懐かしのあのドラマ「WITH LOVE」を動画で見よう

WITH LOVEの配信動画

1998年火曜日21時に放送された「WITH LOVE」。当時では珍しい、今では古くなってしまったメールから始まる恋愛がテーマ。出演が竹野内豊、田中美里、及川光博など。

インターネットが身近な存在になり始め、メール恋愛を書いた1998年作品のWITH LOVE。MY LITTLE LOVER の「DESTINY」が主題歌を聞いただけでドラマを思い出す人も少なくないと思います。

竹野内豊の艶っぽさがなんとも言えないわね。メールから始まる恋愛というのもLINEやSNSが主流の今から見れば懐かしい(?)感じよね。今見ても、あら素敵と思わせるドラマね。

フジテレビ系で放送されていた「WITH LOVE」はFOD(フジテレビオンデマンド)でしかみることができません。

WITH LOVEの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

フジテレビオンデマンド、約22,000本の動画配信。そして内訳の5,000本はFODでしか見れないオリジナル配信。隙間時間を潰すのにも、じっくりドラマを見るのもおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)ですね。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

WITH LOVE、1話のあらすじ

WITH LOVE、1話

長谷川天(竹野内豊)は数々のCM音楽を手掛ける多忙な作曲家。村上雨音(田中美里)は短大を卒業して三年、銀行に勤める平凡なOL。22歳の雨音の誕生日。雨音は、仕事場が同じビルにある天と再三出会う。女性たちとべたべたする天に、雨音は嫌悪感すら感じる。また雨音は、この日を境に同僚に無理やり誘われて参加した合コンで出会った吉田(及川光博)の執拗さに悩まされることに。吉田から逃れ、帰った自宅のパソコンに雨音は【hata】のIDでお贈られたメールを見つけた。メールを開くと心地良い音楽が流れてきた。【誰?】。雨音は音楽にひかれ、【hata】に【てるてる坊主】名でメールを送る。【hata】は天のIDで、誤送信したものだった。天と雨音二人はお互いに誰とは知らず、メール交換し始める。

WITH LOVE、2話のあらすじ

WITH LOVE、2話

【hata】のメール名で素敵なメロディを誤送信したのはどんな人?と好奇心を持つ雨音(田中美里)。【てるてる坊主】の名でメールを送ってきたのは、昔の恋人リナ(KAORI)?そう思いたい天(竹野内豊)。口座開設に来た時、自分の早とちりを詫びに行った時、紛失した伝票を探しに行った時、雨音は、天と会うが、もちろん天が【hata】であることに気付くはずもない。天も【てるてる坊主】が雨音だとは気づかない。また吉田(及川光博)はますます雨音にしつこくつきまとう。そして天は、昔のバンド仲間に借金を申し込まれる。

WITH LOVE、3話のあらすじ

WITH LOVE、3話

【hata】と【てるてる坊主】。天(竹野内豊)と雨音(田中美里)の仮想の自分を作り上げたメール交際は確実に始まっていた。ひょんなことから、天が有名CM作曲家であることを雨音は知る。ラブソング作りに取り組む天に、期せずして、パリにいることになっている【てるてる坊主】は【ピアフの曲が良い】とメール。一方しつこく迫る吉田(及川光博)について【hata】は【食わず嫌いかも・・・】と【てるてる坊主】にアドバイス。しかし本当の天は、昔の恋人リナ(KAORI)のことを引きずり、なかなか良いラブソングができずに悩んでいた。雨音は仕事に振り回されながら、自分の不正に利用しようとした昔の恋人やセックスについて、悩んでいた。悩む雨音は【セックスって?】とメール。そのメールに応え、天は【解け合うほど重ねても何ひとつわかりあえない】。【hata】と【てるてる坊主】の他人にはなかなか打ち明けられない心の交流が始まっていた。

WITH LOVE、4話のあらすじ

WITH LOVE、4話

【hata】と【てるてる坊主】。天(竹野内豊)と雨音(田中美里)のメール交際は深まっていった。パソコンショップやカラオケボックスで、天と雨音は偶然会うが、互いに【hata】と【てるてる坊主】であるとは、気づかず、実生活ではすれ違いが続く。しつこい吉田(及川光博)から逃れたい雨音は同僚らの勧めで、天に恋人になってもらい“芝居”をした。いきなりキスする天に雨音は・・・。

WITH LOVE、5話のあらすじ

WITH LOVE、5話

メールを通してだと、素直な気持ちになれる天(竹野内豊)と雨音(田中美里)。二人の心の中にほのかな想いが芽生える。エレベーターホールやCDショップ、フランス映像作家のパーティなどで、しばしば出会う二人だが、お互い【hata】が天であり、【てるてる坊主】が雨音であることに、無論、気づかない。目の前で、雨音にキスした天に吉田(及川光博)がつきまとい始め、天はうんざり。佳織(藤原紀香)は、最近の天の態度から何かを感じ、ある時パソコンをのぞき見、そこに繰り返される【hata】と【てるてる坊主】のメール交換に凝然となる。雨音は【hata】に、パリの自由の女神を見ながら昼食をとったとメールした。しかし、その自由の女神は東京にあった。ほぼ同時に気づいた天と雨音。東京ベイに立つ自由の女神の前で二人はまた出会ったのだが・・・。

WITH LOVE、6話のあらすじ

WITH LOVE、6話

天(竹野内豊)と雨音(田中美里)は、【てるてる坊主】はだれ?、【hata】ってどんな人?と一層関心がつのる。天は佳織(藤原紀香)との関係を断ち切ることにした。雨音も吉田(及川光博)とは付き合いたくないのだが、そんな雨音の気持ちを無視して吉田のアプローチはますます激しくなる。ひょんなことから佳織と吉田が出会い、お互い、相手を振り向かせるためプランを練る。佳織は天を自分の番組に出演させ、女性観などを質問、吉田は佳織に頼み風邪で寝込む雨音に、リクエスト曲をプレゼントする。二人の作戦は失敗したようだが、吉田は雨音のパソコンを盗み見て【てるてる坊主】と【hata】のメール交換を知る。風邪が癒えた雨音は【今度一時帰国する】と【hata】にメール。二人は東京タワーで会うことになったのだが・・・。

WITH LOVE、7話のあらすじ

WITH LOVE、7話

雨音(田中美里)が東京タワーで出会ったのは吉田(及川光博)だった。天(竹野内豊)は、CD制作が大詰めを迎え、出来上がった一曲を、大物ピアニスト、倉田(根津甚八)から「メッセージがない」と指摘され、ショックを受ける。雨音と吉田は河口湖に行くことになった。天が河口湖に来ていることを知り、吉田が雨音を誘ったのだった。河口湖には、佳織(藤原紀香)も現れる。倉田の言葉が気にかかり、【てるてる坊主】のメールに素直な気持ちになっている天は、佳織の誘いを振り切る。佳織はそんな天にショックを受ける。天は、倉田を満足させる曲を作り上げた。【てるてる坊主】のメールが大きな励ましだった。吉田にしつこく迫られる雨音だが、【hata】と吉田とのイメージが合わず、思わず吉田から逃げ出してくる。雨音と天は河口湖畔で出会い初めて打ち解けるが、天のもとに【てるてる坊主】からショックなメールが送られてきた。

WITH LOVE、8話のあらすじ

WITH LOVE、8話

【hata】が吉田(及川光博)と同一人物だと信じられない雨音(田中美里)。そんな雨音に吉田は、相変わらずつきまとう。一方、天(竹野内豊)は【あなたの曲が遠く行ってしまいました】というメールに心を乱されていた。雨音のもとに【hata】は女性の敵というメールが送られてきた。送り主は佳織(藤原紀香)だった。【てるてる坊主】に【hata】=天のことをあきらめさせようと送ったのものだったが、このことがきっかけで、雨音は吉田が【hata】でないことを知ってしまう。また天は佳織と話すうち、「あなたにとって恋愛は音楽を作る道具」という佳織の言葉にグサリとくる。銀行で盗まれた預金通帳を解約するトラブルが発生。責任を感じる雨音は落ち込み、そんな雨音と天が偶然出会い、二人は話し始めた。天は【てるてる坊主】に会おう、という気持ちが固まってくる。

WITH LOVE、9話のあらすじ

WITH LOVE、9話

雨音(田中美里)は、急な仕事を命じられたため、自由の女神像に、約束の時間に大きく遅れ、駆け付けた。無論だれもいない。帰ろうとして雨音はギター型のキーホルダーを雨の中拾う。【hata】のものに違いないと思う雨音だった。キーをなくし困り果てた天(竹野内豊)が翌日、交番に行くと、キーホルダーが届けられていた。名前も住所も分かると一瞬期待する天だが、届けた若い女性は何も書かずに帰ったという。天は、スポンサーが業績不振のためCD制作の話が頓挫する。一方、雨音はクレジットカードの街頭キャンペーンを一人でやらされる。明らかに嫌がらせだ。そんな雨音に吉田(及川光博)が突然、プロポーズして一緒に赴任先のパリに行ってくれないかと言い出す。天には佳織(藤原紀香)が助け船。専務の叔父がいる関東電鉄から天のCDを出す橋渡しを申し出たのだ。しかし、天は、新たな資金援助を断る。雨音は嘘から始めた【hata】とのメール交換を後悔していた。天もCDの資金援助を断ったことで、素直な気持ちになり、二人は、パソコンに向かう。

WITH LOVE、10話のあらすじ

WITH LOVE、10話

【元銀行員、パリにいる】という嘘から始めたメール交換。そのことで、自分の中に育ち始めた恋愛感情をふっ切るため、雨音(田中美里)は、天(竹野内豊)が出した【長谷川天です】というメールを読まなかった。相変わらず、天のCD制作はスポンサーが見つからず暗礁に乗り上げたまま。英子(浅田美代子)が、天の気に入らない伊藤(白井晃)に協力を依頼したらしく天は不愉快になる。吉田(及川光博)が雨音にプロポーズしたことは、早くもめぐみ(原千晶)に伝わり雨音は困惑げ、【hata】からのメールを読まなかったことを後悔する。一方、天は返信の来ないメールに、心を焦がし酔いつぶれる。そんな天を、佳織(藤原紀香)は、バカにするが、CD制作の件は、佳織が紹介してくれた電気メーカーが本腰を入れバックアップしてくれることになる。親友、智美(渋谷琴乃)の【愛する人より愛してくれる人】の言葉をきっかけに雨音は吉田と婚約した。婚約披露パーティに招いた天が弾く曲に雨音の顔色が変わった。

WITH LOVE、11話のあらすじ

WITH LOVE、11話

雨音(田中美里)と吉田(及川光博)の婚約&歓送パーティーに招かれた天(竹野内豊)は、「ONceinanbluemoon」を弾いた。天がhataだと直感する雨音だが、天は、自分がhataであると認めようとしなかった。気持ちの整理が付かないまま、雨音と吉田が、パリに出発する日が近づいてきた。雨音は気持ちのもやもやを、親友の智美(渋谷琴乃)に打ち明けると智美は「いい夢を見たんじゃない。吉田さんとなら幸せになれる」と雨音を励ます。一方、天も、雨音との出会いやメールのやり取りを思い出していた。佳織(藤原紀香)の番組に出演した天は佳織と話すうち、かつてリナ(KAORI)に去られ傷ついたように、恋をすることを恐れていた自分に気づく。吉田とパリに発つ朝、雨音は天に最後のメールを送った。それは、これまでのお礼の気持ちを素直に伝えたものだった。そのメールを読み、部屋を出ようとした天に電話がかかった。

WITH LOVE、12話のあらすじ

WITH LOVE、12話

メールの誤送信から始まったhata=天(竹野内豊)と、てるてる坊主=雨音(田中美里)の交際。今、hataさんが天で、てるてる坊主が雨音であると、お互い判っても、二人は互いの気持ちに素直になれない。気持ちの整理のつかないまま雨音は吉田(及川光博)とパリへ。出発の日、天にリナ(川村かおり)から電話かかり、天はリナの待つ場所へ向かった。あんなに探し、自分の前から消えたことに悩んだリナなのに、リナは天の前にケロッ!と現れた。リナは結婚し双子の母であるという。そんなリナに天は、ホッ!とし、気持ちが落ち着くのだった。パリの吉田は、雨音の気持ちを思い指一本触れてなかった。そんな吉田の思いに、雨音は天を諦めようとするが、吉田は雨音に日本に帰るチケットを渡す。一方、天は仕事でパリへ。今度こそ、雨音に素直な気持ちを打ち明けたい天だが、出会ったのは吉田。その吉田から、雨音が日本に戻ったことを知らされる・・・。

WITH LOVEのみんなの感想

 

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました