懐かしのあのドラマ「屋根裏の恋人」を動画で見よう

【東海テレビ】屋根裏の恋人

ビデオオンデマンドのFOD(フジテレビオンデマンド)。スマホやタブレット、PCでフジテレビのドラマ、バラエティを見れるサービス。手軽に試せるのでお勧めです。

屋根裏の恋人の動画

了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

屋根裏の恋人、1話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、1話

専業主婦の西條衣香(石田ひかり)は、夫・西條誠(勝村政信)と、高校二年生の娘・帆花(大友花恋)、中学三年生の息子・勇人(髙橋楓翔)の4人家族。誠の父親の死去により、義父の後妻・西條千鶴子(高畑淳子)と鎌倉の大きな洋館で暮らすことになった。西條邸ではホームパーティが行われ、衣香の友人でファイナンシャルプランナーの菅沼杏子(三浦理恵子)や誠の会社関係の人間等、着飾った老若男女が楽しんでいた。ベリーダンスの先生をしている千鶴子はゲストたちの前で華やかなダンスを披露し、輪の中心にいた。その時は突然訪れた。パーティの給仕で忙しくしていた衣香は、キッチンの物陰から腕を掴まれ強く引き寄せられる。恐怖におののく衣香に声をかけたのはかつての恋人、瀬野樹(今井翼)。借金の保証人になって追われており、何処にも行くあてがなく、かくまって欲しいと話す瀬野を衣香は突き放すが、いつしか瀬野は屋根裏に忍び込み、勝手に棲みつくようになった・・・・・・。敏腕アナリストで高収入の夫を持ち、傍目には何の不自由もない幸せな家庭を手に入れたかに見える衣香。しかしその実は、家族という檻の中でどこか満たされない想いを抱えて生きていた。屋根裏に棲みついた瀬野は、そんな衣香の心の奥底に閉じ込めていた寂しさや欲望を引きずり出し、衣香の家族が抱える秘密を次々浮き彫りにしていく。衣香にとって、瀬野は救いの天使なのか、全てを壊す悪魔なのか―――

屋根裏の恋人、2話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、2話

18年前、自分に乱暴した男が殺されたことを知り、動揺する衣香(石田ひかり)。しかも男は衣香の載った雑誌の切り抜きを持っていたという。当時彼女を助けてくれた元恋人・瀬野(今井翼)が突然現れたのは果たして偶然なのか?西條家の屋根裏に棲みついた瀬野は、西條家の様子を覗き見しつつ、しばしば降りてきては衣香の前に現れた。衣香はそんな状況に、今までの満たされない想いを抱えた生活とは何かが違う高揚感のようなものを感じていた。翌日、友人の杏子(三浦理恵子)が衣香を訪ねてきた。杏子は三億円もの保険金を受け取る予定の千鶴子(高畑淳子)に、保険会社が殺人の疑いをかけ調査をしていると話した。一方夫の誠(勝村政信)が、誕生日のお祝いを反故にした罪滅ぼしに外食に誘ってくれた。家族揃ってのお祝いと、これからはもっと家族との時間を大切にするという誠の言葉から家族の大切さを再認識した衣香は、屋根裏に上がり、瀬野に出て行くよう諭す。すると瀬野は、そんなに家族が大切なら見なきゃならないモノがあると言い・・・。瀬野に渡された一枚のショップカードを手に、ある店に行った衣香は、帆花(大友花恋)がセクシーなドレスを着て働いているのを見て愕然とする。帆花は愛する恋人の夢を支えるためにキャバクラで働いていると話し、本気で人を愛したことがないママには私の気持ちがわからないと反発した。帆花のことを誠には話せず、結局、瀬野に相談する衣香。瀬野は衣香の頼みなら何でもすると、ある行動に出る。そして、娘の本気で人を愛する姿を目の当たりにした衣香は、18年間心の奥底に閉じ込めていたある願いを思い出す―――

屋根裏の恋人、3話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、3話

帆花(大友花恋)の恋人への一途な想いは、18年間心の奥底に閉じ込めていた気持ちを衣香(石田ひかり)に思い出させた。屋根裏で見つめ合う二人。しかし、瀬野(今井翼)は「地獄に堕ちる覚悟はあるのか?」と問いかけ、衣香は答えに窮する。5歳のときに母親が愛人と駆け落ちした記憶を思い出し、子供たちにもあの時の自分と同じ気持ちを抱かせてしまうと、思いとどまるのだった。休日のある日、千鶴子(高畑淳子)が衣香に虐待をしていないかと聞く。勇人(髙橋楓翔)の腕の痣を見たのだという。母親として気づかないのも虐待と同じだと言われた衣香は、勇人の部屋で大量のゲームソフトがあるのを見つけ、勇人を問い詰めた。しかし、勇人は激しい口調で衣香を突き放して・・・。後日、衣香は優等生風の男子生徒たちに勇人がいじめられているところを目撃。勇人は彼らに強要され、ゲームソフトを万引きしてネットで売っていたのだった。衣香は、男子生徒たちを一喝し、誠(勝村政信)にも相談するが、よくある男の子の世界だからと相手にしてくれない。結局、勇人を助けたのは瀬野だった。感謝しながらも、母親として生きる覚悟を決めたと話す衣香の前から、瀬野は姿を消した。心に穴の開いた衣香のもとに再度、刑事の和田(松澤一之)が訪れる。和田は、殺された井沢と瀬野の関係について話す。瀬野が18年前消えた真相を知った衣香は、想いを押さえられず、瀬野の行方を追って家を飛び出すのだった・・・。

屋根裏の恋人、4話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、4話

衣香(石田ひかり)は瀬野(今井翼)と結ばれ、心身共に満たされていたが、家族への罪悪感は拭えない。一方、瀬野も心中複雑だった。18年ぶりに衣香の前に現れたのは、当初、別の目的があったのだ。半年前、会社を経営していた父親が、資金繰りがショートし多くの取引先に迷惑をかけた事を苦に自殺した。それが誠(勝村政信)と井沢(横堀悦夫)が株価操作したせいだと確信した瀬野は、誠が不正をした証拠を見つけ出し、復讐しようとしていたのだ。衣香への愛と復讐の間で、瀬野は揺れていた。そんな想いもあり、衣香につれない態度をとってしまう瀬野。衣香はそんな瀬野を責めつつ、自分の複雑な胸の内を告白する。いさかいの中、捨て台詞を吐き、瀬野が外へ行こうとすると、偶然千鶴子(高畑淳子)と鉢合わせしてしまう。瀬野は千鶴子のファンでレッスンを受けに来たと機転を利かせた。その後もベリーダンス教室に通い、千鶴子の薦めで教室に通うようになった帆花(大友花恋)とも仲良くなり、徐々に西條家の人間と親しくなっていく瀬野に、衣香は心中穏やかでない。そんな折、千鶴子から衣香の実母の借金2000万円を誠が黙って返済してくれた事を聞かされる。さらに誠が数年前から認知症になった母親を施設に入れて面倒を見てくれていたことも分かり、感謝と共にいたたまれない気持ちになった衣香は屋根裏へ・・・。

屋根裏の恋人、5話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、5話

夫・誠(勝村政信)への情を再確認した衣香(石田ひかり)は、瀬野(今井翼)との関係に揺れていた。落ち着いて考える時間が欲しいと瀬野に告げ、しばらく距離を置くことに決める。しかし、瀬野の存在は彼女を大きく変えていた。これまで言われるがままだった千鶴子(高畑淳子)の嫁いびりに反論するようになったのだ。そんな衣香の変化が面白くない千鶴子は、ホームパーティーをしようと提案する。その頃、瀬野は、妹の小町(芦那すみれ)に会い、母親の近況を聞く。そして、小町に父親の復讐を果たすための証拠が全て揃ったと告げる―。数日後行われた、西條家のホームパーティーに、千鶴子は杏子(三浦理恵子)と瀬野をゲストに呼んでいた。千鶴子は、杏子が誠と別れ話でもめている所や、母屋から出てきた瀬野と傍らにいた衣香の姿を目撃していたのだ。渦中の2組のカップルは、千鶴子の策略で呉越同舟に。千鶴子は、意図的に会話の中心となり、衣香と瀬野、誠と杏子のそれぞれの反応を伺う。さらに、杏子に誠と別れるように言い、誠には後日勤務先まで出向いて、衣香が浮気をしていると煽る。千鶴子の誠への愛は過熱するばかりだった。そんなある日、瀬野に改めて告白され、ある提案をされた衣香は気持ちを抑えられなくなり・・・。一方、誠の会社に刑事の和田(松澤一之)が再び訪れ、井沢(横堀悦夫)との関係を追求した。そして、瀬野が瀬野機器の亡くなった社長の息子で、衣香の昔の恋人だと告げる。パーティーの時の2ショットを思い出し絶句する誠・・・。衣香に愛を告げながらも、瀬野は復讐との狭間で揺れていた。瀬野が復讐を遂げた時、西條家はどうなってしまうのか・・・。その時、2人の関係は・・・。

屋根裏の恋人、6話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、6話

子供たちの将来を見届けたら、瀬野(今井翼)と一緒に生きて行く決意を固めた衣香(石田ひかり)。一方、瀬野は衣香に対して「この家を出て、二人の事を誰も知らない所で一緒に暮らそう」と告げる。瀬野は、誠(勝村政信)が不正な株価操作をした証拠を手にはしたが、未だに復讐との狭間で揺れていた。屋根裏に棲みつくようになって、いかに衣香にとって家族が大切で、彼女がどれだけの想いで家族を守ろうとしていたかを目の当たりにしていたからだ。その頃、誠は杏子(三浦理恵子)に手切れ金を渡し、納得のいかない杏子を押し切って二人の関係を精算していた。そして、誠は衣香に杏子と浮気をしていたことを告白、やり直して今後も結婚生活を続けていきたいと心から謝る。そんなある夜、突然、西條家に大勢の捜査員による家宅捜索が入り、誠は金融商品取引法違反の疑いで逮捕されてしまう・・・。西條家はどうなってしまうのか・・・。そして、衣香と瀬野の関係は・・・。

屋根裏の恋人、7話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、7話

誠(勝村政信)が株価操作の疑いで逮捕され、西條家には多くのマスコミが押しかけていた。帆花(大友花恋)や勇人(髙橋楓翔)の学校でも事件が噂になり、千鶴子(高畑淳子)の教室をやめる生徒が増えるなど、普通の生活ができない状態が続く衣香(石田ひかり)たち。しかし、「何も悪いことはしていない」と、胸を張っていようと決めた衣香は、学校側から勇人の推薦入学の辞退を薦める話にも毅然とした態度をとる。ただ、心の内では瀬野(今井翼)が屋根裏に棲みついた理由が誠を陥れるためで、自分は利用されていたのだと思い落胆していた。そんな衣香の前に瀬野が現れる。対峙したふたりはお互いの思いを激しくぶつけ合う。瀬野は衣香を思う気持ちから、結局、誠の情報を検察に告発できなかった事、そして、今でも衣香への気持ちは変わってない事を告げる。だが、衣香は信じられないでいて・・・。その日の夕方、誠が釈放され、安堵する西條家。その夜、屋根裏で探し物をしていた誠に衣香は、瀬野の父親の会社の株価操作の話は本当かと聞くが、はぐらかされてしまう。翌日、杏子(三浦理恵子)が西條家を訪れ、誠と衣香の前で驚愕の告白をする・・・。杏子の告白から、物語はさらに加速して動き出し・・・。

屋根裏の恋人、8話のあらすじ

【東海テレビ】屋根裏の恋人、8話

衣香(石田ひかり)は誠(勝村政信)から井沢(横堀悦夫)を殺したと聞き絶句する。井沢から杏子(三浦理恵子)との不倫をネタに脅迫され、株価操作に加担したのちに手を切ろうとしたところ、井沢に衣香の事を凌辱され激昂しナイフで刺してしまったのだ。誠は、衣香に自分と離婚して瀬野(今井翼)の元に行けと告げるが、瀬野との約束の時間を目前にして、衣香はとてもそんな気持ちになれなかった。一方、瀬野は妹の小町(芦那すみれ)に、衣香への想いからどうしても復讐が出来なかったと話し、衣香との約束の場所、由比ヶ浜へと向かった。そんな中、杏子が西條家を訪れ、誠のアリバイ偽装を警察に話したと告げた。その情報を元に、和田(松澤一之)は誠の逮捕状を取る動きを進めていた・・・。覚悟を決めた誠は、帆花(大友花恋)、勇人(髙橋楓翔)、千鶴子(高畑淳子)をリビングに集めるよう衣香に告げ、家族に一部始終を話した。深い失意と動揺が広がる中、衣香と二人きりになった千鶴子は、誠への愛を語り出した。殺人犯になっても誠を愛すという千鶴子の強い思いに後押しされ、ついに衣香は瀬野との約束の場所・由比ヶ浜へと駆け出す―――

コメント

タイトルとURLをコピーしました