懐かしのあのドラマ「イヴ」を動画で見よう

イヴ、動画

ビデオオンデマンドのFOD(フジテレビオンデマンド)。スマホやタブレット、PCでフジテレビのドラマ、バラエティを見れるサービス。手軽に試せるのでお勧めです。

イヴの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

フジテレビオンデマンド、約22,000本の動画配信。そして内訳の5,000本はFODでしか見れないオリジナル配信。隙間時間を潰すのにも、じっくりドラマを見るのもおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)ですね。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

イヴ、1話のあらすじ

イヴ、1話

96年のイヴ。自殺と見まごうような形でビルの屋上から落ちた沙織(葉月里緒菜)を病院に運んだ小泉三太(唐沢寿明)。沙織は単なる飲み過ぎ。すっかり疲れた三太は後を担当医師・俊輔(高橋克典)に任せ、病院を去る。同じ病院で非常勤の精神科医として勤務する三太は、その晩、俊輔から沙織が礼も言わずに病院から消えたと聞かされ、唖然とするのだった。そして、97年10月。診察の合間の三太に、初老の男・小柴(いかりや長介)がぶつかった。小柴は、執事として使える藤原財閥の会長・公章(林隆三)が倒れたため、駆け込んできたのだ。藤原の担当医となった俊輔は、小柴から藤原の娘が“心の病”を患っていると聞かされ、小柴に三太を紹介する。専属の精神科医にという小柴の申出を最初は断ろうとする三太。だがその娘がアダルト・チルドレンだと聞き、心が揺れるのだった。しかし、小柴の提案で運転手を装って実際にその娘に会ってみた三太は、彼女の恐ろしいまでの“性格ブス”ぶりにへきえき。でもその顔は、どこか見覚えのある顔で・・・そう、イヴの晩の女、沙織だったのだ。

イヴ、2話のあらすじ

イヴ、2話

薬と酒を一緒に飲み、昏睡した沙織(葉月里緒菜)を家に連れ帰り解放する三太(唐沢寿明)。目を覚ました沙織は早速三太に毒づくが、さっきまで沙織が涙を流していたことを思い、三太は沙織の心中が心配でならない。同じ頃、沙織の父・公章(林隆三)の主治医に決まった俊輔(高橋克典)。そこに三太の運転で沙織が帰宅し、俊輔と鉢合わせに。後日、小柴(いかりや長介)は三太に、沙織お付きの精神科医であることを俊輔に対しても口止めするよう懇願する。それから数日後、大学の昼休み、捨て猫に餌をやる寂しげな沙織の姿を見つけた三太は、沙織を競馬場へ連れ出す。これまで見たことなに笑顔ではしゃぐ沙織に三太は微笑みかける。だが帰り道、浮かれた沙織が車の中で、携帯電話でその気もない男達と喋りまくるのを聞いた三太は、沙織の部屋に着いた途端、問いかけた。「お前さぁ、今までだれかに惚れたことねぇの?」その瞬間、痛みを堪えるかのように、沙織の顔が途端に曇った・・・。

イヴ、3話のあらすじ

イヴ、3話

室井(柏原崇)に遭遇した沙織(葉月里緒菜)だが、沙織を思い出す素振りも見せず車に乗り込む室井に呆然。三太(唐沢寿明)はその様子を訝しげに見るのだった。そこで三太は小柴(いかりや長介)に、沙織の男性関係の過去を尋ねたところ、やはり暗い話が出てきた。初めての恋をした年のイヴの晩に、泣きはらした目で帰ってきたというのだ。沙織の心の傷を癒したいと思いを強めた三太は、室井について沙織に詰め寄るが、沙織の態度はけんもほろろ。そのうえ沙織は、公章(林隆三)の検診に訪れた俊輔(高橋克典)と二人、室井の働くクラブへ出かけてしまう。男連れで現れたことで、なんとか室井の気を引こうとする沙織だったが、室井は一向に気付かない。だが俊輔が席を外した瞬間、室井が話しかけてきた。「俺に会いに来たんだろ?」室井の不敵さに思わず黙る沙織。後日、俊輔から室井のクラブでの一部始終を聞いた三太は、室井の元へ赴き、沙織との過去を聞き出す。それは衝撃の事実で・・・。

イヴ、4話のあらすじ

イヴ、4話

室井(柏原崇)のクラブで三太(唐沢寿明)と俊輔(高橋克典)が出くわしているころ、沙織(葉月里緒菜)はホテルの一室で室井とベッドを共にしていた。沙織は室井の言動に心を揺さぶられていたが、それを振り切るかのように札束を室井に放りつけ、ホテルを去る。4年前、室井が沙織にした仕打ちと同じように・・・。ホテルを出た足で昨年のイヴの晩の屋上へ行き、三太にあった沙織は、室井と寝たと明るく告白。その強がりに三太は心を痛める。数日後、ひばり荘を訪れた小柴(いかりや長介)から、沙織に縁談が持ち上がりかけたことや、沙織と俊輔が急接近しつつあることを聞いた三太は胸が騒ぐ。その頃、俊輔に連れられ、室井のクラブを訪れた沙織は、チンピラ達に恫喝されている室井を目撃。いたたまれなくなった沙織は、金と引き替えに男を室井から引き離すが、室井は男から金を奪い、沙織につき返すのだった。「金が欲しくてお前と寝たわけじゃねえよ」室井の言葉に沙織は硬直し・・・。

イヴ、5話のあらすじ

イヴ、5話

室井(柏原崇)が警察に連行され、気持ちをぶつけ損ねた沙織(葉月里緒菜)。そこで三太(唐沢寿明)は、出所した室井から沙織との過去を聞き出し沙織の話を聞いてやって欲しいと頼む。そして、それと当時に、もし沙織が純愛恐怖症を克服できたときには、自分が精神科医であることを明かす覚悟を決めるのだった。数日後、羽田空港を発とうとする室井に会わせようと、沙織を連れ出した三太。沙織は室井に、4年前に自分にした仕打ちを責めながらも、初めて好きになった男が室井で良かったと告げる。その姿を見て、いよいよ病院のIDカードを取り出そうとした三太だったが、4年前に室井に聞かせようと思った曲が頭の中に流れてきたという沙織の言葉を聞き、機を逸してしまう。そこで三太は病院のプレイルームに沙織を連れ、実加(星野真理)と患者の晃(伊藤隆大)のために、沙織にピアノを弾いてくれと頼む。暖かなメロディーが部屋いっぱいに流れるプレイルーム。だが、その光景を通り掛かった俊輔(高橋克典)が目撃し・・・。

イヴ、6話のあらすじ

イヴ、6話

三太(唐沢寿明)の正体が精神科医であることを知ってしまった沙織(葉月里緒)は、ショックのあまり家へUターン。小柴(いかりや長介)の言い訳など聞く耳も持たず、公章(林隆三)に怒りをぶつける。一方、三太は、ひばり荘で自分のふがいなさを痛感していた。後日、三太の病院を訪れ、三太に沙織のカウンセラーを続行してもらいたいと訴える小柴。自分の親子関係すらきちんとしていない人間に、他人の親子関係のもつれなどほどけないという三太に、小柴は、三太でなければダメなのだと強く主張する。数日後、三太は実加(星野真理)とケンカをし、三太の落ち込みはますます激しいものに。そこで沙織に会いに行った実加は、沙織に、自分の母親、つまり三太の亡き妻の不幸な事件や、その母が、沙織の飲んでいる精神安定剤の常用者だった話をする。三太のことが気になって仕方がない沙織は、ふとしたもめごとを起こしたのを機に家を飛び出し、ひばり荘へ向かった・・・。

イヴ、7話のあらすじ

イヴ、7話

俊輔(高橋克典)を家まで追ってきた沙織(葉月里緒菜)に俊輔は、三太(唐沢寿明)が実は大病院の御曹司であること、そうした暮らしを簡単に捨ててしまう生き方がわからないことを告げる。そうした思いは沙織のような贅沢暮らしの人間にはわからないとも・・・。だがそんな俊輔に沙織は、サンタが来なかった自分もと言って涙ぐむ。それを見た俊輔は、思わず沙織を抱き締めるのだった。後日、三太は俊輔から、頭経由でなく、心から沙織を守ってあげたい気持ちになったと打ち明けられる。そして昨年のイヴのサンタ男は、沙織が俊輔だと誤解したままにしておいて欲しいとも頼まれる。笑ってそれを了解する三太。だが二人の男は、離れた途端、その顔から笑みが消えるのだった。一方、病院のプレイルームで晃(伊藤隆大)と戯れる三太の前に沙織が突然現れる。そこで沙織がピアノを弾き始めると、晃が近寄り、こう口にした「お・・・か・・・あ・・・さ・・・ん」ついに心を開いた晃を見た沙織は、自分もカウンセリングを受けてもいいと三太に言うのだった。

イヴ、8話のあらすじ

イヴ、8話

公章(林隆三)の前で、沙織(葉月里緒菜)と結婚したいと申し出た俊輔(高橋克典)。沙織と自分は家庭の愛情に飢えている共通点があるという俊輔の言葉に沙織は心打たれ、自分も公章に結婚の意思があることを宣言する。その頃三太(唐沢寿明)は、晃(伊藤隆大)の死というショックに打ちひしがれていた。数日後、三太は晃の事故の一件の責任をとり、病院を辞職。本当は自分にも責任があることを知る俊輔は、三太の気遣いに絡むが、つい沙織との結婚を漏らしてしまう。その日の夕方、三太を励ますためひばり荘を訪れた実加(星野真理)と完(鳥羽潤)から、晃の描いた動物園の絵を見せられる三太だったが、落ち込みは癒えぬまま。一方、俊輔は一人自宅で、ガンに侵された公章の手術をすることに苦悩していた。そこに、晃の事故の知らせを聞いた沙織が訪れる。数日後沙織はひばり荘へ三太の様子を見に行くが、三太は不在。その足で、光太郎(相馬一之)に教えられた三太の行き先・動物園へ行くと、象の檻の前で三太が一人ポツンと寂しげに座っており・・・。

イヴ、9話のあらすじ

イヴ、9話

間一髪で沙織(葉月里緒菜)を事故から救い、病院へ運んだ三太(唐沢寿明)。俊輔(高橋克典)は沙織が薬の常用者だった事実を知りショックを受けるが、三太には自分が沙織を助けると宣言。病院のロビーでは小柴(いかりや長介)が三太に、沙織のカウンセラーとして復帰して欲しいと懇願するが、三太はそれを拒否。その帰り道、実加(星野真理)に静岡へ帰ろうと電話で告げてしまう。精神科医としてすっかり自信を失い、医者としてではなく、経営者として実家を継ぐことを決めた三太。そんな父の心情を察してか、実加は完(鳥羽潤)に相談を持ち掛ける。実加は祖母から、三太が己の維持のために医学部時代の学費を返金し続けていたこと、その金を実加の足の治療費にあてることを条件に帰郷するつもりだと記した手紙を受け取っていたのだ。自分の足の治療を口実に現実逃避している三太に納得がいかない実加だったが、完に諭され、ようやく帰郷する意思を固めることに。その頃、三太が東京を離れることを知り戸惑っていた沙織は、三太に会うため、ある場所へ向かっていた・・・。

イヴ、10話のあらすじ

イヴ、10話

静岡に帰ろうとする三太(唐沢寿明)と実加(星野真理)がバスを待っていること、沙織(葉月里緒菜)は晃(伊藤隆大)の死にまつわる真相を知りショック。病院から走り去ろうとした沙織だったが、俊輔(高橋克典)がそれを制止した。一方、バスに乗り込んだ三太が虚ろな表情で窓の外を見ると、そこには実加の姿が。驚く三太に、「自由気ままに生きていない三太など好きではないと叫ぶ実加。そしてバスは実加から遠ざかるのだった。かたや、俊輔から公章(林隆三)が末期の肝臓ガンであることを聞かされた沙織は、俊輔が自分との結婚を急いだことの計算高さや、晃の事故を三太になすりつけたことを激しく責める。そんな沙織に俊輔は、自分は三太のように逃げはせず、医者を続けることで晃への罪滅ぼしをするつもりだと告げる。数日後、俊輔のもとに三太の居場所に心当たりはないかと実加がやってきた。すると、大学時代の恩師を思い出した俊輔の話を、そばで聞いていた小柴(いかりや長介)が、突然、自分がそこへ行くと宣言。そしてはるばる、三太の元へやってきた小柴が・・・。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました