懐かしのあのドラマ「絶対彼氏~My Perfect Darling~」を動画で見よう

絶対彼氏、配信動画

絶対彼氏~My Perfect Darling~の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FOD(フジテレビオンデマンド)の特徴はおりじなるコンテンツの豊富。フジテレビが展開しているサービスなので新しい作品から過去の作品までTVで放送されたドラマやバラエティー、ネットオリジナルコンテンツまで独自の色が特徴です。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、1話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、1話

子どもの頃からフラれたことしかないOL井沢リイコは、憧れの石関に告白して玉砕したその日、会社でもミスをして上司から大目玉。落ち込むリイコは公園で、ネット通販会社のセールスマン、ガク・ナミキリの携帯電話を拾ったお礼にほしいものを何でも用意すると言われ、彼氏をリクエスト。翌朝、リイコの元に、イケメンな恋人型ロボット、「ナイトリー01」が届く。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、2話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、2話

リイコの家にやって来た恋人型ロボットは、部屋の掃除や朝食の準備も完璧。危険を冒してまでもリイコの危機を救ってくれる彼に、リイコはドキドキし始めていた。名前をナイトと名付けると、大感激するナイト。ナイトのお試し期間が終わろうとしていた朝。返品を考えていたリイコだが、期間を4分過ぎて返品不可能に。リイコは高額すぎる代金に頭を抱えていた。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、3話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、3話

リイコは親友ミカに紹介されたクラブで、女装したナイトと一緒にホステスのバイトを始めるも1日でクビに。ナイトは自分のせいで苦しむリイコを見て、自らを返品するよう勧めるが、リイコはその優しさにときめいていた。ガクもリイコを見兼ねて、ナイトの代金代わりに、3カ月間、リイコも含む女性の感情データをナイトが収集して本社へ送るという条件で取引が成立する。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、4話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、4話

ナイトはリイコが働く会社に新入社員として入社するやいなやモテモテに。そんな中、社員旅行が始まり、リイコは秘書課を牛耳るツァイ先輩から「秘書課に入りたければナイトと2人きりにして」と頼まれる。リイコは親友ミカも秘書課を希望していることを知ると、ミカが秘書課に行けるように、わざと先輩の約束を破って、ナイトと2人きりになろうとケガしたふりをする。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、5話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、5話

社員旅行中、ミカは、リイコとナイトがいちゃついている写メを無記名でツァイ先輩たちへ送信。その夜、リイコは先輩たちによってトランクルームに閉じ込められてしまい、リイコの幼なじみで同僚の浅元ソウシに助け出される。翌朝、秘書課を希望しているリイコとミカに社長から難問が出され、クリアしたリイコだが、社長から頼まれたミッションで失敗してしまう。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、6話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、6話

ミカにケガを負わせたことでナイトに苛立っていたリイコは、一度は返品を考えたが、仲直りする。ソウシは、リイコが社長のミッションで失敗したのは、ミカの仕業であったことを解明する。疑惑は晴れたが、リイコはミカの自分に対する本当の気持ちを知り、大きなショックを受ける。一件落着した翌朝、リイコはナイトがずっとパンツを履いていなかったことを初めて知る。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、7話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、7話

ナイトの補修費用のために金欠になってしまったリイコは、財テクな同僚、宮部が担当する割のいい仕事を、休日返上で引き受ける。張りきるリイコだったが、失敗ばかりで、ソウシのフォローによって事なきを得る。ソウシはついにリイコに告白しようとするが、リイコのあまりの反応のニブさからフラれたと思い、リイコはソウシにからかわれただけだと思っていた。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、8話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、8話

ナイトはリイコに苦労をかけまいと、高級クラブでホストを始める。最近、ナイトの様子がおかしいのが気になっていたリイコは、ガクからナイトがホストのバイトをしていることを聞き出す。それ以来、リイコは毎晩ナイトの店に見張りに行き、昼は会社でぐったり。そんなリイコを心配していたソウシはナイトに激怒。店を辞めることにしたナイトの最後の客はミカだった。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、9話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、9話

ミカがナイトに無理矢理キスしているところを目撃してしまうリイコ。キスで初期化され、その相手を彼女だと認識するシステムのナイトはすっかりミカの彼女となっていた。リイコのことを“元カノ”と呼ぶナイトに対し、ガクは、ナイトは初期化されたはずなのに、リイコのことを覚えていることを指摘する。リイコはナイトを取り返すべくあの手この手でキスしようとするが・・・。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、10話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、10話

ミカから「リイコが泳げるようになったらリイコがナイトにキスすることを許す」という挑戦状を叩きつけられたリイコは、ソウシから水泳の特訓を受ける。そんな中、ナイトが今晩ミカとエッチをすると宣言。その前にナイトに泳ぎを見せたいリイコは、ナイトの前で必死に泳ぐも、ナイトは認めないまま去ってしまう。リイコはそのまま溺れてしまい・・・。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、11話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、11話

ナイトが元に戻り、ガクから早くエッチをするようにと助言されていたリイコは、そのことばかりを考えて会社でも上の空。そんな時、ガクが2人に初夜を迎えさせるための旅行を企てるが、そこにソウシもやってくる。複雑な心境のリイコは眠れず、夜道を歩いて穴に落ち行方不明に。必死に捜すナイトとソウシだが、先にリイコを見つけたソウシまでが穴に落ちてしまう。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、12話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、12話

穴の中でソウシはリイコに自分の気持ちを告白するが、リイコはその時、宮部に言われた「困った時に一番最初に頭に浮かぶのが本当に好きな人」という言葉を思い出していた。一夜が開け、穴の中で眠っている2人の姿を見つけたナイトは、嫉妬でシステムエラーを起こし、リイコと2人きりになろうと彼女をコテージに閉じ込め、強引に押し倒すが・・・。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、13話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、13話

ナイトは商店街のくじ引きでホテルの無料宿泊券を当て、リイコとお泊りデートをすることに。しかし、リイコは初恋の人トシキとホテルで偶然再会。リイコは好きだったと口を滑らせるが、トシキも好きだと言う。その夜、リイコはトシキの部屋に呼び出され、2人きりで一夜を明かしてしまう。朝、自分の部屋に戻ってくるとナイトが倒れていて・・・。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、14話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、14話

トシキのことで自分を責めていたリイコは、ナイトに優しくされればされるほど悲しみが深まるばかり。そんな中、トシキがリイコの会社に入社してくるが、ソウシはトシキが同級生だったトシキとは全くの別人だとあっさり見破る。リイコはついに、ナイトにホテルでの夜の出来事を打ち明ける。ナイトは振られたと思い、ガクに自分の回収を依頼する・・・。

絶対彼氏~My Perfect Darling~、15話のあらすじ

絶対彼氏~My Perfect Darling~、15話

トシキはリイコを食事に誘い、そのまま車でどこかへ連れ去ろうとしていた。一方、自ら回収を依頼したナイトだが、リイコの記憶が消されると知って思い直し、リイコを乗せたトシキの車を追いかける。ナイトとトシキが対決した翌朝、ナイトは日本語やイタリア語を話すようになっていた。故障したナイトは点検のために一旦クロノス社に回収されることに・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました