懐かしのあのドラマ「犯罪症候群 Season2」を動画で見よう

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2

過去の作品から、新しい作品までフジテレビのドラマを見るならFOD(フジテレビオンデマンド)がおすすめです。

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

約22,000本の配信本数(約5,000本の独自配信)、新ドラマの見逃しから、旧作を振り返って見れる。それがFOD(フジテレビオンデマンドの特徴です。

FOD(フジテレビオンデマンド)は動画だけでなく、雑誌の読み放題、漫画も豊富です。さらに毎月888円かかりますが、毎月100ポイント、8の付く日にログインで400ポイントづつもらえます。1ポイント1円で利用できるので月額より多いポイントがもらえるんですね。漫画など読む人にはすごくおすすめです。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、1話のあらすじ

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、1話

ビルの下に転落したと思われる少年の遺体が見つかり、本庁から所轄に左遷された鏑木(谷原章介)も現場検証に立ち会う。この件は事故死として処理されるが、警視庁の環(渡部篤郎)は不審に思っていた。環は武藤(玉山鉄二)を呼び出しある資料を渡す。それはこの1年で起きた「4人の死亡事故記録」だった。死亡した4人には殺人歴があり、すべて“事故死”として処理されていた。そして、転落死した少年にも殺人歴があった。

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、2話のあらすじ

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、2話

鏑木(谷原章介)は“職業殺人者”として「少年犯罪を考える会」で活動する響子(木村多江)から、未成年犯罪者への復讐を請け負っていた。響子は鏑木への依頼を正義と信じていたが、ある依頼で二人の中にほころびが生じはじめる。環(渡部篤郎)の命で秘密裏に調査していた武藤(玉山鉄二)も会の発起人である牧田(板尾創路)にたどりつき、牧田が“職業殺人者”と繋がっていることを確信する中、すでに環は一連の事件への鏑木の関与を疑いはじめていた・・・。

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、3話のあらすじ

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、3話

武藤(玉山鉄二)と環(渡部篤郎)の捜査の手がおよんでいることを知った鏑木(谷原章介)は、響子(木村多江)に身を隠すよう告げる。そして自分に残された時間がないことも悟る中、捜査してきた連続殺人犯の容疑者・小島和子(手塚理美)にたどり着く。一方の武藤は梶原(野間口徹)に会い、「少年犯罪を考える会」の復讐代行の事実を確認していた。小島の逮捕を急ぎ、鏑木が確実な証拠をそろえようとしている中、ある人物が鏑木を訪ねてくる。それは環だった・・・。

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、4話のあらすじ

【東海テレビ】犯罪症候群 Season2、4話

鏑木(谷原章介)はすべての罪を一人で被るつもりでいたが、響子(木村多江)との連絡が途絶え、不安がよぎる。牧田(板尾創路)と響子は警察の目が鏑木に向いている隙に、未成年犯罪者に自分たちの手で復讐を実行しようとしていた。一方の環(渡部篤郎)は「職業殺人者・鏑木」が世に出ないよう処理するように命じられる。署に戻った鏑木を武藤(玉山鉄二)が待ち構えていた、武藤は鏑木が殺人者であるという事実を否定してほしいと願い、問いつめるも、鏑木は答えず去って行くのだった・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました