中国のテレビドラマ「傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~」を動画で見よう

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~の動画

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、1話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、1話

五代十国時代の楚に正義感の強い皇女がいた。ひもじさから食べ物を盗み投獄された死刑囚の少年をフーヤー皇女は逃がし、彼女も追われる身となった。追っ手が迫ったところに北漢の皇太子と偶然出会い、彼を人質にする芝居を打ちなんとか逃げきるのだった。その後宮中に戻った皇女に待っていたのは死刑の宣告だった。実は彼女に脱獄を仕向け裏で糸を引いていたのは皇帝の弟だったのだ。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、2話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、2話

何とか刑罰を免れたフーヤーは、北漢の皇太子レンチョンとの政略結婚を迫られる。反発したフーヤーは、レンチョンを訪ね政略結婚に応じぬよう説得する。その後、お忍びで街中を散策する2人は刺客に襲われるが、レンチョンは刺客を倒し、駆けつけた配下に連れられその場をあとにする。一方フーヤーは、川辺で寂しげな笛の音を響かせる謎の男と出会う。男はフーヤーに「情け深いことは命取り」だと告げるのだった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、3話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、3話

皇帝の生誕のお祝いのために、フーヤー皇女は宮中を抜け出して買い物に行くが、皇帝の弟の差し金で命を狙われる。楚のなまりのない謎の男に救われ難を逃れた。その頃、宮中では祝宴が開かれ諸国の皇太子が集まっていた。何とか宮中に戻ったフーヤーは美しい踊りを披露し、皇太子たちの目を奪うが、その頃すでに反乱軍が宮中を制圧しようとしていた。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、4話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、4話

フーヤーはホア爺と抜け道から逃げる直前、皇帝が弟のマー・イーファンに殺される瞬間を目撃する。ドゥーユンを助けるため城に戻ったフーヤーとホア爺は、城門に皇帝の首が見せしめにつるされているのを目にし、ホア爺は決死の覚悟で奪還を試みるが捕らえられてしまう。そこへ謎の男(蜀のチーヨウ皇子)が現れフーヤーとホア爺を救出する。謎の男(蜀のチーヨウ皇子)はフーヤーに取り引きを持ちかけるが、フーヤーはこれを断り北漢のレンチョンを頼り、黙って旅立つ。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、5話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、5話

嫁いできた楚の皇女がシャンユンと知り激昂するレンチョン。皇太后はシャンユンに離縁を言い渡すがシャンユンの泣き落としに丸め込まれてしまう。そこへレンチョンの助けを求めにフーヤーがやってくる。そのことを知ったシャンユンはレンチョンに会わせまいと、ウソを並べ立てフーヤーを皇宮の外へと連れ出し、ついには崖からフーヤーを突き落とすのであった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、6話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、6話

謎の男に助けられたフーヤーはホア爺と再会し、復しゅうの覚悟を決める。そしてフーヤーは男から県令の娘「パン・ユー」という新しい名と家族を与えられたのだった。3年後、男はパン・ユーとしてなじんでいたフーヤーを皇宮へ連れていき、皇太子妃になれと命じる。男の正体はモン・チーヨウ、廃太子された蜀の皇子だった。チーヨウの目的は実弟から皇位を奪うことであり、そのためにフーヤーを利用しようと考えていたのだ。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、7話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、7話

傷を負った刺客をパン・ユー(フーヤー)はかくまうが、気がついた男は礼も言わず立ち去ってしまう。翌日、チーシン皇太子と皇太子妃候補たちの顔合わせが行われ、はっきりものを言うパン・ユーにチーシンは心を奪われる。皇太子妃争いでのライバルの出現に皇后の親戚であるワンはパン・ユーの素性に疑問を感じ、パン・ジョンとその妻を拷問にかけ真実を探ろうとするのであった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、8話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、8話

皇太子チーシンのために妃候補たちが骨董品の鑑賞会を開いた。その席でフーヤーは焼けてすすだらけになった母親のかんざしを見つける。とっさにドゥー・ワンをたたき、かんざしを奪ったフーヤーだが、周囲から孤立し自分を追い詰める結果となる。ドゥー・ワンの部屋へとおもむき、わびるフーヤーをドゥー・ワンは執ようにいじめるのだった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、9話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、9話

パン・ユー(フーヤー)は母の形見のかんざしをワンに奪われ、その上顔に傷を負ってしまう。しかし自分で塗り薬を調合し元のきれいな顔に戻り、ホア爺とも再会する。彼女のためにチーヨウ皇子が連れてきたのだった。そしてチーシン皇太子はパン・ユーとの結婚を心に決め、皇后を説得する。皇后は溺愛する息子の頼みを聞き入れ結婚を承諾するが、そのことを知ったワンは仲直りを装いパン・ユーを毒殺しようとするのだった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、10話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、10話

パン・ユー(フーヤー)の肖像画を見たドゥー皇后は、皇帝の寵妃にチーヨウを奪われた悔しさを思い出す。ドゥー皇后はチーヨウにパン・ユーとの関係を問い詰め、激しくムチで打つのだった。偶然居合わせたパン・ユーは柱の陰からその光景を目にする。毒入りの血つばめの巣を下賜されたパン・ユーとチーヨウは、ドゥー皇后の殺意を悟るのだった。ドゥー皇后の疑念をそらすべく、チーヨウはパン・ユーをムチで打つ。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、11話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、11話

チーヨウにムチ打たれ瀕死の状態だったパン・ユー(フーヤー)は命を取りとめるが、今度は逆にチーヨウが倒れてしまう。実はムチを打たれた方より打つ方に負担のかかる技を使っていたのだ。パン・ユーは必死に看病しチーヨウは回復へと向かう。この時、パン・ユーの医術を目にしたヤオたちの勧めで皇宮で診察を始めたところ、評判が評判を呼び大勢が詰めかけることとなった。そしてその中に親衛隊のハン隊長の姿があった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、12話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、12話

パン・ユー(フーヤー)はハン次妃を診察する。パン・ユーの見立てにより、ドゥー皇后の殺意に気付いたハン次妃は、ドゥー皇后を訪れ意趣返しをする。パン・ユーはいつしか、ドゥー皇后とハン次妃のいずれにとっても手放せぬ駒となりつつあった。そんな矢先、パン・ユーは皇宮で道に迷い、第二皇子のチーユンと出会う。チーユンはパン・ユーを見るなり、「母上」と驚いた顔で、駆け寄るのだった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、13話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、13話

パン・ユー(フーヤー)はチーユン皇子から自分がメイ次妃に似ていることや、チーヨウがメイ次妃に育てられたことを知り、チーヨウにとって自分がただの駒だと思い悲しむが、本当に駒としか思っていないなら皇宮から追い出そうとはしないとホア爺に説得される。パン・ユーとホア爺の話を聞いてしまったユンジュはパン・ユーが楚のフーヤー皇女だとハン次妃に教えてしまう。ハン次妃は全員参加の狩り会を開き、皇帝陛下とパン・ユーを引き合わせようとたくらむのであった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、14話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、14話

パン・ユー(フーヤー)とチーヨウの前にハン次妃が放つ黒装束の刺客が現れる。男は猛毒を使い、チーヨウはひん死の状態に陥る。ユーは自分の命を顧みず、チーヨウを助けようと毒を吸い出し倒れてしまう。しかしユーが目覚めた時、2人とも毒はきれいに抜けていた。チーヨウはかつてユーに救われたクアンズが周の大将軍になり、通りがかりに救ってくれたことを伝える。2人は将来のために、皇宮へ戻ることを決めるのだった。

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、15話のあらすじ

傾城の皇妃 ~乱世を駆ける愛と野望~、15話

蜀の皇宮を出ようとするパン・ユー(フーヤー)をハン次妃が止めに入る。そこに現れたのは死んだと思っていたフーヤーの母だった。感激の再会を果たした母と子だったが、母は次妃によってひそかに毒を盛られていた。フーヤーは毒消しと引き換えに皇后を倒すことに手を貸す約束をさせられる。ユーは自分の運命を嘆きチーヨウの胸で泣き伏すが、そこへチーシンが通りかかり2人が寄り添う姿を見られてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました