懐かしのドラマ「ニューヨーク恋物語II」を動画で見よう

男と女 ニューヨーク恋物語IIの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

「男と女 ニューヨーク恋物語II」はFOD(フジテレビオンデマンド)で配信中です。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

男と女 ニューヨーク恋物語II、1話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、1話

ニューヨークの自動車ディーラー・杉山朋子(篠ひろ子)は、ハンサムでやり手の弁護士・戸上英輔(田村正和)と月に1、2度ホテルで会う関係が続いている。英輔は3人の子持ち。朋子は夫と不仲だった。だが、お互いに40歳を過ぎた大人の関係。「人生の中に、ほんの少し別の人生がある。そのぜいたくさが好き」と朋子は思っていた。皮肉なことに、英輔と付き合ってから、夫との関係も良くなっていた。グリニッジビレッジの狭いアパートでは、村松文代(高橋ひとみ)、藤沢亜由美(鳥越マリ)、岡村里子(小林聡美)、それに白石典子(三田寛子)が共同生活をしていた。男関係が派手な亜由美。男嫌いの里子。カマトトっぽい典子と、4人の性格はさまざまだ。典子が別のアパートを、米国人の女性と借りることになる。ところが、実際に入居するのは、米人女性からまた貸しされた田坂直人(髙島政宏)。なんと文代とは新潟の中学、高校で同級生で、文代に惚れている。迷う典子だが、良いアパートを探すのが難しいニューヨークとあって、同居する。英輔は亜由美とも愛人関係にあり、休暇でバハマに行ったりしていた。英輔と勤め帰りの電車の中で時々一緒になるグチっぽい男がいた。杉山太郎(小林稔侍)。実は朋子の夫だった。直人は仕事で英輔と会う。若く率直な直人に好感を持った英輔は、酒をおごる。会話のなかで英輔は、日本で離婚してニューヨークに来たことを話す。直人は文代を英輔に見せたくなり、グリニッジビレッジのアパートに連れて行く。直人は英輔が目下独身なことを話す。偶然の出会いに驚きながら、おたがい知らないふりをしている英輔と亜由美。亜由美は英輔から、「自分は妻子持ち」と聞いていたので、裏切られた気がする。直人が会社で使う車を買う。そのディーラーが朋子。2人が一緒の車に乗っている時、直人は歩道を行く英輔をみて「これから、独身を満喫しているあの人に、ニューヨークの楽しみ方を教えてもらう」と言う。それを聞いて朋子はハッとする。次の逢引の時、朋子は英輔に子供の年齢をたずねる。果たして、しどろもどろの英輔。「結婚しているって言っとくと、女がベタついてこないから、便利なの?」と迫る朋子に、英輔はタジタジである。そのころ、ニューヨークに向かう日航機内には、英輔の別れた妻・まさ子(丘みつ子)と長女(16)、長男(14)、次男(12)がいた。まさ子が再婚に失敗。英輔を頼ってニューヨークに行くことにしたのだ。突然家に押しかけた4人。英輔は当惑し、「お前たちが、おれに愛想をつかして、おれを捨てたんだぞ。それを何で今頃・・・・・・」と言うのだが・・・・・・・・・。

男と女 ニューヨーク恋物語II、2話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、2話

ニューヨークの戸上英輔(田村正和)のところへ日本から子連れで来た、別れた妻・まさ子(丘みつ子)は、このまま居すわる気でいる。3人の子はそれぞれに、中学校を退学寸前だったり、小学校を登校拒否だったりと、日本での生活が行き詰っているという。英輔は愛人の杉山朋子(篠ひろ子)や藤沢亜由美(鳥越マリ)に事情を説明する。しかし、亜由美と会っているレストランの隣の席に偶然朋子が入って来て、2人の関係を知り、朋子は激怒する。ご難続きの英輔である。

男と女 ニューヨーク恋物語II、3話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、3話

ニューヨークに転がり込んできた戸上英輔(田村正和)の別れた妻・まさ子(丘みつ子)と3人の子供は日本に帰ろうとしない。プレイボーイが一転してコブつきになったため、藤沢亜由美(鳥越マリ)は英輔のもとを去る。亜由美は今度は、ルームメイトの同級生の田坂直人(髙島政宏)に心を動かす。一方、亜由美に振られ、しょぼんとした英輔の姿を目撃した杉山朋子(篠ひろ子)は英輔に誘いの電話をする。2人は久し振りにホテルで会う。

男と女 ニューヨーク恋物語II、4話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、4話

戸上英輔(田村正和)は杉山朋子(篠ひろ子)に、彼女の夫・太郎(小林稔侍)に朋子の写真を見せられたことを伝える。「おたがいの家族に知られたら別れよう」というのが2人の約束。だが2人はなかなか別れられない。前妻のまさ子(丘みつ子)と、3人の子供との日常生活に疲れた英輔には、朋子との「もう一つの人生」が貴重なものになっている。その一方では、亜由美(鳥越マリ)ともヨリを戻して、また一緒にバハマに行こうと計画した。だが、その日が朋子との密会と重なってしまう。

男と女 ニューヨーク恋物語II、5話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、5話

ニューヨーク郊外の戸上英輔(田村正和)の三軒先を杉山太郎(小林稔侍)が買おうとする。あわてた英輔は杉山朋子(篠ひろ子)に電話、計画に反対させる。まさ子(丘みつ子)と3人の子供たちのニューヨーク生活が始まり、日常生活のわずらわしさがどっと英輔の肩にのしかかる。英輔は「ほんのもう少しの人生が、俺にも欲しくなった」と朋子に急なデートを申し込むが、子供が登校拒否をおこし、それも流れてしまう。かつてのプレイボーイもかたなしである。

男と女 ニューヨーク恋物語II、6話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、6話

車を運転するようになった戸上まさ子(丘みつ子)は、故障して困っているところを杉山朋子(篠ひろ子)に助けられる。朋子の夫・太郎(小林稔侍)は村松文代(高橋ひとみ)と食事した帰りに日本食スーパーに寄り、朋子とまさ子にバッタリ。まさ子の勧めで、太郎はアービントンに引っ越す気になる。朋子の反対も効果なく、戸上家と杉山家は隣人に。英輔(田村正和)は「近所どうしで浮気するわけにも」と、今度こそ朋子と別れなければと思う。

男と女 ニューヨーク恋物語II、7話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、7話

戸上英輔(田村正和)の家の近所に杉山太郎(小林稔侍)、朋子(篠ひろ子)夫婦が越してきた。家族ぐるみの付き合いが始まる。初対面をとりつくろう英輔と朋子だが、ときどき旧知の関係が明るみに出そうになりハッとする。英輔はふとしたことで白石典子(三田寛子)と食事する。2人が歩いているのを目撃した朋子は英輔を呼び出し、「あなたに会いたいのをがまんしているのに、さっさと別の女を探すとは」と怒る。

男と女 ニューヨーク恋物語II、8話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、8話

戸上英輔(田村正和)一家の生活は、次第に家族らしさを取り戻した。元妻のまさ子(丘みつ子)は、「初めて夫婦してる気がする」と英輔に言う。だがまさ子は杉山朋子(篠ひろ子)には「子供がちゃんとやれるようになったら、私は家を出ないといけない」と寂しそうに語る。朋子は「その必要はない」と言いながらも心は複雑だ。一方、朋子の夫・太郎(小林稔侍)は、村松文代(高橋ひとみ)にのぼせてしまい、通勤電車のなかで英輔に悩みを打ち明ける。

男と女 ニューヨーク恋物語II、9話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、9話

通勤電車の中で杉山太郎(小林稔侍)は戸上英輔(田村正和)に、「日本に転勤で帰る話があり、迷っている」と言う。ショックを受ける英輔である。藤沢亜由美(鳥越マリ)の神経が参った理由が分かった。愛人となった富豪・ナバコフは武器商人で、亜由美を外国高官の接待用に使ったのだ。英輔は自分のせいだとわびるが、亜由美は「もうあなたには会えない」と言う。英輔は杉山朋子(篠ひろ子)に、「君だけは残ってほしい」と言うが、朋子は「人生にはそれぞれのポジションがあり、それは替われない。日本に帰る。」と答える。

男と女 ニューヨーク恋物語II、10話のあらすじ

男と女 ニューヨーク恋物語II、10話

杉山太郎(小林稔侍)が日本に帰る決心をし、朋子(篠ひろ子)もそれに従う。戸上英輔(田村正和)の電話に朋子は「まさ子さんをちゃんとした奥さんにしてあげて」と言う。太郎は帰国を前に村松文代(高橋ひとみ)と会うが、手も握れないで別れる。そして英輔と朋子は、思いでのホテルで最後の逢引をする。「本当の恋をした」と言う朋子だが、2人はおたがいもう会うことはないと思っていた。空港で杉山夫婦を見送って帰る戸上一家。「これでよかったような、そうでもないような」とため息をつく英輔であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました