懐かしのドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」を動画で見よう

いつかこの雨がやむ日まで、配信動画

いつかこの雨がやむ日までの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

「いつかこの雨がやむ日まで」を見るためにはFOD(フジテレビオンデマンド)でおためし視聴期間を利用しましょう。

約22,000本の配信本数(約5,000本の独自配信)、新ドラマの見逃しから、旧作を振り返って見れる。それがFOD(フジテレビオンデマンドの特徴です。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

いつかこの雨がやむ日まで、1話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、1話

15年前に兄・國彦(桐山漣)が殺人犯として逮捕され、“犯罪者の妹”として生きてきた北園ひかり(渡辺麻友)。事件以来、精神が不安定な母・由布子(斉藤由貴)を支えながら、キャバ嬢として働く一方、ミュージカル女優になるという夢を追い劇団で稽古に励んでいた。そんな中、國彦が逮捕される原因を作った幼なじみの和也(堀井新太)と偶然再会。さらに刑務所を出た國彦から思わぬ言葉を聞くことに。「俺は無実だ。殺してない」ひかりの運命が妖しく蠢き始める――

いつかこの雨がやむ日まで、2話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、2話

ひかり(渡辺麻友)の兄・國彦(桐山漣)が劇団女優の舞子(紺野まひる)に接触した直後、舞子は謎の死を遂げる。劇団員たちが動揺する中、劇団ウミヘビの主宰・天竺(吹越満)は「ロミオとジュリエット」のジュリエット役にひかりを指名し、公演の続行を宣言。突然の抜擢にひかりは戸惑う。一方、ひかりを心配する和也(堀井新太)の前に國彦が現れる。「15年前のあの日、何か見なかったか?」國彦に聞かれた和也は・・・・・・「ロミオとジュリエット」のジュリエット役にひかりを指名し、公演の続行を宣言。突然の抜擢にひかりは戸惑う。一方、ひかりを心配する和也(堀井新太)の前に國彦が現れる。「15年前のあの日、何か見なかったか?」國彦に聞かれた和也は・・・・・・

いつかこの雨がやむ日まで、3話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、3話

警察が舞子(紺野まひる)の不審死の件で國彦(桐山漣)を追っていることを知り、稽古に集中できないひかり(渡辺麻友)。一方、状況を知った和也(堀井新太)はひかりを案じる。そんな和也に、父の純一(橋爪淳)は「森村家とは関わるな」と冷たく言うが・・・・・・そんなある日、沙耶(筧美和子)が密かにひかりの家を訪ねてくる。由布子(斉藤由貴)からひかりと和也の過去の関わりを聞き出す沙耶。そこでひかりが殺人犯・森村國彦の妹だと知ってしまい・・・・・・

いつかこの雨がやむ日まで、4話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、4話

思い出の場所で和也(堀井新太)と気持ちを通わせたひかり(渡辺麻友)。國彦(桐山漣)の無実を信じたいという和也の言葉に勇気をもらい、再び劇団に戻る。しかし、そんなひかりの思いも空しく、國彦は千尋(星野真里)に匿われながら復讐に突き進もうとしていた。15年前の事件に関わるある男の存在に気付く國彦。闇に紛れ、その男に接近するが・・・・・・そんなある日、母・由布子(斉藤由貴)に外食に誘われるひかり。出かけた先にいたのは・・・・・・嫉妬に狂い始めた沙耶(筧美和子)だった。

いつかこの雨がやむ日まで、5話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、5話

「ロミオとジュリエット」のゲネプロ中にまたも事故が起こり、芽衣(宮澤エマ)が負傷、劇団は一時休止になってしまう。事故に國彦(桐山漣)が関わっているのではと不安になるひかり(渡辺麻友)。一方、和也(堀井新太)が働く「たにがわ」では、和也の兄・幸一郎(間慎太郎)が金銭トラブルを起こし経営の危機に。奔走する和也だったが、付き合いの深い農園経営者・原田(鶴田忍)からも突き放されてしまう。それを知ったひかりは、ある意外な行動に出るが・・・。

いつかこの雨がやむ日まで、6話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、6話

ついに結ばれたひかり(渡辺麻友)と和也(堀井新太)。和也は、沙耶(筧美和子)との別れを決意するが、沙耶は微笑みを浮かべながら「あなたは必ず私のもとに帰ってくる」と告げる。一方、千尋(星野真里)の家に身をひそめる國彦(桐山漣)は天竺(吹越満)に疑惑の目を向け始めていた。そんな中、ひかりに転機が訪れる。天竺から改めてジュリエット役を振られるひかり。殺人犯の妹として全てをさらけ出す覚悟を問われたひかりは・・・・・・。

いつかこの雨がやむ日まで、7話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、7話

「全てを捨てろ。その先に見えるものがジュリエットの絶望だ」天竺(吹越満)の言葉に、ひかり(渡辺麻友)の目に狂気が宿る。そんな中、兄の國彦(桐山漣)が階段から転落し、意識不明で病院に運び込まれたと母・由布子(斉藤由貴)から連絡が入る。眠り続ける兄を前に思わず笑みを浮かべてしまうひかり。一方、和也(堀井新太)は沙耶(筧美和子)から妊娠したと告げられる。「和也さんが決めて。私とこの子を取るか、それともあの人を取るか」沙耶の言葉に懊悩する和也で・・・・・・。

いつかこの雨がやむ日まで、8話のあらすじ

いつかこの雨がやむ日まで、8話

天竺(吹越満)に導かれジュリエットの狂気に堕ちたひかり(渡辺麻友)。そんなひかりの目の前でさらなる悲劇が起こる。一方、和也(堀井新太)は沙耶(筧美和子)との結婚に向け動き始めていた。そんな中、ふとした偶然によって15年前の記憶が呼び覚まされる。その頃、剛田(木村祐一)は千尋(星野真里)に会いに来ていた。事件の真相は?果たして真犯人は誰なのか・・・!?呪われた「ロミオとジュリエット」の幕が今まさに開こうとしていた・・・!!愛と狂気のラブサスペンス、衝撃の最終回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました