懐かしのあのドラマ「クズの本懐」を動画で見よう

クズの本懐

過去の作品から、新しい作品までフジテレビのドラマを見るならFOD(フジテレビオンデマンド)がおすすめです。

クズの本懐の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

約22,000本の配信本数(約5,000本の独自配信)、新ドラマの見逃しから、旧作を振り返って見れる。それがFOD(フジテレビオンデマンドの特徴です。

FOD(フジテレビオンデマンド)は動画だけでなく、雑誌の読み放題、漫画も豊富です。さらに毎月888円かかりますが、毎月100ポイント、8の付く日にログインで400ポイントづつもらえます。1ポイント1円で利用できるので月額より多いポイントがもらえるんですね。漫画など読む人にはすごくおすすめです。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

 

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

クズの本懐、1話のあらすじ

クズの本懐、1話

クズの本懐90秒告知動画を無料で公開!主人公、高校2年生の安楽岡花火(やすらおかはなび)と粟屋麦(あわやむぎ)が、実は誰にも言えない秘密の契約を結んでおり、不条理な感情を慰め合い堕ちていく。

クズの本懐、2話のあらすじ

クズの本懐、2話

下校する生徒たちの注目を浴びながら一緒に歩く高校生の安楽岡花火(吉本実憂)と粟屋麦(桜田通)。2人は美男美女のカップルとして有名だ。そんな理想的に見える2人には、ある「秘密」の共通点があった・・・。1学期の始業式、花火が「お兄ちゃん」と慕う幼馴染の鐘井鳴海(水田航生)と、麦の家庭教師だった皆川茜(逢沢りな)が音楽の教師として着任。そこから物語は始まる・・・。

クズの本懐、3話のあらすじ

クズの本懐、3話

麦(桜田通)のクラスが音楽の授業を終えて、数人の女生徒が茜(逢沢りな)を取り囲んで楽譜についての質問をしている。麦はわざとゆっくりと移動の支度をしながら、茜を盗み見ていた。そんな麦を廊下から見つめる絵鳩早苗(池上紗理依)は、麦と目が合うと視線をそらし急に歩き出し立ち去ってしまう。彼女の心とは・・・。

クズの本懐、4話のあらすじ

クズの本懐、4話

絵鳩(池上紗理依)の想いを通して人の好意の重さを知る花火(吉本実憂)は、麦といると安心している事に気付く。2人の関係にも変化が起きようとしていた。ファミレスで食事をしていた2人、偶然そこに現れた茜(逢沢りな)の横には男が。口に手を当て内緒にというポーズをとる茜・・・麦(桜田通)はその男に見覚えがあった。

クズの本懐、5話のあらすじ

クズの本懐、5話

「求められなきゃ意味がない。何より」。茜(逢沢りな)は昔から、求められる気持ちよさを本能的に理解していた。中学生の頃から、対象に興味が無くとも、その対象に向けられた“好意“に興味があった。そう、“好意“を搾取される人間の顔が見たくて・・・。

クズの本懐、6話のあらすじ

クズの本懐、6話

茜(逢沢りな)の正体に気付き、傷ついた花火(吉本実憂)は絵鳩(池上紗理依)の優しさに溺れていく。その頃麦(桜田通)は、3年ぶりに先輩である芽衣(吉田志織)と再会し、茜の本性を知らされる。傷ついた麦もまた芽衣と一夜を共にする。花火は、学校で久々に会う麦と共に屋上に向かう。「麦はもう要らない」という感情を抱いたまま・・・。

クズの本懐、7話のあらすじ

クズの本懐、7話

鐘井(水田航生)は茜(逢沢りな)に告白の返事を聞こうと音楽室を訪れていた。退屈に縛られていた茜は、鐘井に飲みに行こうと提案する。一方、激しくキスをする麦(桜田通)と花火(吉本実憂)。茜の事が頭から離れない花火は何かを決意し、歪んだ顔で積極的に麦に迫る。「あいつに向けられた“好意のすべて“を搾取する為に・・・」。

クズの本懐、8話のあらすじ

クズの本懐、8話

茜(逢沢りな)に向けられた“好意のすべて“を搾取する為、花火(吉本実憂)は、麦(桜田通)と付き合う事に。絵鳩(池上紗理依)にその事を告げ、別れを切り出すが、迫ってくる絵鳩にある事を学ぶ。花火は、以前ファミレスで茜と一緒にいたタクヤ(猪野広樹)に近づき“搾取“を始める。花火の変化に気付いた麦は・・・。

クズの本懐、9話のあらすじ

クズの本懐、9話

花火(吉本実憂)と麦(桜田通)の前に現れた麦の幼馴染、鴎端のり子【最可】(志保)は、昔から麦に一途だった。ロンドンから帰国した最可は、以前麦と約束していたデートを提案、麦はしぶしぶ受け入れる。そんな最可の一途な態度を冷めた目で見る麦。しかし、最可にはある秘密があった。一方、茜(逢沢りな)の男であるタクヤ(猪野広樹)に流され始めている事に気付いた花火は・・・。

クズの本懐、10話のあらすじ

クズの本懐、10話

模試を控え一緒に勉強をしていた花火(吉本実憂)と麦(桜田通)は、お互い存在の重要さに気付いていた。2人は鐘井(水田航生)と茜(逢沢りな)のそれぞれに告白して想いを断ち切る事を決める。告白の当日、「時計台に8時」と待ち合わせ時間を決め、告白に向かう2人だったが・・・。一方、絵鳩(池上紗理依)に思いを寄せるいとこ、桐嶋篤也(根岸拓哉)も模試を受ける為に上京していた。

クズの本懐、11話のあらすじ

クズの本懐、11話

鐘井(水田航生)に失恋し、麦の態度にもやりきれない気持ちを抱えていた花火(吉本実憂)は、絵鳩(池上紗理依)と失恋旅行に出かける。絵鳩は、花火への叶わぬ思いを秘めたまま、ただ2人でいられる事を喜んでいた。だが、花火はそんな絵鳩の心の奥にある、鍵のかかった扉を開けてしまう・・・。その頃、麦(桜田通)は茜(逢沢りな)と一緒にいた。麦もまたやりきれない気持ちを抱えつつ、ネオンの街で救いの手を求めていた・・・。

クズの本懐、12話のあらすじ

クズの本懐、12話

水族館デートをする茜(逢沢りな)と鐘井(水田航生)。楽しそうな鐘井とは対照的に、茜は鐘井が「あの日」以来体を求めてこない事に困惑していた。今までのどの男とも違う「自分が求めている」という関係性にも。そんな中、偶然タクヤ(猪野広樹)と鉢合わせ、鐘井に茜の本性を教える。「本当の事」と開き直る茜に対し、受け入れる鐘井。より一層理解できない茜は鐘井とのデートにある条件を付ける。

クズの本懐、13話のあらすじ

クズの本懐、13話

卒業シーズン。校内からは卒業式の合唱の練習の声が聞こえてくる。「卒業生を送る会」の係になった花火(吉本実憂)は、同じく係となった麦を目にし気まずく感じる。が、ふと麦と最初に交わした「契約」を思い出す。――恋に敗れた今、その契約はもう無効――。そして2人は自然といつもの屋上へ・・・。

クズの本懐、14話のあらすじ

クズの本懐、14話

麦の視点から描いた最終話。その時麦の思いは・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました