相関図的な写真を見てしまう。その光太郎(加藤清史郎)と新太郎(寺田心)の写真には、ハートマークが付いていた。そういえば2人は、最近アリスとの距離を縮めているように見える。夕食時、桜子は集まった家族を見渡すと、この中に亡くなったママ(渡辺舞)を裏切っている者がいる、と言い放つ。食卓に緊張が漂う中、琴音(松下由樹)が、裏切り者は誰なのか、と聞くと、桜子は声を立てて笑った。その後、ハートではないがマルが付けられた奏一郎(橋爪功)の写真も見つかり、桜子は兄弟や祖父から事情聴取さながらにアリスとの関係を問いただす。ところが、光太郎と新太郎は、桜子に反抗的な態度を取った。逆ギレされたことに戸惑いながらも、桜子はそこにアリスの策略があることに気付く。そこに丈治(塚本高史)から、生き別れた息子に元妻が会わせてくれないという悩みが舞い込む。今、まさに丈治の問題を解決しようとアリスが動き出していることを察知した桜子。我先にと解決に向かう2人!はたして父と息子の絆を守れるのか!?ついに、場外バトルの火ぶたが切って落とされた!そして衝撃の事実が2人を襲う・・・。

OUR HOUSE、5話のあらすじ

OUR HOUSE、5話

普段から人をかむクセのある桃子(松田芹香)が、幼稚園で友達にかみついてしまった。呼び出された奏一郎(橋爪功)は、桃子に謝るように促すが、桃子は憮然(ぶぜん)としたまま謝ろうとしない。園長(岡田奈々)は、桃子がかむ理由が分からないと不思議がる。話を聞いた桜子(芦田愛菜)は、原因はストレスだろう、と分析。同意を求められた琴音(松下由樹)は、子供は環境の変化に敏感だから、と後押し。また自分のせいか、とうんざりするアリス(シャーロット・ケイト・フォックス)に、桜子は悪性のウイルスが家に混入して桃子が影響を受けたのだ、と痛烈批判。そんな時、新太郎(寺田心)が、桃子がかむようになったのは、ママが死んでからだ、と言い、光太郎(加藤清史郎)も同意する。そこで、奏太(山本耕史)が桃子に理由を聞いた人はいるのかと尋ねるが、一同は顔を見合わせるだけで・・・。伴家の“かみつきガメ”こと、桃子が友達をかんだ切なすぎる理由とは?姉として母として頑張って来た桜子、そして幼くして母を亡くした桃子、姉妹の心の傷がいま明かされる!

OUR HOUSE、6話のあらすじ

OUR HOUSE、6話

奏一郎(橋爪功)が、桃子(松田芹香)の幼稚園の園長・和美(岡田奈々)と公園を散歩しているところを目撃される。琴音(松下由樹)は拒否反応を示すが、意外にも桜子(芦田愛菜)は、奏一郎の妻が亡くなって5年が経つのだからいいのでは、と理解を示す。しかし、そう言いながらも桜子はどこかぼんやりしていて、いつもと様子が違う。実は、学校に通うようになった、引きこもりだったクラスメイト・省吾(濱田龍臣)のことで頭がいっぱいなのだ。省吾とのやりとりを思い出し、ひとりニヤニヤする桜子。アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)も、不思議そうに見る。そんな桜子は、学校でも女子に囲まれる省吾をガードしたりと世話を焼き、省吾もまんざらではないのか、それを受け入れる。するとある日、省吾が桜子の家を訪ねたいと言い出した。断り切れない桜子は、省吾を連れて帰宅。家族が揃うなか、省吾を紹介するが、奏太(山本耕史)が一気に不機嫌になり、“ふしだら”だと怒り始める。そんな父親の態度に今度は桜子の怒りが爆発。交際0日で新しい女性を連れて帰ってくるほうがふしだらだ、などと猛反発する。中学1年生の娘に舞い降りた初恋を巡り、仲良し父娘に突如わき起こった壮絶なバトル!はたして、桜子の淡い恋の顛末(てんまつ)は?さらに奏一郎の“老いらくの恋”にも衝撃の展開が!?

OUR HOUSE、7話のあらすじ

OUR HOUSE、7話

桜子(芦田愛菜)は、奏太(山本耕史)に言われ、日本にいるはずのアリス(シャーロット・ケイト・フォックス)の父親を捜すことに。実は昔、アリスは両親とともに日本に住んでいたのだが、両親が離婚。アリスと母親はアメリカに戻った。しかし、父親はそのまま日本に残ったという。それを聞いた光太郎(加藤清史郎)と新太郎(寺田心)は、父親捜しを手伝ってもいいと申し出るが、奏太は、桜子に頼む。自分はそんなに暇ではない、と嫌がる桜子だったが、アリスが父親と涙の再会を果たし、一緒に暮らそうということになれば、この家を出ていくに違いないと思い直し、捜索を承諾。奏太が、アリスと桜子を仲良くさせようという思惑で桜子に頼んだことなど露知らず・・・。こうして、桜子とアリスの、「父を訪ねて三千里」の旅が始まった。目的地を目指して走るバスのなかで、桜子はアリスから父親や家族のことを聞く。幼いアリスがアメリカに戻った後、母親が再婚。その後、妹が生まれ、両親は妹の方をかわいがったため、居場所がなくなってしまったという。初めて知るアリスのつらい過去に、桜子も心が揺れ・・・。果たして、アリスの父親は見つかるのか?そこに現れた謎の女性の正体とは!?切な過ぎる父親の秘密が明かされる!

OUR HOUSE、8話のあらすじ

OUR HOUSE、8話

桜子(芦田愛菜)と心を通わせ、自分の居場所は伴家だと確認することができたアリス(シャーロット・ケイト・フォックス)は、幸せな気分に包まれながら買い物をしていた。その頃、伴家では雷に打たれたような衝撃が起きていた。ぼうぜんとする一家の前にいたのは、亡くなった蓉子(渡辺舞)とうり二つの葵(渡辺舞/二役)だった。葵は、蓉子のいとこだというが、あまりにそっくりな容姿に、新太郎(寺田心)や桃子(松田芹香)はママだと錯覚してしまう。アリス以外の家族にあいさつを済ませた葵は、なぜか涙ぐみながら、自分が子供たちのママになると宣言。全員が凍り付く中、アリスが帰ってきた。蓉子にそっくりな葵の容姿と、「今日から自分が子供たちのママになる」という葵の言葉に、アリスはショックのあまり、持っていた荷物を落としてしまう。桜子は、アリスに同情しながらも、葵を見るうち蓉子を思い出して涙ぐみ・・・。伴家に突然やってきたママそっくりの、最強“新ママ候補”。ラスボスの登場に、アリスはどう挑むのか?そして桜子は!?ふたりの絆が試される時が来た!!

OUR HOUSE、9話のあらすじ

OUR HOUSE、9話

葵(渡辺舞)の口車に乗せられ、簡単にアリス(シャーロット・ケイト・フォックス)を受け入れてしまったのではと急に後悔し始めた桜子(芦田愛菜)に拒絶されたうえ、奏太(山本耕史)と葵のキスを目撃してしまい、完全に居場所を失くして家を出て行ったアリスは、行く当てもなく街をさまよっていた。一方の桜子は、アリスを追い出したことを気にしつつも、「葵は、自分たちのママになることを決断して来てくれたのだから、アリスとは思いの丈が違うのだ」と自分に言い聞かせていた。しかし、丈治(塚本高史)から、葵はパリに自分の店を持っていたはずだ、と聞き、外国に住みながら子供たちの母親になるとはどういうつもりなのかと、葵の行動に疑念を持ち始める。その頃、伴家では、光太郎(加藤清史郎)、新太郎(寺田心)、桃子(松田芹香)が、葵と楽しそうに食卓を囲み、食後には仲良くトランプをするなど、葵が着々と家に入り込んでいた。葵の目的は子供たちではなく奏太だけなのでは、と思った桜子は、いても立ってもいられずに駆け出し・・・。果たして、桜子が向かった先は?そして、葵の思惑と目的は?心にダメージを負ったアリスはいまどこに?物語は、誰も予想しなかった驚がくのフィナーレへ――!

コメント

タイトルとURLをコピーしました