懐かしのあのドラマ「できちゃった結婚」を動画で見よう

できちゃった結婚、配信動画

フジテレビで2001年7月から9月まで毎週月曜日の21:00に放送された「できちゃった結婚」出演が広末涼子、竹野内豊、阿部寛、妻夫木聡、石田ゆり子など。

できちゃった結婚の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

動画本数22,000本、内訳の約5,000本ドラマやバラエティが過去の作品から最新作までのテレビ、オリジナルコンテンツが豊富。FODならではの大きな特徴です。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

できちゃった結婚、1話のあらすじ

できちゃった結婚、1話

人の良いお調子者のCMディレクター、平尾隆之介(竹野内豊)は、大学の先輩・川口英太郎(阿部寛)の誘いで、海に出かける。居合わせたのは、英太郎の恋人、小谷亜紀(石田ゆり子)と彼女の妹でデパートに勤めるチヨ(広末涼子)と彼女の友人、有森みさと(片瀬那奈)、そして隆之介の会社の後輩、新庄巧(妻夫木聡)。そこで隆之介とチヨは“そういう”ことに・・・。それから数週間後「ないの!」と騒ぎ出したのは亜紀。英太郎との子を身ごもった可能性が・・・。チヨと2人で妊娠テスターを買いに行き、試した結果は陰性。ホッと胸をなでおろす亜紀の陰で、自分も試してみるチヨ。すると・・・。念には念をと産院で検査してもらったチヨに、担当医の小松原(沢村一樹)がかけた言葉が「おめでとう!」。「たった一度なのに・・・」と思い悩むチヨだが、隆之介はその事実を知る由もない。もしも、恐ろしい小谷家の家長、一徹(千葉真一)が知ったら・・・。それより隆之介には、どうやって話せばいいの?チヨが話した時、事実を隆之介が知った時、2人の決断は?

できちゃった結婚、2話のあらすじ

できちゃった結婚、2話

2人で子供を育てようと、小谷チヨ(広末涼子)に赤ちゃんを産んで欲しいと告げる平尾隆之介(竹野内豊)。しかし、チヨはいい加減そうに見える隆之介に「その場の勢いで言ってる」と言いだし、父親の小谷一徹(千葉真一)に報告することで「勢いじゃない」証拠を見せろと迫る。しかし、元警察署長で娘思いの一徹氏。いきなり「できちゃいました」、「はい、そうですか」で済みそうにない。チヨの姉・亜紀(石田ゆり子)が妊娠したと勘違いした一徹に、交際相手の川口英太郎(阿部寛)が殴られたばかりなのだ。「できちゃいました」なんて言ったら、隆之介は殺されかねない。そこで、隆之介とチヨが英太郎たちと集まって出した結論は「とりあえず結婚の報告を」と、いうもの。妊娠を隠して、結婚を先に報告したら?との、有森みさと(片瀬那奈)の提案に全員賛成。だけど、チヨはそこで改めて「私、結婚するの?」と疑問を持つ。そう、2人は交際してるわけでも恋人同士でもなく「結婚」なんて考えてもないうちに“できちゃった”のだから。まあ、成り行きはそうなるだろうけど、隆之介の返事は「よろこんで」。なんだかマヌケな返事だが、とりあえず2人は結婚する方向で話は進む。小谷家訪問の前に、隆之介は母、公子(木の実ナナ)に結婚を報告。しかし「できちゃった」に動揺する公子は、肝心の相手の名前を聞かなかった。これが、後々大変なことに・・・。とにかく腹を決めた隆之介は、チヨとともにいよいよ小谷家へ。けれども、剣道の練習をする一徹に恐れをなし、逃げ帰ってしまう。帰り道、チヨの体調が悪くなり・・・。果たして、隆之介はキチンと結婚報告を成し遂げられるのか?他にも、新庄巧(妻夫木聡)に振り向いてもらえないみさとは、彼に同性愛疑惑を抱いたりと、物語はさらに混乱&笑い渦巻く展開必死!

できちゃった結婚、3話のあらすじ

できちゃった結婚、3話

平尾隆之介(竹野内豊)は、小谷チヨ(広末涼子)の父、一徹(千葉真一)に言わないはずだった妊娠のことを言ってしまう。怒ってチヨを殴ろうとした一徹を止めた隆之介。チヨに対しては、ちょっとだけポイントアップ?それは良かったけれど、隆之介とチヨ、今さらのごとくちゃんとしたプロポーズを「してない」、「されてない」に気がついた。隆之介は、亜紀(石田ゆり子)、川口英太郎(阿部寛)、有森みさと(片瀬那奈)、新庄巧(妻夫木聡)、それから妹、昌子(今井陽子)の夫、田中和正(酒井敏也)の頼りない知恵を絞り「プロポーズ大作戦」をスタート。果たして、チヨが素直にうなずけるプロポーズをすることが出来るのだろうか?また、隆之介は母、公子(木の実ナナ)に綾小路麗奈(井上佳子)と結婚すると思われたまま。こちらの誤解は、さらなる誤解を招きそうで、一徹だって黙っちゃいなさそう。隆之介の前途はますます多難!

できちゃった結婚、4話のあらすじ

できちゃった結婚、4話

平尾隆之介(竹野内豊)は小谷チヨ(広末涼子)とともに初めて産婦人科を訪ね、小さな生命の息吹に感動。ちょっと父親になる実感を持つが、家庭を持つ実感は別問題。チヨが語る将来の家庭は、隆之介の今の給料ではとても無理。好き放題出来た独身生活の贅沢をあきらめなければいけないことも、改めて感じさせられる。隆之介の母、公子(木の実ナナ)は、チヨの頑固な父、一徹(千葉真一)が捻挫して動けないでいることを知って、2人を結婚させる決意表明に行こうと言い出す。しかし、公子はまたしても、綾小路麗奈(井上佳子)を呼んでしまった。隆之介は、何とか麗奈を説得し、やって来たチヨを結婚相手だと公子に納得させる。だが、公子の勘違いは別の方向に向かってしまう。有森みさと(片瀬那奈)は、なぜ何もしてくれないのかと新庄巧(妻夫木聡)を問いただす。2人のデートに首を突っ込んだのはチヨの産婦人科医師、小松原(沢村一樹)。自分もデート中だという、小松原のお相手は?動けないからと言って、決して弱気にはならないであろう一徹に公子の作戦は通じるのか?隆之介とチヨ以外のメンバーでも恋の動きは素早くなってきた!

できちゃった結婚、5話のあらすじ

できちゃった結婚、5話

ちょっとした行き違いはあったものの、平尾隆之介(竹野内豊)は、小谷チヨ(広末涼子)に指輪を渡すことが出来た。2人は、ようやく結婚への平穏な道のりを・・・進めるわけがない。未だにチヨの父、一徹(千葉真一)の許しをもらえないことが気がかりな隆之介。チヨはチヨで、隆之介にちらつく女の影が気になる。それは、ただの勘違い女、綾小路麗奈(井上佳子)なのだが・・・。不安だらけの2人だが、久しぶりに一夜をともにする機会が来た。週末旅行に出かける隆之介の母、公子(木の実ナナ)が留守番にチヨを呼んだのだ。しかし、隆之介は麗奈をうまく説得できず、さらなる誤解を招いてしまう。そして、チヨにはコワ~イ尾行がついていた。その名も一徹。混乱の中でやってくる隆之介にとって甘い時になるはずのチヨのお泊まり。今回もただですますわけには参りません。麗奈に加えて、田中和正(酒井敏也)、昌子(今井陽子)の乱入に、隆之介!どうする?

できちゃった結婚、6話のあらすじ

できちゃった結婚、6話

平尾隆之介(竹野内豊)が、綾小路麗奈(井上佳子)と婚約していた?麗奈の口から飛び出したドッキリ発言に、我慢の限界を超えた小谷チヨ(広末涼子)は、尾行していた父、一徹(千葉真一)とともに実家へ帰ってしまう。何とかチヨの誤解を解きたい隆之介は、携帯に電話するのだが電源を切られてしまう。新庄巧(妻夫木聡)の提案で、小谷家に行こうとする隆之介にハードなCF撮影のスケジュールが渡された。チヨも大事だが、仕事も手を抜けない隆之介は、連絡が出来ない状態に。隆之介にそんな仕事が入ったことを知らないチヨは、訪問を待ちわびていた。だが、来ない・・・。一徹は、隆之介に結婚の意思がないからだと決めつけると、チヨはボロ泣き。一方、川口英太郎(阿部寛)も、珍しく悩んでいた。亜紀(石田ゆり子)と小松原修造(沢村一樹)の交際に嫉妬していたのだ。英太郎は隆之介に相談に行くが・・・!?

できちゃった結婚、7話のあらすじ

できちゃった結婚、7話

せっかく小谷チヨ(広末涼子)の父、一徹(千葉真一)に会って真相を説明するハズだったのに、小谷家へ向かう途中で平尾隆之介(竹野内豊)は気を失ってしまった。連日徹夜のCM制作の疲労と寝不足からだが、起きたのは小谷家客間。ちょっと不甲斐ない隆之介だが、一徹の妻の淑子(高林由紀子)とチヨの計らいで一徹と釣りに出かけることになる。そこで隆之介は「できちゃった」ことにこだわり、頑なに結婚を反対する一徹の真意を垣間見た。川口英太郎(阿部寛)と亜紀(石田ゆり子)にも大波乱が発生しつつあった。英太郎への当てつけで、小松原修造医師(沢村一樹)と交際し始めた亜紀。しかし、英太郎のあまりの煮えきらなさに、小松原から申し込まれた結婚を前提にした交際を承諾。また、新庄巧(妻夫木聡)と有森みさと(片瀬那奈)にも異変が・・・。祖父の遺言で純愛路線まっしぐらの巧だったが、その信条が崩れようとしていたのだ。とりあえず、手をつなぐことからと考え始めた巧に、みさとはどう応えるのか?そして隆之介は、一徹のこだわりを解くことは出来るのだろうか?

できちゃった結婚、8話のあらすじ

できちゃった結婚、8話

「たっプリン」のCMが人気作となり、隆之介(竹野内豊)の仕事は新たな局面を迎える。彼を名指しで新しいCM制作の依頼が舞い込んだのだ。一方、一向に歩み寄ってくれない父、一徹(千葉真一)にチヨ(広末涼子)の心は落ち着かないでいた。そんな2人が、田中和正(酒井敏也)、昌子(今井陽子)夫婦の子供、三太(樋口達也)を預かることになる。頼りの母、公子(木の実ナナ)も含め、家族全員が風邪でダウンしたのだ。自分たちの赤ちゃんが生まれる将来の予行演習?みたいなものと思いきや、わがまま盛りの三太に、隆之介とチヨは振り回されっぱなし。さらには、三太まで発熱してしまう。一方、英太郎(阿部寛)は亜紀(石田ゆり子)に捨てられないよう必死。生活態度を改め、生まれ変わろうとするのだが、亜紀は小松原医師(沢村一樹)とデート中。その小松原のもとに、隆之介とチヨは三太を連れていった。チヨは、ここで父親の子供を心配する気持ちに気づかされて・・・。

できちゃった結婚、9話のあらすじ

できちゃった結婚、9話

ようやく小谷一徹(千葉真一)から、チヨ(広末涼子)との結婚を許してもらえた平尾隆之介(竹野内豊)。さらに、新たな仕事の話も舞い込んで人生絶頂の喜びいっぱい。しかし、この仕事が大問題。引き受ければ、隆之介は一年間海外のロケーションに出かけなければならないのだ。小谷家と平尾家、喜びいっぱいで隆之介とチヨの結婚話が順調に滑り出しているのに・・・。隆之介が家族に仕事の話を切り出せないうちに、代理店から日程のスケジュールが連絡される。出発は来年の2月。チヨの出産予定日は3月。と、いうことは、仕事を受けてしまえば隆之介はチヨの出産に見事に立ち会えない。おまけに、それから約1年間は日本を離れなくてはいけないのだ。どうする隆之介?今後、2度と巡り会えないような仕事をとるのか?はたまた、初めての出産に不安いっぱいのチヨの側にいることをとるのか?そして、家族への報告はどうする?

できちゃった結婚、10話のあらすじ

できちゃった結婚、10話

結納の席で、日本を離れる仕事を突然口にした平尾隆之介(竹野内豊)に、結婚を許した小谷チヨ(広末涼子)の父・小谷一徹(千葉真一)を始め両家は大混乱。何より、隆之介が自分にも事前に話してくれなかったことにチヨはショックを隠せない。一徹は、妻の淑子(高林由紀子)、長女の亜紀(石田ゆり子)に諫められるが、怒りは収まりそうにない。もちろん、悪いのは隆之介。母の公子(木の実ナナ)や妹の昌子(今井陽子)、田中和正(酒井敏也)に責められて返す言葉もなかった。こうして隆之介とチヨの結婚話は、一徹という大きな障壁を再び立ち上がらせてしまった。さらに、仕事の事を何も話してくれない隆之介に、当事者のチヨの不安も再燃してしまう。一方、遅ればせながら亜紀にプロポーズした川口英太郎(阿部寛)は、恋敵の小松原医師(沢村一樹)に宣戦布告。亜紀の逡巡を知る小松原は、その闘いを受けてしまった。こうして小谷家の姉妹は、恋の混乱に巻き込まれてしまう。そして隆之介はチヨのため、生まれてくる子供のために仕事を断ろうとするのだが・・・。

できちゃった結婚、11話のあらすじ

できちゃった結婚、11話

平尾隆之介(竹野内豊)との結婚を取りやめ、父・小谷一徹(千葉真一)の元部下、山下(おかやまはじめ)と結婚すると言い出したチヨ(広末涼子)。かける言葉も無くした一徹に、川口英太郎(阿部寛)が長女の亜紀(石田ゆり子)との結婚を申し込む。一徹に反対する気力は無くなっていた。なぜ、チヨは山下と結婚するなどと言い出したのか?訳がわからない隆之介。しかし、チヨには隆之介を愛するがゆえの想いがあった。チヨは、その想いを隆之介に話さないことを条件に亜紀と、親友の有森みさと(片瀬那奈)にだけ打ち明けた。そして、チヨは隆之介に指輪を返してしまう。隆之介はこの時、チヨの自分への想いを痛感するが、2人の愛のすれ違いを取り戻すことは出来なかった。お互いに大きな愛を抱いたまま、隆之介はドキュメンタリーの仕事を受けることを決意。チヨは、亜紀のマンションを出て実家に戻って行く。隆之介はこのまま、海外ロケに旅立ってしまうのか?不安な心を抱いたまま、チヨは無事に出産日を迎えることが出来るのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました