懐かしの韓流ドラマ「トンイ」を動画で見よう

韓流ドラマ、トンイの動画

2010年に韓国で放送され、NHKやテレ東などで放送された「トンイ」。イ・ビョンフン監督(「宮廷女官チャングムの誓い」、「イ・サン」)作品。脚本、キム・イヨン。

トンイ・キャスト

  • トンイ
    • ハン・ヒョジュ(代表作:春のワルツ、華麗なる遺産、トンイ、W-二つの世界-など)。
  • 肅宗(スクチョン)
    • チ・ジニ(代表作:宮廷女官チャングムの誓い、棚ぼたのあなた、等)
  • チャン尚宮(サングン)
    • イ・ソヨン(代表作:太陽のあなた、Dr.JIN、等)

17世紀後期から18世紀前期までの李氏朝鮮が舞台。監察府の女官である主人公「トンイ」を中心に繰り広げられる王宮内の権力闘争や人間模様を描いた作品。全60話。

赤パンダの見どころ
赤パンダの見どころ

韓流王道の歴史ドラマ。時は17世紀後半、日本で言えば徳川吉宗とかの時代の物語。どろっどろの宮廷権力闘争と身分違いを乗り越える純愛ドラマ。

 

  1. トンイの動画配信
  2. トンイあらすじ
    1. トンイ、相関図
    2. トンイ、1話のあらすじ
    3. トンイ、2話のあらすじ
    4. トンイ、3話のあらすじ
    5. トンイ、4話のあらすじ
    6. トンイ、5話のあらすじ
    7. トンイ、6話のあらすじ
    8. トンイ、7話のあらすじ
    9. トンイ、8話のあらすじ
    10. トンイ、9話のあらすじ
    11. トンイ、10話のあらすじ
    12. トンイ、11話のあらすじ
    13. トンイ、12話のあらすじ
    14. トンイ、13話のあらすじ
    15. トンイ、14話のあらすじ
    16. トンイ、15話のあらすじ
    17. トンイ、16話のあらすじ
    18. トンイ、17話のあらすじ
    19. トンイ、18話のあらすじ
    20. トンイ、19話のあらすじ
    21. トンイ、20話のあらすじ
    22. トンイ、21話のあらすじ
    23. トンイ、22話のあらすじ
    24. トンイ、23話のあらすじ
    25. トンイ、24話のあらすじ
    26. トンイ、25話のあらすじ
    27. トンイ、26話のあらすじ
    28. トンイ、27話のあらすじ
    29. トンイ、28話のあらすじ
    30. トンイ、29話のあらすじ
    31. トンイ、30話のあらすじ
    32. トンイ、31話のあらすじ
    33. トンイ、32話のあらすじ
    34. トンイ、33話のあらすじ
    35. トンイ、34話のあらすじ
    36. トンイ、35話のあらすじ
    37. トンイ、36話のあらすじ
    38. トンイ、37話のあらすじ
    39. トンイ、38話のあらすじ
    40. トンイ、39話のあらすじ
    41. トンイ、40話のあらすじ
    42. トンイ、41話のあらすじ
    43. トンイ、42話のあらすじ
    44. トンイ、43話のあらすじ
    45. トンイ、44話のあらすじ
    46. トンイ、45話のあらすじ
    47. トンイ、46話のあらすじ
    48. トンイ、47話のあらすじ
    49. トンイ、48話のあらすじ
    50. トンイ、49話のあらすじ
    51. トンイ、50話のあらすじ
    52. トンイ、51話のあらすじ
    53. トンイ、52話のあらすじ
    54. トンイ、53話のあらすじ
    55. トンイ、54話のあらすじ
    56. トンイ、55話のあらすじ
    57. トンイ、56話のあらすじ
    58. トンイ、57話のあらすじ
    59. トンイ、58話のあらすじ
    60. トンイ、59話のあらすじ
    61. トンイ、60話のあらすじ

トンイの動画配信

トンイは最近では再放送も少なくなってきたし、一気見できるのでVOD(ビデオオンデマンド)で見ましょう。

トンイの動画配信

  1. U-NEXT

トンイの動画配信一覧

  配信状況 初回登録
無料期間
 
U-NEXT 31日 公式サイトへ
FOD × 1ヶ月 公式サイトへ
Hulu × 2週間 公式サイトへ

トンイを配信しているのはU-NEXTですね。U-NEXTは他の韓流ドラマや映画に強いので非常におすすめです。

U-NEXT公式サイトへ

※2019年10月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

トンイあらすじ

高官の連続殺害事件が起き、賤民の地下組織・剣契の首長が濡れ衣によって命を落とす。首長の娘・トンイは、父の汚名を晴らすために掌楽院(宮廷楽団)の下女として宮中に入る。6年後、ひょんなことから知り合った粛宗を王とは知らずに親しくなるが…

トンイ、相関図

韓流ドラマ、トンイ相関図

引用:BSテレ東

トンイ、1話のあらすじ

トンイ、1話

肅宗7年(1680年)3月初め、明け方のある湖畔で司憲府大司憲チャン・イッコン令監が殺害される。市場ではパン村賤民の村に住むチェ・ヒョウォンの娘トンイが両班家の村の子供たちと薬菓をかけ競走をしている。死ぬ直前のチャン・イッコン令監を偶然に目撃したトンイとケドラ。捕盗庁検視室の従事官ソ・ヨンギは今回の殺人も近ごろ広がっている賎民らの地下組織チェ・ヒョウォン率いる“剣契”のことだと話す。しかし今回の殺人事件は南人の中枢オ・テソクがその罪をコムゲが犯したことにする恐ろしい陰謀であった。

トンイ、2話のあらすじ

トンイ、2話

チェ・ヒョウォン率いる“漢陽剣契”は、引き続き両班らが殺害されその疑惑が自分たちに向けられるや急に会合を招集する。チョンスをはじめとするコムゲの若い幹部らは殺人者らを探すことになり、ついに殺人の背後に南人のオ・テソク令監がいるという事実を知る。一歩遅れてトンイの行方を知ることになった父チェ・ヒョウォンは殺害の危機に直面したトンイをケドラの家に隠したが、これを知らないトンイは家を脱出し問安婢としてオ・テソクの家を探す。オ・テソクはこの子供が殺害現場の目撃者ということを知り捕まえておくよう命令を下す。一方わなにかかったチェ・ヒョウォンとトンジュはソ・ヨンギの父親の命を救いに行ったが殺害され倒れている姿を発見し、殺人の汚名までかぶり逮捕される。ソ・ヨンギは父親を殺した犯人がチェ・ヒョウォンだという事実を聞き衝撃を受ける。

トンイ、3話のあらすじ

トンイ、3話

涙を流しながらトンイを必ず守ってほしいとチャンスに頼むトンジュ。義禁府の監獄でチェ・ヒョウォンなどの剣契集団を移送した官軍はコムゲ集団の襲撃を受ける。激しい戦闘の末、コムゲ集団は一人一人死んでいきトンジュも矢に当たって倒れる。チェ・ヒョウォンまで刃物で刺されて倒れる。その日オ・テソクの家でキム・ファンに会ったチャン・オクチョンは、彼女の人生に2人の貴人がいるという予言を聞く。そしてずっと捕卒らの追跡にあったトンイの境遇はますます危機に直面する。

トンイ、4話のあらすじ

トンイ、4話

チョンスはソリに幼いトンイをお願いする。一方剣契の首長チェ・ヒョウォンの娘、トンイと推定される子供の死体が発見され、トンイではないことが分かるが知らないふりをするソ・ヨンギ。平壌の妓生ソリはトンイのために掌楽院直長ファン・ジュシクにトンイをお願いする。掌楽院で仕事をすることになったトンイだが・・・

トンイ、5話のあらすじ

トンイ、5話

チャン・オクチョンが再入宮した後宮には不吉な前兆がいくつも起き、チャン・オクチョンを庇護するオ・テソクは危機を感じる。トンイは父と兄の汚名をそそぐことができるオクチョンの蝶模様の装飾品に執着する。トンイがオクチョンの装飾品を確認しようとした瞬間、正体不明の誰かに拉致されてしまうが・・・

トンイ、6話のあらすじ

トンイ、6話

倉庫の中で気が付いたトンイ。そばには編磬職人が死んでいる。警守所に申告して捕卒と現場を調べるが、編磬職人の死体はきれいに片づけてられていた。一方音変の原因がチョン尚宮のためという噂に国民たちは動揺し、オ・テソクをはじめとする南人勢力は緊張する。肅宗は身分を隠したまま遂行を出てトンイと会うことになる。

トンイ、7話のあらすじ

トンイ、7話

トンイと肅宗を威嚇する男たち。大妃を含めた西人勢力は自分たちの陰謀が明らかになるかと戦々恐々とする。肅宗は打楽器に縛られた音変の原因を明らかにし、トンイの功に食べ物と褒美を下賜する。大妃の陰謀の決定的な証拠を得たオクチョン。オクチョンは大妃を尋ね、このことを隠そうと提案するが・・・

トンイ、8話のあらすじ

トンイ、8話

オクチョンの装飾品を見せてくれというトンイ。一方、西人らの降格と南人らの昇進が発表される。王妃の煎薬の味見をすると銀のさじと箸が変色したことで、南人勢力は再び緊張する。ソ・ヨンギはトンイが6年前に奴婢で登載されたという事実を知りチェ・ヒョウォンの娘ではないかと疑い始める。

トンイ、9話のあらすじ

トンイ、9話

トンイはオクチョンの使いで行った薬房の医員が死に調査を受けなければならなかったため、調査を受けている間にソ・ヨンギと出くわす。王妃の煎薬の味見による変色の原因を明らかにしようとする肅宗。大妃をはじめとする西人勢力は、オクチョンが薬材を宮殿に持ち込んだという事実に監察府に投書を入れてオクチョンに陰湿な攻撃をする。

トンイ、10話のあらすじ

トンイ、10話

尋問を始めようという時に現れたオクチョン。ところがオクチョンは中宮殿殺害の謀略を受ける。これに対しオ・テソクはトンイに罪を着せようとする。肅宗はソ・ヨンギに中宮殿殺害の背後を探してくれと頼むが・・・

トンイ、11話のあらすじ

トンイ、11話

何とか粛宗を助けられたトンイ。トンイのおかげで助けられたオクチョンは、トンイに感謝し彼女を宮女として使おうと考える。翌日、街にお使いに来ていたトンイは、粛宗と偶然出会う。一方、チャン・フィジェが都城に戻り、オクチョンは内命婦に対する挑戦として粛宗にトンイに関するお願いをする。

トンイ、12話のあらすじ

トンイ、12話

監察宮女となったトンイ。しかし監察府の内部では賤婢だったトンイを受け入れようとせず反発する。一方、チャン・ヒジェはソ・ヨンギが働く補庁の補盗部将に任命される。監察府の者たちは定期試験の規律によってトンイを追い出そうと企むのだが・・・

トンイ、13話のあらすじ

トンイ、13話

監察府試験に合格できなかったトンイは監察府の規律によって追い出されることになる。仁顕王后の助けで4日後に再試験の機会を得たトンイ。粛宗はオクチョンを後宮にする。一方、ヨンダルはチャ・チョンスが怪しいと、ファン・ジュシクと一緒にチャ・チョンスの荷物を調べる。荷物から剣契の標識が出てくる。それを見たトンイは驚きを隠せない。その怪しい者がチャ・チョンスだと疑いトンイはチャ・チョンスを探しに行く。

トンイ、14話のあらすじ

トンイ、14話

チョンスはトンイを二度と失わないと決心する。清国から使節団が来て、監察府の女官らは不法に朝鮮の金権を掌握したキム・ユンダルを潜伏捜査する。潜伏捜査をしたトンイはキム・ユンダルの居所で怪しい暗号を発見するが、監察府の女官らがキム・ユンダルに摘発され捜査は終結する。だがトンイは捜査を諦めることができず、使節団の宴会がある掌楽院にこっそりと入りキム・ユンダルにまた見つかってしまう。

トンイ、15話のあらすじ

トンイ、15話

粛宗が漢城府判官ではなく王様だということを知ったトンイ。トンイは肅宗にためらいなく接していた昔の記憶がしきりに浮かび上がって心配だ。一方事件の中心であるキム・ユンダルは濡れ衣を着せられたという遺書と共に発見される。清国太監はこの事件の手がかりになるトンイを清に強制連行し調査をすると脅す。肅宗は戸惑いで言葉を失う。

トンイ、16話のあらすじ

トンイ、16話

決心をしたトンイは自分の足で清国太監に訪ねる。チョンスはそんなトンイが心配になるばかりだが、トンイは太監に驚くべき事実を伝える。粛宗は禁軍に抑留されているトンイを連れてくるよう命じ、すべての臣下らはともすれば清国との軍事衝突が起きるかと肅宗の意に反対する。一方オクチョンは、肅宗のトンイに対する関心は恋心なのではないかという疑いをぬぐい去ることはできず・・・

トンイ、17話のあらすじ

トンイ、17話

淑媛の任命まで受けたオクチョンは懐任したことを肅宗に知らせる。18か月後オクチョンは王子を出産し、チャン・ヒジェも右捕盗庁の従事官に昇格する。王子を元子に上げようとするチャン・ヒジェと南人ら。だが明聖大妃は王子の元子冊封は絶対にだめだと言う。トンイは女官らの居所で蝶模様の装飾品を探すために努力を続ける。一方誰かがイニョン王妃に大妃殿に上げる煎薬が疑わしいという投書を送る。イニョン王妃は静かに監察府のチョン尚宮を呼ぶが・・・

トンイ、18話のあらすじ

トンイ、18話

大妃殿の煎薬事件の背後にオクチョンの内人ヨンソンを疑うトンイ。ヨンソンを尾行したトンイは煎薬をどこで使ったかと尋ねる。慌てたヨンソンはトンイを押し退けて行ってしまう。一方、煎薬事件の背後に兄のチャン・ヒジェがいることを知ったオクチョンは、トンイを静かに呼びこのことを隠せと言う。だがトンイはそれはできないとし許してほしいと言うが・・・

トンイ、19話のあらすじ

トンイ、19話

捕らえられてきた医官は明聖大妃の殺害をそそのかした者がイニョン王妃だと告げ、粛宗は衝撃を受ける。イニョン王妃はオクチョンを訪ねて行きこの仕事を止めるよう言うが、オクチョンは拒絶の意向を明らかにする。一方、イニョン王妃の無実を証明するために努力するトンイ。だが、すべての証拠はイニョン王妃に不利になるばかり。義禁府は中宮殿の内人らと家族らを捕らえて拷問をするに至り・・・

トンイ、20話のあらすじ

トンイ、20話

チャン・ヒジェは明聖大妃殺害をそそのかした疑惑が明らかになるかとトンイを消そうとし、オ・テソクをはじめとする南人らはイニョン王妃の廃位を主張する。粛宗はイニョン王妃を信じたいがイニョン王妃の疑惑を示す証拠に苦しむ。一方、トンイとソ・ヨンギはイニョン王妃の無実を証明する証拠を見つけ、トンイは自分の足でチャン・ヒジェを訪ねて行きあることを提案する。

トンイ、21話のあらすじ

トンイ、21話

トンイに殿下をお願いするという話を残したまま廃庶人になったイニョン王妃。私家へ向かうイニョン王妃の御輿を見てトンイは涙ぐむ。一方で自信満々なチャン・ヒジェに対しオ・ユンは不満でいっぱいだ。トンイはオクチョンを訪ねて行き宣戦布告する。これ以上トンイを見過ごせないオクチョンはユ尚宮を呼び・・・

トンイ、22話のあらすじ

トンイ、22話

内需司を監察するというトンイ。チョン尚宮と監察女官らはそんなトンイに力を貸す。イニョン王妃廃位事件の時ホ医官を買収するために内需司資金を充当したチャン・ヒジェは、内需司を監察するというトンイに当惑する。一方、話を聞いた粛宗はチョン尚宮と内需司典需を呼びチョン尚宮に今回のことは見逃すよう下命する。肅宗の意中を計ろうとするオクチョンは、トンイの去就に対する大きな決心を下すが・・・

トンイ、23話のあらすじ

トンイ、23話

トンイは証拠を手に固く握ったまま必死に逃げるが、刺客の手裏剣がトンイの胸の周りに命中する。胸を押さえ血まみれになるトンイの手。一方、陵幸を離れた粛宗はカモシカを狩りトンイにあげる革靴を作ろうとする。そんな折、肅宗はオ・ユンからトンイが内需司に火をつけて逃げたという報告を受ける。肅宗は衝撃を受けるが・・・

トンイ、24話のあらすじ

トンイ、24話

中殿冊封式を経て交泰殿の主人になったオクチョン。オクチョンは世継ぎ世子の清国からの誥命が遅れ心配だ。また、オクチョンと南人らは都城あちこちに出回っているキム・マンジュンの謝氏南征記に当惑する。一方ソ・ヨンギとチョンスは消えたトンイをあちこち探し回る。そうするうちにソ・ヨンギは商人らに平安道どこかで都城に便りを届けてほしい女の子がいるという情報を得る。その女の子がトンイかも知れないという希望にソ・ヨンギとチョンスは平安道へ向かうが・・・

トンイ、25話のあらすじ

トンイ、25話

平安道義州まで逃げてきたトンイ。トンイはシム・ウンテクに自分が宮廷の監察女官でありチャン・ヒジェが送った刺客に襲われ負傷しここまできたことを明らかにする。トンイとシム・ウンテクはチャン・ヒジェが平安道にひそかに来た理由を明かすため意気投合する。一方オ・ユンは肅宗がトンイを探しているという事実を知ることになり、オクチョンは肅宗のトンイのための唐鞋を発見するが・・・

トンイ、26話のあらすじ

トンイ、26話

チャン・ヒジェが平安道に来た理由を明かしたトンイ。だがトンイはチャン・ヒジェに発覚され捕まってしまう。チャン・ヒジェはシム・ウンテクの正体も知ることになり、手下らに義州官衙に兵士を解きシム・ウンテクを捕えよう指示する。必ずトンイを殺そうと固く念をおすチャン・ヒジェ。一方謝氏南征記による廃妃に対する民心と肅宗の心に不安なオクチョンと南人ら。廃妃に対する陰謀を整え始める。

トンイ、27話のあらすじ

トンイ、27話

都城に向かうトンイ。都城のあちこちにまかれた人相書きのためにトンイとソリは都城に入るのが容易ではない。肅宗はトンイが危険に直面したのではないか心配でトンイを探すソ・ヨンギに令牌を渡し力を与える。一方オクチョンはチョ尚宮にひそかにある下命をし、しばらくして開かれた親蠶礼の宴会で茶を飲んで倒れ危篤な状態に達するが・・・

トンイ、28話のあらすじ

トンイ、28話

雑仕女で宮殿に入城したトンイ。親蠶礼の宴会で倒れ危篤な状態であったオクチョンは意識を取り戻す。義禁府ではオクチョンが倒れたことには廃妃を追従する勢力が関連したと結論付ける。廃妃の私邸では証拠まで発見され、チョン尚宮とチョンイムはオクチョンを殺害しようとしたという理由で義禁府に連行される。一方人相書きを持ちトンイを探し回るソ・ヨンギとチョンス。チョンスはソリに会うことになるが・・・

トンイ、29話のあらすじ

トンイ、29話

ようやく会ったトンイと肅宗。肅宗はあらゆる苦難を経験し帰って来たトンイの健康が心配だ。トンイに会い宮殿に帰って来た肅宗はオクチョンに冷たいだけだ。オクチョンは自分に対する肅宗の態度に不審な気配を感じる。トンイは肅宗に廃妃事件の時に斬首された内医院医官と係わる内需司の不正証拠を渡し、内禁衛の兵士たちはオクチョンの中宮殿内人たちを調査することに至るが・・・

トンイ、30話のあらすじ

トンイ、30話

トンイに自分の心を告白する肅宗。一方チャン・ヒジェは内禁衛に強制連行され拷問を受け始め、オ・テソクを含めた南人たちは廃妃の無実が明かされるのを恐れる。肅宗はオクチョンに今でも遅くないから事実を言えと話すが、オクチョンは自分が許されることはないと無罪を主張する。オクチョンと南人たちは危機から脱する最後の手段を使う。

トンイ、31話のあらすじ

トンイ、31話

承恩尚宮になったトンイ。トンイが承恩尚宮になり肅宗の保護を受けている事実に南人らは困惑する。オクチョンは肅宗を訪ね、トンイの問題と内禁衛に捕まっているチャン・ヒジェを釈放してほしいと取引を提案する。肅宗はオクチョンとこういう取引をすることが事実に複雑で切なさを感じる。一方自分が尚宮様と呼ばれ起居する居所ができたトンイは全てのことが馴染まない。肅宗はトンイに玉指輪を渡し自分の心を告白するが、トンイは唐衣を脱いで突然に宮殿から消えてしまうが・・・

トンイ、32話のあらすじ

トンイ、32話

オ・テソクはトンイを責め立てるために宮殿に入る前のトンイの行跡を追い始める。清国に渡した謄録類抄の本物の有無が分からないオクチョンとチャン・ヒジェは世子の誥命問題で清国からの便りがなく心配だ。ソ・ヨンギとチョンスはオクチョン兄妹の罪を立証しようと義州に向かう。一方宮殿ではトンイの居所で始まった原因不明の病気が流行し世子にまで移る。トンイが世子を陰害したという噂が宮殿に飛び交い始める。

トンイ、33話のあらすじ

トンイ、33話

オクチョンを訪ねて時間を求めるトンイ。オ・ユンはトンイとチャ・チョンスの以前の行跡記録がないことを疑わしいと思い、肅宗は中殿と対抗することになるトンイが心配だ。一方原因不明の病気はエジョンにまで移る。トンイは病気の原因を探すために東奔西走し、そんな中水剌間の内人らだけ病気にかからなかったということを知ることになる。

トンイ、34話のあらすじ

トンイ、34話

チャン・ヒジェが出した偽物の謄録類抄にもかかわらず、清国から世子の誥命がたどり着く。オクチョンとチャン・ヒジェは意気盛んになり、トンイとソ・ヨンギはそのことが信じられない。一方肅宗は都城に帰ってきたシム・ウンテクを呼びトンイの背後で朝廷の強固な力になってほしいとお願いする。シム・ウンテクはチャン・ヒジェを訪ねて何か仕事が歪んでいるということを知り、オクチョンはトンイに突然後宮への任命を宣言するが・・・

トンイ、35話のあらすじ

トンイ、35話

トンイはソ・ヨンギに自分がコムゲの首領チェ・ヒョウォンの娘であることを告白する。肅宗にこの事実を知らせるべきだと言うソ・ヨンギ。トンイはこの事実を自ら伝えたいとソ・ヨンギにお願いする。ソ・ヨンギはチョンスの正体もまた知ることになり、チョンスはトンイが無事でいられるようソ・ヨンギに願う。一方トンイの行跡がないことを怪しげに思ったオクチョンと南人らはソ・ヨンギがコムゲに関する書類を探していることを知る。トンイは全てのことを覚悟して肅宗を訪ねる。

トンイ、36話のあらすじ

トンイ、36話

謄録類抄を巡ってチャン・ヒジェに向かった清国使節団の圧迫は一層強まるばかりだ。焦るオクチョンとチャン・ヒジェは両国の関係を言い訳に使節団のため宴会を開く。オクチョンはトンイ、そしてトンイと関連したすべての人々を宴会場に呼び誰も宴会場から抜け出せないよう命じる。その時オ・ユンの義禁府の兵士らが宴会場側に配置され、何か普通ではないことを感じたソ・ヨンギは自分の内禁衛の兵士らを宴会場に集結させる。

トンイ、37話のあらすじ

トンイ、37話

オクチョンとチャン・ヒジェが謄録類抄を清国に渡そうとした事実を知ることになった肅宗は中宮殿を封鎖する。謄録類抄事件に関わったチャン・ヒジェとオ・テプンなど、オ・ユンを助けた南人らは皆内禁衛に強制連行される。これをきっかけに肅宗は朝廷を掌握した重臣らを一新することを決心する。一方肅宗の換局の兆しに気づいたオ・テソクは南人らの生き残りを企てるためにオクチョンの手を離すことを宣言する。

トンイ、38話のあらすじ

トンイ、38話

肅宗はオクチョンの中殿の地位を剥奪し禧嬪への降格を命じる。イニョン王妃を追い出しオクチョンを変えたのは自分であると肅宗は苦しむ。イニョン王妃はまた中殿の席に戻り、中宮殿に帰ってきたイニョン王妃はトンイにオクチョンと対抗できる力を貸すと話す。一方肅宗は尚膳に龍が飛んで行く胎夢を見たと告白する。

トンイ、39話のあらすじ

トンイ、39話

時が流れトンイは王子を産む。トンイと王子を見るためにトンイ居所の宝慶堂をしばしば出入りする肅宗。淑媛が産んだ王子が世継ぎの席を占めるという噂にオクチョンの母ユン氏はくやしくてうらめしい。一方活人署提調が粥所を見回している中、間剣で刺され殺害される事件が発生する。活人署提調を殺害した者は剣契、ウルファのはちまきを落として消えるが・・・

トンイ、40話のあらすじ

トンイ、40話

イニョン王妃が用意した私邸へ転地療養に出たトンイ。トンイとシム・ウンテクは清国商人らが出入りする賭博場を訪ねてチャン・イッコン令監が死ぬ前に残した手信号の意味を探ろうとする。一方都城では両班らの殺人事件が引き続き、人々はこのことが剣契の仕業と言いながらざわめく。?村入り口を見回したチョンスはコムゲが再建されたという事実を知って驚くが・・・

トンイ、41話のあらすじ

トンイ、41話

剣契に命を狙われるトンイ。トンイは幼い頃の友人ケドラと再会する。チョンスは両班らの処刑はチェ・ヒョウォンの意ではなかったとケドラを説得するが、ケドラは仇を必ず取ると言う。一方チャン・ムヨルは流刑にされたチャン・ヒジェら南人が身銭を切って飢えた貧民らを救済していると上訴し、肅宗は彼らの刑を解くべきか悩む。ミン軍官は淑媛の私邸で起こった襲撃事件をチャン・ムヨルに知らせるが・・・

トンイ、42話のあらすじ

トンイ、42話

辛酉(1681)年事件のベールを一枚ずつはがしていくトンイ。トンイは以前に手信号を送った女官がオクチョンであるかもしれないと考える。オクチョンを訪ね、蝶模様の装飾品の絵を見せながら尋ねる。一方チャン・ヒジェをはじめとする南人らが流刑から都城に戻り、チャン・ムヨルはトンイと剣契が何か関係していると気づく。

トンイ、43話のあらすじ

トンイ、43話

負傷したケドラを逃してやった肅宗と会ったトンイ。トンイは肅宗に自分の名前は”チョン・ドンイ”ではなく”チェ・ドンイ”であり、コムゲの首領チェ・ヒョウォンの娘であると明かす。一方殺害容疑の剣契をかくまったトンイの処罰を求める大臣たちの激しい上訴に、肅宗は苦慮する。肅宗は一人この問題を背負い、トンイを守りと通すと堅く誓うが・・・

トンイ、44話のあらすじ

トンイ、44話

危機に瀕したトンイ。漢城府チャン・ムヨルはトンイを陥れるためにトンイの仲間を捕らえてしまう。トンイは仲間を救うために漢城府を訪ね、推鞫官に今まで隠してきた身分、剣契組織との関係、そして今回の剣契事件のリーダーを助けようとしたすべての事実を話す。一方ヨンス王子が重いはしかにかかってしまい、肅宗は今回の事件に対する処分を大臣たちに言い渡すが・・・

トンイ、45話のあらすじ

トンイ、45話

トンイが私邸に出て6年の時間が流れ、ヨニングンは7才になる。世子は肅宗と使節団が参加した宴会場で突然気を失い、医官は世子が世継ぎを見るのは難しいであろうとオクチョンに告げる。絶望するオクチョン。イニョン王妃は、オクチョンが世子を御医ではなく他の医官に診せることを疑わしく思う。一方ヨニングンは宮殿で毎年賤民の子供たちを集め祭りをすると知り、肅宗に会うために宮殿に入るが・・・

トンイ、46話のあらすじ

トンイ、46話

世子の容態に対するオクチョンの態度が疑わしいイニョン王妃は世子嬪選びを進める。オクチョンは世子の容態が知れるのを恐れる。一方ヨニングンは王宮の塀の下で肅宗と会う。肅宗は漢城府判官を装い、ヨニングンと楽しい時間を送る。トンイはヨニングンが漢城府判官と一緒にいると聞き不思議がる。

トンイ、47話のあらすじ

トンイ、47話

宮殿に戻ってきたトンイとクム。肅宗は大臣たちにトンイはもう6年間の私邸生活を通じてすべての罪の代価を支払ったと言い、クムを王子に、トンイは従二品淑儀に地位を下ろすとして落着させようとする。一方ヨニングンは父親のことを知りたがる。そんな中ヨニングンは肅宗が漢城府判官ではなかったと知り、混乱し宮殿のどこかに隠れてしまうが・・・

トンイ、48話のあらすじ

トンイ、48話

キム・グソンを師匠にするためのヨニングンの努力は続く。「才能を熱心に実らせて磨き、無力で貧しい者らに戻さなければならない。」というヨニングンの言葉にキム・グソンは敬服する。一方チャン・ヒジェはトンイの私邸に火災を起こした者がユン氏であると知り、イニョン王妃に世子の医女を見つけられたオクチョンは気が気でない。しかしイニョンの容態はますます悪くなり・・・

トンイ、49話のあらすじ

トンイ、49話

病気が悪化していたイニョン王妃は意識を失ってしまう。御医はイニョン王妃の峠が三日と診断するが、イニョンの病気はすでに重い。肅宗はイニョン王妃を今まで一度も暖かく抱いてやらなかった自分に後悔する。一方トンイは世子が世継ぎをつなぐことができないと知り、イニョン王妃のため菖蒲を探したヨニングンは驪興閔氏と書かれた小さい木牌とわら人形を見つけるが・・・

トンイ、50話のあらすじ

トンイ、50話

肅宗が見守る中、息をひきとったイニョン王妃。宮殿は涙の海となる。大臣たちは肅宗に空いている宮殿の席にオクチョンが上がるべきだと上訴する。だが、肅宗はイニョンが残した遺言のため葛藤がある。一方世子とヨニングンはより友情が深くなり、オクチョンとトンイは二人の王子が心配だ。世子はヨニングンと共に自分の病名を知るため書庫の医書を調べようとするが・・・

トンイ、51話のあらすじ

トンイ、51話

チャン・ヒジェは世子の昭艦録をこっそりとヨニングンの風呂敷に入れた後、トンイとヨニングンを苦境に落とそうとする。少論らは肅宗にこれは国を脅かす行為であると泣いて訴える。一方世子とヨニングンの友情は深まるばかりで、世子はヨニングンに中秋をむかえた宮殿の外へ見物に出よう言い二人はこっそりと宮殿を抜け出すが・・・

トンイ、52話のあらすじ

トンイ、52話

世子を見つけたオクチョンとチャン・ヒジェは、一度も掟を破ったことがなかった世子が宮殿を抜け出した理由はヨニングンのせいだ考える。ヨニングンは世子を救うためヨンダルとジュシクに助けを求め、捕盗庁に捕えられていた世子は機転を利かせ無事に宮殿に帰る。宮殿に帰ってきた世子にオクチョンはヨニングンが世子を誘惑したために起きたと言い、世子はヨニングンではなくすべて自分の過ちだと話す。オクチョンはヨニングンを絶対許さないと決意する。

トンイ、53話のあらすじ

トンイ、53話

世子が肅宗に自分は世継ぎができないかも知れないと告げると肅宗は衝撃を受ける。一方ユン氏は淑嬪の私邸に放火したのが発覚して逃走を図り、少論の重臣らはチャン・ヒビンから背を向ける。怒り出すチャン・ヒビンはついにトンイとヨニングンの殺害計画を立てるが・・・

トンイ、54話のあらすじ

トンイ、54話

トンイはヨニングンを保護しようとするが、暴漢らの刃物に負傷し意識を失う。トンイの重症だと聞いた肅宗は急いでトンイがいる所に向かい、怒りに充ちたチョンスはトンイに危害を加えた者らを捕まえ、黒幕が誰なのかを明らかにするために努力する。一方自分の部下たちが捕まった話を聞いたオクチョンとチャン・ヒジェは怯えるが・・・

トンイ、55話のあらすじ

トンイ、55話

肅宗はヒビンに服毒刑を命じる。オクチョンはトンイに世子を守ってくれと言い残し、皆が見守る中息を引き取る。オクチョンの死に衝撃を受けた世子は自分を心配するヨニングンに冷たく接する。重臣らは新しい王妃を立てなければならないと意見を集め、肅宗は王妃の席に上がらないと決意したトンイの意向を尊重し新しい王妃を選別する。

トンイ、56話のあらすじ

トンイ、56話

宮中の噂を静めて世子の席を正すためとの名分でイニョン王妃はヨニングンの婚礼を推進すると決意する。トンイは突然のイニョン王妃の話に慌てるが、婚礼を進めヨニングンを私邸へ追い立てようとするイニョン王妃の計画からヨニングンを守るため結婚の相手を自身が決められるようにしてくれとお願いする。揀擇令が下された後トンイはヨニングンに最も力になってくれる人を側におくため自ら王妃に志願するが・・・

トンイ、57話のあらすじ

トンイ、57話

世子とヨニングンの問題で苦慮する肅宗はすべての予定を取り止め沈潜に入る。苦心の末に蟄居を終え便殿会議を招集し重臣らに次の王位に上がる人は世子だけだと公表し、また一つ皆が驚くほどの意外な決定を下すが・・・

トンイ、58話のあらすじ

トンイ、58話

チョンスは宮中の兵力を握って陰謀を企むチャン・ムヨルを訪ねいつでも死ねる覚悟があるので無駄なことはやめろと警告する。イニョン王妃はトンイを訪ね隠している意中が何なのかを聞く。トンイは自分の欲が宮殿に大きい亀裂を生んだとしイニョン王妃に重要な事実を話そうとする。一方イニョン王妃がトンイを探し宝慶堂に行ったと聞いたチャン・ムヨルは、イニョン王妃を訪ねトンイの出宮を急いでくれと話すが・・・

トンイ、59話のあらすじ

トンイ、59話

トンイとヨニングンを陥れるための計略を立てたチャン・ムヨルは兵士らによって逮捕され、チャン・ムヨルと意志を一つにした者らは自分たちの罪を覆うために証拠を消してしまおうとするもソ・ヨンギによって発覚する。チャン・ムヨルは肅宗に自身の潔白を主張するが、すべての事実を知っている肅宗は王室を蔑視した罪を問いチャン・ムヨルをはじめとし一緒に計略した者らに処決を下す。一方、トンイは譲位を決めた粛宗の心を変えるためにイニョン王妃を訪ねて行くが・・・

トンイ、60話のあらすじ

トンイ、60話

粛宗とイニョン王妃の反対にもかかわらず、トンイは宮殿を離れ私邸へ行くと決意する。ヨニングンとの別れに胸を痛めるトンイに世子はヨニングンが自分がちゃんと面倒を見ると言う。宮殿を離れ私邸での生活を始めたトンイは梨ヒョン宮の垣根を壊し、都城の中の国民らが誰でもイヒョン宮を訪ねられるようにする。そんなある日、粗末な身なりの女の子がトンイを訪ねてきて自分のお父さんが寃罪で官衙に捕えられていると訴えるが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました