狂気の沙汰ほど面白い麻雀ドラマ「アカギ」を動画で見よう

アカギ、配信動画

アカギの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

「アカギ」を無料で見るためにはFOD(フジテレビオンデマンド)が良いでしょう。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

アカギ、1話のあらすじ

アカギ、1話

かつて、“伝説の雀士”といわれた1人の男がいた。その男の名は「赤木しげる」。初めて打った麻雀でその異才を発揮し、ヤクザの代打ちを打ち負かし、その後も次々と実力者たち相手に勝ち続け、裏社会を震撼させてきた・・・。そしていつしか彼は、若くして伝説となっていた。―――昭和40年、ある夏の日。赤木は、知人の不良刑事・安岡からの依頼で、“巨万の富と権力を蓄えた日本の闇の王”「鷲巣巌」と対戦することになる。立会人である稲田組若頭・仰木が見守る中で血と金を奪いあう死闘・・・鷲巣麻雀が始まる。狂ってなければ生き残れない、赤木の生き血と鷲巣の全財産を賭けた鷲巣麻雀。今夜、伝説の一夜の幕が上がる!

アカギ、2話のあらすじ

アカギ、2話

アカギは血液を、鷲巣は金を賭けるという狂気の鷲巣麻雀。その一回戦東四局。鷲巣がタンヅモドラドラ満貫で和了―。アカギは4000点の払いで、ボーナス払い400ccを採血された。鷲巣の吸血麻雀、これがその最初の採血となってしまう・・・。仰木と安岡の心配をよそに、顔色ひとつ変えないアカギ。それを見ながら愉快に笑う鷲巣。振り込みは避けられても、相手のツモ和了は避けられないのが麻雀・・・果たしてアカギはどう打つのか・・・?そして、一回戦南一局が始まる―。一回戦東四局終了時赤木26000点、失った血液・400cc鷲巣40000点、失った金・100万円

アカギ、3話のあらすじ

アカギ、3話

互いに破滅するまで闘い抜く狂気の麻雀-。一回戦終了時、勝ち分全てを金にし、採られた血は戻さないと言うアカギ。それを聞いた仰木と安岡は死んだら終わりだと諭すが、アカギは鷲巣の金を奪い取ることだけを考えていた―。そして二回戦が開始。東一局からツキを味方にした鷲巣はいきなりの満貫ツモ。その後も鈴木の差し込みやツモで赤木を圧倒する。そんなツキのある流れが鷲巣にある中でアカギは・・・一回戦終了時赤木失った血液600cc鷲巣失った金5250万円

アカギ、4話のあらすじ

アカギ、4話

鷲巣麻雀-、それは、アカギの血液と鷲巣の全財産を賭けた狂気の麻雀。二回戦・南四局でアカギは輸血拒否-。鷲巣はそのアカギの気迫に圧され、ミスを犯してしまう。その結果、二回戦もアカギを勝ちへと導いてしまうのだった。そして三回戦・東一局?二回戦の悪い流れを何とか断ち切りたい鷲巣だが、手はいまいちでツモも悪い・・・。一方、アカギの手牌は好調。うなだれる白服・岡本だが「勝負はここからだ」と怪しく笑う鷲巣だった―。

アカギ、5話のあらすじ

アカギ、5話

4回戦を終えて3億円以上を勝ったアカギたち。一方、大敗を喫した鷲巣は廃人のようにソファで横たわっていた・・・。鷲巣に付き従う白服たち、仰木、安岡、その場にいる誰もが5、6回戦への続行はないだろうと思っていたその時、アカギは寝ている鷲巣へ近寄ってー「もう休憩は終わり。5、6回戦開始だ」と告げる。とても続行など無理という白服たちだったがアカギは鷲巣の目を覚ますために、今まで抜かれた1400ccの血を自ら破棄してしまう。そうして狂気の鷲巣麻雀は5、6回戦へ突入するのだったー四回戦終了時赤木失った血液1400cc鷲巣3億1350万円

アカギ、6話のあらすじ

アカギ、6話

今まで抜かれた1400ccの血を、アカギ自ら破棄して始まった5回戦。そうして迎えた東4局・・・最初はアカギの流れかに見えたのだが、流局間際に安岡がツモ順をズラす痛恨のミスを犯してしまう。そして鷲巣はハネ満をツモあがり、アカギは600ccの血を抜かれる事に。今まで抜かれた1400ccと合わせると、ちょうど致死量の2000cc。仰木・安岡がどうすることも出来ない中、血を抜かれていくアカギだったが・・・5回戦東4局終了時赤木失った血液2000cc鷲巣3億1630万円

アカギ、7話のあらすじ

アカギ、7話

5回戦南4局、アカギはトップを確定させるあがりをみせる。そのまま5回戦の勝利を確定させ、6回戦へいくと思われたが、アカギは誰1人として予想もしなかった連荘を選択する。5回戦続行・・・それは鷲巣にとってはアカギの血を抜くチャンスが増える選択・・・仰木と安岡はアカギに連荘を止め、6回戦へ行くことを説くが「この連荘には意味がある」と言うアカギ―。そして一見無意味な連荘を重ねて、迎えた5回戦南4局5本場で・・・5回戦南4局4本場終了時赤木失った血液2000cc鷲巣3億6650万円

アカギ、8話のあらすじ

アカギ、8話

5回戦で勝負を決してしまおうと連荘を重ねたアカギだったが、後一歩のところで鷲巣に逃げられてしまう。5回戦が終わり総額5億7250万円という大金を得たアカギたちに対して鷲巣は2750万円を残すのみ。勝利は目前と考える仰木と安岡は、興奮を抑えられない。しかしアカギだけが「6回戦は危うい・・・」と苦戦を予想していた。そして血と金を賭けた狂気の鷲巣麻雀、最後の半荘・最終6回戦がいよいよ始まった―5回戦終了時赤木失った血液2000cc鷲巣5億7250万円残り資金2750万円

アカギ、9話のあらすじ

アカギ、9話

6回戦・東3局、アカギは鷲巣になんと親のダブル役満【字一色・小四喜】をあがられ、10万点近い差をつけられてしまう。あと残り6局・・・鷲巣麻雀では逆転は難しい圧倒的な点差に、喜び興奮する白服たち。一方、重苦しい空気に包まれる仰木と安岡。しかしアカギは「勝負はまだ、俺は勝つつもりだ」と言う。そして誰も予想がつかない展開に―6回戦・東2局終了時赤木失った血液2000cc鷲巣5億7250万円残り資金2750万円

アカギ、10話のあらすじ

アカギ、10話

後に裏の麻雀界で伝説として語り継がれたアカギ対鷲巣の闘い・・・その6回戦・南1局1本場、アカギは鷲巣へ親満を直撃し、鷲巣の資金6億円全てを奪い取るだけでなく、血を抜かせるまで追い詰める。「金が足りぬ分は血だ!ワシの血を抜け!」と叫ぶ鷲巣。そんな鷲巣にアカギは「俺の親を止められなきゃ、お前は死ぬ!」と言い放つ。ついに互いの血を賭けた狂気の『鷲巣麻雀』そのクライマックスが訪れようとしていた―6回戦・南1局1本場終了時赤木失った血液2000cc鷲巣失った金6億円失った血液70cc

コメント

タイトルとURLをコピーしました