懐かしのあのドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」を動画で見よう

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」当時見ていた人も、名前だけ知ってるという人も懐かしのフジテレビのドラマを振り返ってみるにはFOD(フジテレビオンデマンド)がおススメです。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

動画本数22,000本、内訳の約5,000本ドラマやバラエティが過去の作品から最新作までのテレビ、オリジナルコンテンツが豊富。FODならではの大きな特徴です。

動画だけでなく雑誌読み放題(約100冊)、漫画(有料、無料)のコンテンツも豊富。さらに1ポイント1円で利用できるポイントサービス毎月100ポイント、8日にログインだけで400ポイントの合計1300ポイントももらえます。かなりお得なVOD(ビデオオンデマンド)ですね。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、1話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、1話

東城医大病院の救命救急センター部長を務める天才救命医・速水晃一(西島秀俊)の医療機器メーカーとの癒着を巡る事件の真相は、心療内科医の田口公平(伊藤淳史)と厚生労働省の白鳥圭輔(仲村トオル)の必死の調査によって暴かれた。その直後、病院に程近い化学コンビナートで爆発事故が発生。付近の住宅地に延焼する大規模火災となり、東城医大に多くの被災者が運び込まれた。和泉遥(加藤あい)、佐藤伸一(木下隆行)ら救命チームは対応に追われ、病院を去る決意を固めていた速水も現場を離れることができない。そんな中、速水のもとに黒い封筒に入った怪文書が届いた。そこには「明日の昼過ぎ、ICUの患者が急変して死ぬ。助けられるかな?」と速水を挑発する警告文が。速水はただのイタズラだと言って取り合わないが、田口は不安を覚える。一方、白鳥は爆発事故に巻き込まれて東城医大に入院している医大時代の恩師を見舞いに訪れ、怪文書の存在を知ることに。差出人の調査を買って出た白鳥は、速水を恨む病院内の人物か、東城医大に速水を引き留めたいと願う救命チームの中の誰かの仕業ではないかと田口に告げる。そして翌日、怪文書の予告通りICUに入院していた患者の容態が急変。患者は一命を取り留めたものの、予断を許さない状態に陥る。そのとき初めて白鳥から怪文書のことを知らされた救命チームは騒然となる。そんなとき、看護師長の花房美和(白石美帆)が速水の部屋で一通の封筒を見つける。それは、前に届いたものと同じ黒い封筒だった・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、2話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、2話

重症患者の対応に追われる東城大学医学部付属病院の救命救急センターに、勤務中に意識を失ったキャビンアテンダント・杉山沙希(田畑智子)が運び込まれた。病棟は満床だったが、救急患者を決して断らないセンター部長の速水晃一(西島秀俊)は医師の佐藤伸一(木下隆行)の反対を押しきって沙希を受け入れる。心療内科特別愁訴外来の医師・田口公平(伊藤淳史)は和泉遥(加藤あい)ら救命チームの医師に呼び出される。田口は2年前、沙希を一度診察していたのだ。そんな折、沙希が異常な発作を起こす。救命チームが騒然となる中、勝手に診察室に入ってくるスーツ姿の男が・・・。その男は、またも厚生労働省から乗り込んできた白鳥圭輔(仲村トオル)だった。“チーム・バチスタ”の事件以来、定期的に行っている抜き打ち監査のためにやってきたという白鳥は、今回の調査の対象が救命救急センターになったと不敵に笑い・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、3話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、3話

ミスコンテストの日本代表を目指してレッスンに励む青木恵理(藤井美菜)が過呼吸で倒れた。救急センターに担ぎ込まれて症状は落ち着いたものの、手には麻痺が残っている様子。速水(西島秀俊)と田口(伊藤淳史)は検査入院を勧めるが、2週間後に最終予選を控えていた恵理は、レッスンを休めばライバルに差をつけられてしまうとパニックを起こす。一方、速水と医療代理店メディカル・アソート社の癒着を疑う白鳥(仲村トオル)は、速水を訪ねてきた同社の社員・佐々木英二(堀部圭亮)を病院内で見かけ、疑惑をぶつけるが・・・。そんな中、再び発作に見舞われた恵理は入院して検査を受けることに。心配して駆けつけた婚約者の菅原誠(金井勇太)との面会を拒否し、花房(白石美帆)に「一生隠し続けるつもりの秘密があったら、あなたならどうする?」と謎めいた言葉を投げかける。田口は恵理が無理なダイエットをしていたことを菅原から聞く。一方、恵理の体のある深刻な異状に気づく佐藤(木下隆行)ら。そんな折、焦りを募らせた恵理が病室から抜け出し、レッスンに戻ろうとするが、ふいに視界が歪んで階段から転落してしまう。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、4話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、4話

深夜の繁華街で腹を刺された塚田康史(渡辺哲)が救命救急センターに搬送されてきた。目撃証言によれば、塚田は大声をあげながら若い男に殴りかかり、ナイフで刺されたらしい。警察は酔っぱらい同士のケンカとにらむが、塚田に酒を飲んだ形跡はなく、妻の基子(根本りつ子)もおとなしい性格の夫がケンカなどするわけがないと不審がる。翌日、田口(伊藤淳史)がICUを訪ねると、塚田は昨夜とは別人のように穏やかになっていた。事件の前後のことはまったく覚えていないという。さらに塚田は、定年を前に気が塞ぐようになり、現場近くの心療内科に通っていたと告白。そして喉が渇いたと水を飲み始める。まもなく、看護師の弥生(浅見れいな)が取り乱した様子で救命救急センターの医局に駆け込んできた。塚田が急に暴れ出したというのだ。酒に酔ったような状態で暴言を吐き、和泉(加藤あい)を突き飛ばした塚田は、水差しから水をがぶ飲みすると奇声をあげながら失神してしまう。その頃、田口は塚田が通っていた心療内科を訪れ、担当の医師に話を聞いていた。医師は塚田を中高年特有の“ミッドエイジクライシス”と診断し、精神安定剤を処方していたというのだが・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、5話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、5話

フリージャーナリスト・目黒(嶋田久作)の容態が急変し、心停止に陥った。原因は心臓の血管の一部が詰まったことによる心筋梗塞。退院も近いと聞かされていた妻の光子(広田レオナ)は、回復していたはずの夫の体に何が起こったのかと取り乱す。速水(西島秀俊)は血管が詰まった箇所をカテーテルで拡げる治療を試みようとするが、カテーテル室に空きがなく、十分な設備のない初療室で治療を行うと言い出す。佐藤(木下隆行)や長谷川(戸次重幸)は危険すぎると反対するが、ほかに蘇生させる方法はないと速水に押し切られる。まもなく、速水の無謀な決断を知った田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)はリスクが高すぎると意見するが、速水は聞く耳を持たない。そして不安がる光子を説得し、危険なカテーテル治療を承諾させてしまう。そんな折、初療室の様子をうかがう佐々木(堀部圭亮)を見かけた白鳥は、すべては佐々木と速水が仕組んだことではないかと疑い始める。収賄関係を目黒に知られた2人が、口封じのためにわざと失敗の可能性が高い治療を強行し、目黒を殺そうとしているのではないか、と。白鳥の疑念を聞かされた田口は言葉を失い・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、6話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、6話

一カ月後に全国ツアーを控えた人気歌手の真山香苗(岩田さゆり)が倒れた。血液検査の結果、香苗は若年層に多いマイコプラズマ肺炎と判明。速水(西島秀俊)ら救命チームは抗生剤による治療を始めるが、母親でマネージャーのみどり(森口瑤子)は香苗を一日も早く退院させたいと無理を言い、田口(伊藤淳史)の手を焼かせる。一方、白鳥(仲村トオル)は、目黒(嶋田久作)が撮った写真を手掛かりに収賄疑惑を調査。国会議員の鴨志田一郎(本田博太郎)、メディカル・アソート社の佐々木(堀部圭亮)とともに写っていた高級クラブのママ・斎藤彩子(麻生祐未)を訪ねるが、けんもほろろに追い返されてしまう。だが数日後、連れ立ってクラブに現れた鴨志田と佐々木の姿を目撃する。そんな折、香苗の体に発疹が現れた。速水らは抗生剤によるアレルギー反応があると判断し、投与する薬を変更。ところが、ほどなくして香苗の肺炎は急激に悪化。炎症が肺の隅々まで広がり、抗生剤がまったく効かない予想外の事態に救命チームはがく然となる。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、7話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、7話

メディカル・アソート社が大規模な医療施設“MAH”の建設を計画していると知った白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)は、計画書に名を連ねていた速水(西島秀俊)を直撃。佐々木(堀部圭亮)と密談中だった速水は、施設が完成すればセンター長に就任するつもりだとあっさりと関与を認め、田口を驚かせる。そんな折、山崎健人(桜田通)という車いすの少年から速水に電話が入る。自宅で倒れた母親・智子(大路恵美)を救命救急センターで受け入れてほしいというのだ。健人は5年前、事故で瀕死の重傷を負い、速水の処置で命を救われていた。このことから健人は速水を命の恩人だと頼り、搬送を依頼してきたのだった。まもなく、智子は過労による貧血と判明。付き添ってきた健人は、速水に自分のことを覚えているかとたずねるが、速水は記憶にないとそっけなく答える。この言葉に建人は逆上。突然、速水に襲いかかった。命は助かったものの障害が残った自分の介護によって、母親を過労に追い込んだと訴える健人は「あんたが死なせてくれればよかった!」と速水に怒りをぶつけるが、その直後、激しいけいれんの発作を起こし・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、8話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、8話

勅使河原聖也という源氏名のホスト・鈴木浩(八神蓮)が接客中に意識を失った。急性アルコール中毒と診断されたが、救命センターに付き添ってきた客の下村理沙子(末永遥)は、酔い潰れるほど酒は飲んでいなかったはずだと不審がる。同じ頃、寺内昭三(でんでん)という老人がタクシー代わりに救急車を呼びつけ、ただの腰痛にも関わらず鴨志田(本田博太郎)の名前をちらつかせてICUに入院させろと要求。このことを田口(伊藤淳史)から聞かされた白鳥(仲村トオル)は、寺内と鴨志田の関係に興味を抱く。そんな折、事務長の三船(利重剛)が、速水(西島秀俊)の不正を暴く証拠は見つかったのかと白鳥に声をかけてきた。東城医大の経営破綻を危惧する三船は、患者のためにと検査や薬品に莫大な金を使う速水のやり方では赤字が増すばかりだと速水の排除を目論んでいた。翌日、聖也は順調に回復し、理沙子に付き添われて退院。ところが、自宅マンションに戻ると突然錯乱状態に陥り、理沙子の制止を振り切ってベランダから飛び降りようと暴れ出し・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、9話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、9話

田口(伊藤淳史)の提案で倫理委員会が招集され、速水(西島秀俊)の収賄疑惑が追及されることに。和泉(加藤あい)は怪文書を書いたのは自分だったことを田口に告白。処分したはずの怪文書が、なぜ事務長の三船(利重剛)に渡っていたのかわからないと狼狽し、委員会で速水を守って欲しいと田口に頼む。そんな折、腰痛でICUに入院中の寺内(でんでん)が末期ガンに冒されていたとわかった。絶縁していた娘の坂崎裕美子(渋谷琴乃)が病院に駆けつけるが、寺内は面会を拒否。だが、裕美子が息子を生んでいたと知り、初めて見る孫にようやく心を開き始める。いよいよ倫理委員会が始まった。田口、白鳥(仲村トオル)、三船や心臓血管外科の黒崎教授(榎木孝明)ら錚々たる面々が顔をそろえる中、速水がメディカル・アソート社から賄賂を受けていた事実を平然と認め、一同を騒然とさせる。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、10話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、10話

田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)が発見したとき、すでに呼吸停止状態だった寺内(でんでん)は、佐藤(木下隆行)らの懸命な救命処置も空しく息を引き取った。病状が急激に悪化したことに疑問を呈する白鳥。そんな中、点滴に不審な点が見つかる。短時間で大量に注入すれば命に危険がおよぶ鎮痛剤が、規定の10倍の量で投与されるよう設定されていたのだ。「チームの誰かが注入量を間違った」と医療ミスを指摘する白鳥に救命チームは騒然。花房(白石美帆)は寺内に付き添っていた弥生(浅見れいな)に、長谷川(戸次重幸)は点滴の用意をした和泉(加藤あい)に疑惑を向ける犯人捜しが始まり、チームは殺伐とした空気に包まれる。一方、白鳥は誰かが故意に注入量を操作した”殺人”の可能性もあると田口に漏らす。寺内が死ぬ前に伝えようとしたことは何だったのか?それが今回の死と関係があるのか?真相究明に動き出そうとした矢先、寺内の娘・裕美子(渋谷琴乃)が遺体を返せと騒ぎ出し・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、11話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、11話

寺内(でんでん)は医療ミスに見せかけて殺されていたことが発覚。警察の捜査に介入した白鳥(仲村トオル)は、殺害方法から医学の知識がある者の犯行とにらみ、救命チームのメンバーに容疑を向ける。事情聴取の結果、長谷川(戸次重幸)に犯行時間のアリバイがないことが判明。さらに、速水(西島秀俊)は花房(白石美帆)と一緒にいたと主張するが、それを証明する手立てがない。そんな中、白鳥は外部の人間にも怪しい者がいることを田口(伊藤淳史)に明かす。事件当時、佐々木(堀部圭亮)が病院を訪れていたのだ。寺内が鴨志田(本田博太郎)の秘密を打ち明けようとした矢先に殺されていたことから、白鳥は鴨志田と繋がりのある佐々木に疑惑を。そんな折、白鳥の追及を受けた長谷川から意外な目撃証言が飛び出す。寺内が倒れていた現場の近くを、慌てた様子で通り過ぎる花房を見たというのだ。何をしていたのかと問いただす白鳥と田口に、花房は固く口を閉ざし・・・。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、12話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、12話

意識不明で東城医大に搬送された速水(西島秀俊)と佐々木(堀部圭亮)。速水は意識を取り戻したが、ナイフで胸を刺されていた佐々木は死亡していた。白鳥(仲村トオル)は速水を問い詰めるが、速水は佐々木が殺されたときのことを何も覚えていないと話す。まもなく速水が「佐々木を殺したのは俺かもしれない」と田口(伊藤淳史)らに漏らし、けいれんを起こして意識を失うなど異常な症状を示し始めた。気を揉む佐藤(木下隆行)らに、白鳥は速水が佐々木と寺内(でんでん)を殺した可能性があると告げる。療養施設の建設予定地が汚染された危険な土地であることを知っていた2人の口を封じたのではないかというのだ。そんなとき、花房(白石美帆)が寺内殺しの犯人は速水ではないと断言し・・・。翌日、ナイフから佐々木と速水の指紋が検出され、警察は収賄関係にあった2人の仲間割れと見て捜査を開始。だが、真相はほかにあるとにらむ白鳥と田口は独自の調査に乗り出す。

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、13話のあらすじ

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋、13話

速水(西島秀俊)は心筋の炎症によって心機能が急激に低下し、心不全に陥っていた。悪性リンパ腫が心臓まで蝕み始めているとみた佐藤(木下隆行)らは、手の施しようがないとがく然となる。一方、佐々木(堀部圭亮)が殺された事件の真相を追う白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)は、自分が犯人だと主張する速水が誰かを庇っているとにらむ。花房(白石美帆)に疑惑を向けた白鳥は、田口とともに事件現場を調べ、意外な事実を知る。翌日、白鳥と田口は花房を連れて再び現場へ。白鳥の追及に激しい動揺をみせた花房は、事件の夜、現場にいたことをついに認める。だが、佐々木を殺したのは自分ではないと訴え、現場を訪ねた理由を打ち明ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました