懐かしのあのドラマ「嵐の涙~私たちに明日はある~」を動画で見よう

嵐の涙、配信動画

FOD(フジテレビオンデマンド)であればフジテレビの過去のドラマをパソコンやスマホ、タブレットで振り返り見ることができます。

嵐の涙~私たちに明日はある~の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODは約20,000本の動画にオリジナルのコンテンツ5000本。そして雑誌の読み放題、約100冊、数えきれない漫画(無料、有料)と豊富な作品が特徴です。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

 

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

嵐の涙~私たちに明日はある~、1話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、1話

2006年秋、東京。小学校教師の石原里子(佐藤江梨子)は、同じ小学校で美術を教えながら画家を目指す夫・雄介(宅間孝行)と、生まれたばかりの一人娘・春子と、義父母の壮一(柄本明)、弘江(岡まゆみ)とともに、ささやかながら幸せな生活を送っていた。春子のお食い初めに沸く石原家。里子はまさに幸せの絶頂だった。そんな里子には気がかりなことが。孤独な子供時代を施設で共に過ごし、将来絶対に幸せになろうと誓い合った親友・順子(宮地真緒)と連絡が取れないこと。そして、夫・雄介が極度のスランプに陥り絵が描けなくなっていることだ。産休が明け、1年ぶりに職場復帰した里子は、1年生の中に順子の息子だと思われる児童がいることを知り、家を訪ねる。玄関に出てきたのはまぎれもなく順子なのだが・・・。同じ頃、名古屋。門弟三万人を抱える一大流派、茶道枝川流第17代家元・枝川大造(竜雷太)は頭を抱えていた。秘書の照(いしのようこ)には心の内を打ち明ける大造。還暦を迎え、目の不自由な娘・まき(遠藤久美子)を残して逝くことが怖いのだと。大造は、娘・まきの目から光を奪い、子どもを産めない体にしてしまった8年前の事故のことを思い起こす。娘の幸せのためなら何でもする、悲壮な決意をする大造で・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、2話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、2話

里子(佐藤江梨子)は、親友・順子(宮地真緒)との久しぶりの再会を喜ぶ。しかし、当の順子に「あんただれ?」と冷たい態度を取られ、心さみしい里子。さらにその夜、青春を返せ、1000万円払えと順子が男を連れて押しかけてくる。子供の頃の悪い友人なのではないかと心配する義母の弘江(岡まゆみ)。義父の壮一(柄本明)は心配ないとなだめるが・・・。夫・雄介(宅間孝行)の予感通り、順子は同居中の男から繰り返し暴力をふるわれ脅されていた。警察に相談しようと順子を心配する里子。しかし順子から、男には借りがある、今の自分は案外幸せだと告げられ戸惑う里子。二人は、本当に辛い時にはお互いに助け合うという、子供の頃に決めた“幸せの誓い”を再確認する。一方、名古屋の茶道枝川家では、大造(竜雷太)の娘・まき(遠藤久美子)の結婚がようやく決まろうとしていた。娘に笑顔が戻ったと喜ぶ大造は、さっそく、婿養子となる剛太郎(土屋裕一)と、その娘・すみれに会いに東京へ行くことに。諦めていた妻として母としての生活が始まることに、まきも心を躍らせていた。

嵐の涙~私たちに明日はある~、3話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、3話

お調子者の体育教師・菅井(小林正寛)が企画したバーベキューに春子を連れて参加していた里子(佐藤江梨子)と雄介(宅間孝行)。そこへ順子(宮地真緒)の息子・大地(高橋來)が泣きながらやってくる。順子に何かあったに違いないと心配した里子は、抱っこしていた春子を夫・雄介に託し、大地を連れて順子の家へと走る。しかし順子から、幸せに浮かれている里子には私たちどん底の気持ちは分からないと一蹴されてしまう。里子が河原に戻ると、けたたましいサイレンの音が。雄介と春子がいたはずの場所には轟々と濁流が流れていた。びしょ濡れの菅井は、児童は全員救出されたと言う。夫と娘の名を叫びながら消防の制止を振り切り河原へ入ろうとする里子だが・・・。同じ頃、東京で娘・まき(遠藤久美子)の婿養子となる剛太郎(土屋裕一)と初めて対面した大造(竜雷太)は、剛太郎の本性を知り愕然。まきの幸せを踏みにじるような剛太郎の言動に怒りを抑えられなくなった大造。もみ合ううちに剛太郎は頭を打ちつけ動かなくなってしまう。娘の幸せを願っただけだったのにと、大造は途方に暮れる・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、4話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、4話

大造(竜雷太)に記憶喪失を利用され、剛太郎として生きることになった雄介(宅間孝行)は、婚約者だと紹介されたまき(遠藤久美子)と結婚することに。何も思い出せない剛太郎は、こんな自分でも受け入れてくれるのかと感動の涙を流す。一方、夫と娘が生きており他人と入れ替えられているとは知る由もない里子(佐藤江梨子)。なぜ里子だけ助かったのかと義母・弘江(岡まゆみ)から執拗に責められる。さらに小学校からも事故の全責任は里子にあるとなすりつけられてしまう。唯一里子に味方してくれるのは義父の壮一(柄本明)だけだった。

嵐の涙~私たちに明日はある~、5話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、5話

幸せな家庭と、ひたむきに頑張ってきた職場を一度に失い、呆然自失の里子(佐藤江梨子)はどこか遠くへ行こうと石原家を出る。最後に一言別れを告げようと順子(宮地真緒)の家へ向かうと、隣の部屋から親に捨てられたかのような赤ん坊の泣き声が聞こえてくる。そっと抱き上げる里子の目には悲壮な決意が浮かび上がる。2016年冬、愛知県常滑市。10年前、1人泣きじゃくる赤ん坊に生きる決意を後押しされ、その子を春子と名付けて育てていた里子。10歳になった春子(ほの花)とともに、宮崎(斉藤陽一郎)が経営する常滑焼の工房「宮崎工房」で働きながら、里子は順子が常滑に開いたスナックの2階に身を寄せて暮らしていた。一方、名古屋の茶道枝川流家元・枝川家では、大造(竜雷太)が喜びをかみしめていた。次期家元就任を控えたまき(遠藤久美子)と事務局長を務める剛太郎(宅間孝行)、10歳になる娘のすみれ(舞優)とが幸せに暮らしていたのだ。しかし・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、6話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、6話

名古屋の茶道枝川流家元・枝川家では、家元就任パーティーを控えるまき(遠藤久美子)が、来賓に配る記念品として「宮崎工房」に茶器を依頼することに。夫・剛太郎(宅間孝行)と二人、さっそく「宮崎工房」を訪れるが・・・。その「宮崎工房」で働く里子(佐藤江梨子)は、かつて勤めていた金沢の老舗旅館「かぐらや」の大女将・志乃(野際陽子)と再会。優しく接してくれた志乃に何も言わずに旅館を辞めてしまったことを後悔していた里子は大粒の涙を流して謝る。しかし、志乃は「過ぎたことはいいわいね」と、里子と春子(ほの花)との再会を喜んでくれたのだった。すべてを包み込む志乃の優しさに、里子はポツリポツリと春子を育てていくことの悩みを打ち明けて・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、7話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、7話

まき(遠藤久美子)は、茶道枝川流家元就任を辞退したいと父・大造(竜雷太)に打ち明ける。家元就任を前にした心の迷いを10歳の娘・すみれ(舞優)にも見破られた今、人前で茶を点てることが怖くなっていたのだ。まきの真剣な思いに心を打たれた大造は剛太郎(宅間孝行)と共にまきを見守ることにする。しかし、枝川家に長年仕えまきの就任を誰よりも楽しみにしていた照(いしのようこ)だけは納得がいかず・・・。一方、里子(佐藤江梨子)は、偶然再会を果たした、かつての職場である老舗旅館「かぐらや」の大女将・志乃(野際陽子)に、抱えていた悩みを打ち明ける。それは、娘の春子(ほの花)にとって、自らのわがままで学校に通わせていない今の生活が、果たして幸せなのかどうか分からないという恐怖や不安で・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、8話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、8話

まき(遠藤久美子)から人前で茶を点てることへの恐怖を取り除いてくれるのは里子(佐藤江梨子)しかいないと思った大造(竜雷太)は、常滑の「宮崎工房」を訪ねる。まきの話を聞いてやってほしいと必死の思いで頭を下げる大造。娘を想う父の姿に心を動かされた里子はまきの話を聞きに枝川家へ。あまりよく知らない里子になぜ自分の最も触れられたくない話をしなければならないのかと警戒するまき。しかし、ただひたすらに話を聞こうとする里子にいつしか心を開く。自分の気持ちを偽ってでも父を悲しませるようなことはしたくないと打ち明けるまき。正直に話してはどうかと言葉をかける里子だが、内心では春子(ほの花)を実の娘と偽って育ててきた10年の葛藤が渦巻いて・・・。里子と喧嘩別れしてしまったまきだが、夫の剛太郎(宅間孝行)からは苦痛を分け合える無二の親友になれるのではないかと諭される。しかし、大好きな母が里子に攻撃されたと思ったすみれ(舞優)は、里子に対して・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、9話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、9話

「私はあなたを許さなくてよ!」前日のことを詫びに枝川家を訪れた里子(佐藤江梨子)は、まき(遠藤久美子)の10歳になる娘・すみれ(舞優)から、冷たい言葉をぶつけられる。生き別れた実の母と子の10年ぶりの再会なのだが、本人たちはもちろん知る由もなかった・・・。目の不自由なまきは、すみれが学校で描いた家族の絵を見て欲しいと里子に手渡す。すみれはデザインだと言い張るが、どうも絵がおかしいのではないかと感じているまき。同じ母親としてどう思うか率直に教えて欲しいと里子に頼む。受け取った里子は戸惑いながらもまきに見たままを正直に伝える。「顔が描かれていません・・・」枝川会館理事長室に照(いしのようこ)が大慌てで駆け込んでくる。10年前、まきと剛太郎(土屋裕一)との結婚を仲介した女性の夫・大田原(大石吾朗)が、大造(竜雷太)を訪ね突然やってきたのだ。記憶喪失の雄介(宅間孝行)と婿養子になるはずだった剛太郎とを入れ替えたことは大造と照しか知らない秘密のはず。しかし、大田原と剛太郎に面識があれば秘密がばれ、娘・まきの幸せが、枝川家の信用が失墜してしまう。絶対に二人を引き合わせてはいけないと考えた大造は・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、10話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、10話

春の合同茶会で配るお土産物の発注ミスが発覚。急遽9日後に100個の招き猫を用意しなければならなくなったまき(遠藤久美子)は、里子(佐藤江梨子)を頼って「宮崎工房」を訪れる。あまりに無理な注文にはじめは断る宮崎(斉藤陽一郎)だったが、里子の後押しもあり、真摯に頼み込むまきのひたむきさに説得され引き受けることに。春子(ほの花)やすみれ(舞優)も手伝い、招き猫作りが始まる。目の不自由なまきも慣れない手つきで粘土をこねはじめるが、失敗してしまう。気を遣う「宮崎工房」の面々。「目が見えないって言わないでくださいますか!」母に特別な気遣いをされたと思ったすみれは、里子や春子、宮崎に対して、つい怒りを露わにしてしまう・・・一方、枝川家ではついに剛太郎(宅間孝行)と大田原(大石吾朗)が会うことになる。何があっても全てを受け入れようと腹をくくる大造(竜雷太)で・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、11話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、11話

剛太郎(宅間孝行)はついに自分が記憶喪失であることを大田原(大石吾朗)に打ち明ける。10年前、記憶をなくした雄介と赤ん坊の春子を「藤塚剛太郎とすみれ」として枝川家に迎え、娘・まき(遠藤久美子)の婿養子にしたことが知られてしまう・・・。もはや逃げることの出来ない大造(竜雷太)は全てを受け止める覚悟を決める。常滑焼「宮崎工房」で、遅くまで招き猫作りを頑張る里子(佐藤江梨子)、春子(ほの花)、宮崎(斉藤陽一郎)の3人。深夜、里子と宮崎を手伝いにまきがやってくる。招き猫作りを通して、今まで知らなかった娘の新たな一面を発見した里子とまきは、それぞれ成長した10歳の娘に改めて愛おしさを覚える。もう絶対に家族を失いたくない、母としての不安や恐怖を正直に口に出したことで、まきに家元就任の覚悟が芽生える。まきの決意を聞いた大造は秘書の照(いしのようこ)を呼び、就任披露パーティーを予定通り行うと告げる。パーティー当日、決然とした表情で新家元としての抱負を語り始めたまきは、娘・すみれ(舞優)を想うが故の愛にあふれた大きな決断を発表する。そのことが10歳の娘を苦しめることになるとは知らずに・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、12話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、12話

大造(竜雷太)はまき(遠藤久美子)の家元就任披露で、孫のすみれ(舞優)も家元を継ぐことになると紹介でき満足していた。子供ながらに枝川流の歴史を背負うという重責を感じたすみれは、学校にも通わない春子(ほの花)は枝川家にはふさわしくない、関わりたくないとその母・里子(佐藤江梨子)までも遠ざけるように。すみれから、「あなたのお母様は頭が悪いのかしら」と大好きな母である里子のことを批難された春子は怒りが収まらない。しかし、自分の子と偽って春子を育てている里子は、そんな春子に声をかけてやることもできず・・・後日、まきは家元就任の挨拶回りも兼ね、里子が働く常滑焼「宮崎工房」を訪れる。春子とすみれの様子がおかしいことを心配するまきは、里子に、春子を学校に通わせない理由を尋ねる。今のままで十分幸せです、とつい大きな声を出してしまう里子だが・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、13話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、13話

兄弟流派のはずなのになぜかいつも嫌がらせをしてくる葉山(ベンガル)率いる葉山流との合同茶会に、枝川流新家元のまき(遠藤久美子)と、次期家元として10歳の娘・すみれ(舞優)も参加することに。大造(竜雷太)は、すみれを出席させることで、今後も続いていく枝川流の格式を印象付けようと考えていたのだ。大造による、すみれの稽古が始まる。そのあまりの厳しさを見かねたまきは、大造に意見するが・・・。一方、里子(佐藤江梨子)の働く常滑焼「宮崎工房」では、宮崎(斉藤陽一郎)が、スランプから脱しつつあった。茶碗作りに真剣に挑む彼の姿に、里子はしばし見惚れてしまう。そんな中、里子は、まきからお茶会への招待を受ける。実は茶を点てるのがすみれで、まきは里子の娘・春子(ほの花)とすみれの仲直りのきっかけになればと考えたのだった。しかし、ちょうどその日、里子と出かける約束をしていた春子は・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、14話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、14話

母・里子(佐藤江梨子)がすみれ(舞優)の初めての茶会に出席するため、楽しみにしていたお出かけがなくなってしまった春子(ほの花)は、すっかりすねてしまう。里子は、春子を学校に通わせられない悩みも相まって、子育てに自信を失ってしまう。そんな彼女を幼馴染みの順子(宮地真緒)が優しく励ます。茶会当日、普段着で枝川家を訪れた里子は、まき(遠藤久美子)から着物を渡される。それは以前、夫の雄介(宅間孝行)から贈られたものと似た色合いだった。里子の脳裏に10年前に行方不明になった夫の笑顔がよぎって・・・。そんな中、大造(竜雷太)の挨拶で始まった葉山流との合同茶会。そこで重圧を感じながら硬い表情で茶を点てていたすみれが、緊張のあまり所作を忘れてしまう。その様子を見ていた葉山(ベンガル)は嫌味を言うが、まきは・・・。

嵐の涙~私たちに明日はある~、15話のあらすじ

嵐の涙~私たちに明日はある~、15話

茶会での失敗を、幼い心で気に病んでいたすみれ(舞優)が、枝川家からいなくなってしまう。まき(遠藤久美子)から知らせを受けた里子(佐藤江梨子)には、すみれの居場所に心当たりがあった。里子の推測通り、すみれは「宮崎工房」にいた。真っ暗な中、目に涙のあとを残して眠ってしまっているすみれ。里子は思わず彼女を抱きしめる。よもやその少女が、10年前の事故で離れ離れになってしまった、実の娘だとは知らずに・・・。翌朝、すみれを迎えにきたまきは、心配のあまりつい感情的に家出した理由を問いつめてしまう。そんなまきを落ち着かせるためにも、里子はしばらくの間、すみれを預かることを提案。すると、里子と親子ゲンカ中の春子(ほの花)が、すみれに焼きもちを焼き、自分が枝川家の子供になると思いもよらないことを言いだして・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました