東海テレビのドラマ「さくらの親子丼2」を動画で見よう

「さくらの親子丼2」の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

「さくらの親子丼2」はFOD(フジテレビオンデマンド)で配信されています。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

さくらの親子丼2、1話のあらすじ

さくらの親子丼2、1話

九十九さくら(真矢ミキ)はさまざまな事情から居場所を無くした子どもたちが暮らす“子どもシェルター”「ハチドリの家」で、調理スタッフとして協力することに。旧知の弁護士・三谷桃子(名取裕子)に頼み込まれたのだ。「ハチドリの家」で暮らす子どもたちは誰もが心に深い傷を負い、大人を信用していなかった。さくらは、親と子が一つになることが幸せにつながるとの思いから親子丼を作るが、子どもたちにはその思いが届かない。

さくらの親子丼2、2話のあらすじ

さくらの親子丼2、2話

“子どもシェルター”「ハチドリの家」を手伝うさくら(真矢ミキ)は、子どもたちが食べることにあまり興味を示さないことが気にかかる。子どもたちは育児放棄や虐待を受け、まともな食事の経験がないことが原因のようだった。ショックを受けつつもさくらは、自分で食べたいものを食べてほしいとの思いから、投票形式で夕食のメニューを決めることを思いつく。一方、施設に身を寄せる玲奈(尾碕真花)に、大変な事態が迫りつつあった。

さくらの親子丼2、3話のあらすじ

さくらの親子丼2、3話

さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。香(塩野瑛久)はさくらを手伝うようになり、女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。ある日、由夏(岡本夏美)は優秀な詩(祷キララ)から相談を受ける。通っている図書館で気になる男子がいるのだが、打ち解け方がわからないというのだ。勉強一筋で、人とうまく関われない詩もまた、壮絶な過去の持ち主だった。

さくらの親子丼2、4話のあらすじ

さくらの親子丼2、4話

クリスマス間近のこと。さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が「ハチドリの家」を出ても、身寄りがないことを知る。香は母子家庭だったが、母親が問題児の香を引き取るのを拒否したのだ。桃子(名取裕子)の話を淡々と聞く香だが・・・。一方、「ハチドリの家」に新たな問題が起こる。鍋島(相島一之)が突然、実父の希輔(秋野太作)をともない、出勤してきたのだ。軽度の認知症を患う希輔が次々問題を起こす中、鍋島がとんでもない行動に出る。

さくらの親子丼2、5話のあらすじ

さくらの親子丼2、5話

年が明けてすぐ、さくら(真矢ミキ)は出雲に出向いていた。貞子(井頭愛海)がこの地にいた形跡があり、記憶喪失の上、出産間際の貞子の身元を調べたくて出雲を訪れたのだ。有力な情報をすぐ得られるはずもなかったが、さくらは思わるところで、貞子を“発見”する。一方、貞子は何かを思い出しそうになっていた。言葉を発せず、もどかしさを感じる貞子は暴れるばかりで・・・。さらにシェルターのスタッフ・弁護士の川端(柄本時生)にも、悩ましい出来事が起きていた。

さくらの親子丼2、6話のあらすじ

さくらの親子丼2、6話

さくら(真矢ミキ)が出雲から「ハチドリの家」に帰ってくると、貞子(井頭愛海)の出産が始まっていた。激痛に耐えられず、大声を出す貞子に驚くさくらだが、助産師がインフルエンザでシェルターに来られないことが判明する。赤ちゃんはすでに頭が見え始めている状態。さくらはこのままシェルターで出産させる決意を固める。やがて苦しみの末、子どもが生まれると、貞子は意識を失ってしまう。その後目覚めた貞子は・・・。

さくらの親子丼2、7話のあらすじ

さくらの親子丼2、7話

桃子(名取裕子)は入居者一人ひとりの進路を決めるべく面談し、さくら(真矢ミキ)も同席する。一人ひとり様々な先への思いがある中、茜(柴田杏花)は結婚を望み、川端(柄本時生)を驚かせる。男性的に生きる事に違和感がある拓士(浦上晟周)は、新宿2丁目でダンサー目指して働きたいとの夢を桃子に語る。一方、香(塩野瑛久)は不審な行動を見せ、夜な夜な無断外出をするようになる。

さくらの親子丼2、8話のあらすじ

さくらの親子丼2、8話

さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が窃盗団の一味として捕まったと知らされ、衝撃を受ける。香が無断外出を繰り返していたのを知っていただけに、自分を責めるさくらだった。桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)が香を救うべく奔走する中、「ハチドリの家」に新たな少女が保護される。少女の顔を見て、さくらは驚くが・・・。一方、過去の数々の犯罪歴により受け入れ先が無く、「ハチドリの家」に1年半以上いる由夏(岡本夏美)が、ついに美容院に職を得るが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました