懐かしのドラマ「下町ロケット」を動画で見よう

 

下町ロケットの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

動画本数22,000本、内訳の約5,000本ドラマやバラエティが過去の作品から最新作までのテレビ、オリジナルコンテンツが豊富。FODならではの大きな特徴です。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

下町ロケット、1話のあらすじ

下町ロケット、1話

下町の町工場・つくだ製作所を経営する佃航平(三上博史)のもとに、一通の訴状が届く。自社の主力製品が、大企業・ナカシマ精機の特許を侵害しているというのだ。相手の法廷戦略により、製作所は存亡の危機に立たされる。一方、帝国重工では国産ロケット打ち上げ計画が進んでいたが、その責任者・財前道生(渡部篤郎)は衝撃的な事実を知る。自社開発した部品の技術が、既につくだ製作所の特許技術として登録されていたのだ。

下町ロケット、2話のあらすじ

下町ロケット、2話

佃(三上博史)はナカシマ精機との第1回公判を終え、慣れない特許裁判の先行きに不安を感じる。裁判の影響からつくだ製作所は大口取引先との契約も徐々に停止され、社員達に動揺が広がる。そんな矢先、特許裁判を得意とする弁護士・神谷涼子(寺島しのぶ)が佃のもとを訪れ、ある提案をする。一方、帝国重工の財前(渡部篤郎)は、主要部品の特許取得がつくだ製作所に先を越されていたことの責任を上司の水原から追及される。

下町ロケット、3話のあらすじ

下町ロケット、3話

佃(三上博史)は帝国重工・財前(渡部篤郎)からの特許買い取り提案を拒否する。会社の経営状況を心配する社員達は、その決断を下した佃に対して反発。部品供給という夢を主張する社長の佃と、現実的な考えを持つ社員達の間に溝が生まれる。一方、財前も特許が手に入らず、社内での立場が危うくなっていた。佃に弁護を名乗り出た神谷(寺島しのぶ)であったが、ナカシマ精機側の弁護士・大川から思わぬ妨害を受け困惑する。

下町ロケット、4話のあらすじ

下町ロケット、4話

佃(三上博史)は元同僚の本木からロケット技術者に復帰しないかと誘われ、夢と現実の間で思い悩む。つくだ製作所の担当を外された財前(渡部篤郎)に代わり、部下の富山が部品供給のテストを実施。技術面、財務面ともに厳しい基準で審査する帝国重工に対して、つくだ製作所の社員達は自信を失う。一方、長引いていたナカシマ精機との特許裁判であったが、神谷(寺島しのぶ)がとった行動をきっかけにして、事態が急転する。

下町ロケット、5話のあらすじ

下町ロケット、5話

一致団結したつくだ製作所は持ち前の技術力を発揮し、部品供給のテストで好成績を得る。しかし、納品において予想外のミスが発覚。佃(三上博史)は富山からテスト中止を通告される。再納品を懇願する佃に対して、富山は断固としてそれを拒否。望みを絶たれた佃の前に、財前(渡部篤郎)が現れる・・・。果たして、佃は自らの夢、そして仲間、家族の夢を乗せて、ロケットを宇宙へと打ち上げることができるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました