懐かしのあのドラマ「ラストクリスマス」を動画で見よう

FOD(フジテレビオンデマンド)であればフジテレビの過去のドラマをパソコンやスマホ、タブレットで振り返り見ることができます。

ラストクリスマスの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODは約20,000本の動画にオリジナルのコンテンツ5000本。そして雑誌の読み放題、約100冊、数えきれない漫画(無料、有料)と豊富な作品が特徴です。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

ラストクリスマス、1話のあらすじ

ラストクリスマス、1話

スポーツ用品会社「ハートスポーツ」の第1事業部主任・春木健次(織田裕二)は、イベントが行われた雪山で青井由季(矢田亜希子)と出会う。由季は取締役・新谷伍郎(伊原剛志)の秘書。その清楚なイメージに伍郎は惹かれている様子だが・・・。ある日曜日。健次のマンション隣室に新たな住人が越して来た。その作業中、引っ越し荷物から何かが落ちた。拾ってみるとそれは暴走族の集合写真。慌てて写真を返した健次は、元レディースが隣に越して来たと会社の部下・葉山達平(森山未來)に電話をしながら、階下で作業中の女の顔を見て絶句。なんとあの由季だった。健次と由季の部屋はもともとひとつ。それを強引に分けたもので、境の壁にはハメ殺しの扉があった・・・。

ラストクリスマス、2話のあらすじ

ラストクリスマス、2話

眠っていた春木健次(織田裕二)は、扉をノックする音で目を覚ました。朝から何事かと玄関に行くが誰もいない。ノックされていたのは、青井由季(矢田亜希子)との部屋を仕切る秘密のドア。叩いていたのはもちろん由季。自室のシャワーが壊れたと言う由季は、健次の部屋のバスルームを貸して欲しいと頼む。断ろうとする健次だが、由季の勢いに押し切られてしまった。シャンプーを忘れたから部屋から持ってきて欲しいと我がまま放題の由季に、健次は仕方なく隣室へ。そこには、由季が自分の病気を告白したDVテープが転がっていた。テープでは深刻な病気を告白していたが、健次には治ったと告げた由季。そして、この自分勝手な行動。そんな由季に、健次は呆れてしまう。

ラストクリスマス、3話のあらすじ

ラストクリスマス、3話

ワールドカップスキーのスーパースター、アレッサンドロ・ロッシの来日が急遽決まり、日本での滞在準備をしなくてはならなくなった春木健次(織田裕二)は大忙し。しかし、他の社員たちは先日行われた企画の打ち上げの真っ最中。健次は、ロッシ来日の件を関係社員に話そうとするが、新谷伍郎(伊原剛志)はパーティーに夢中、葉山達平(森山未來)は受付の須藤恭子(田丸麻紀)をデートに誘ったと浮かれていてそれどころではない様子。さらに、達平は高瀬彩香(MEGUMI)に貢がされて金欠状態だと健次に助けを求めてきた。

ラストクリスマス、4話のあらすじ

ラストクリスマス、4話

春木健次(織田裕二)と葉山達平(森山未來)らが、来日するロッシの取材要領を雑誌編集者たちと打ち合わせていると、眼帯をした新谷伍郎(伊原剛志)が現れた。眼帯は、昨晩健次のマンションを訪ねて来た杉村行彦(勝村政信)に殴られたアザを隠すためだが、伍郎は酔って何も覚えていない様子。本当は、杉村は健次と間違えて伍郎を殴ったのだが・・・。また、健次は青井由季(矢田亜希子)から、杉村が柴田幸子(りょう)の夫だと聞かされたが、こちらもイマイチ信じられないでいる。

ラストクリスマス、5話のあらすじ

ラストクリスマス、5話

いつものエスニックレストランで、春木健次(織田裕二)、青井由季(矢田亜希子)、日垣直哉(玉木宏)、葉山達平(森山未來)、藤沢律子(片瀬那奈)、高瀬彩香(MEGUMI)、新谷伍郎(伊原剛志)らがランチミーティング。今年オープンする温泉スキー場での「ハートスポーツ」クリスマスキャンペーンの打ち合わせだ。打ち合わせが終わり、健次が支払いをしていると、由季が下見に行く現地の地図と日程を取りに来た。先日、定期健診が問題なく終わり、健次の胸に寄り添った由季・・・。そんなことを思い、2人はなんとなく互いを意識してしまう。その時、健次の携帯電話が鳴った。柴田幸子(りょう)からだ。幸子から、由季のことが好きなのではないかと言われた健次は、否定するのだが・・・。

ラストクリスマス、6話のあらすじ

ラストクリスマス、6話

春木健次(織田裕二)の誕生日。健次と青井由季(矢田亜希子)は、2人で一緒にオーロラを見に行こう、と互いの想いを通わせた。しかし、健次と由季の日常に大きな変化はない。言いたい事を言い合って・・・ただ、秘密の扉に張られた地図では、健次と由季、2人のピンがイエローナイフに刺さっていた。出社前の健次と由季が貴子(加賀まりこ)の病室を見舞う。2人の関係を知らされ、自分の予感は満更でもないと微笑む貴子は、外出したいと2人に告げた。小学校時代の同窓会に出席したいらしい。そこには初恋の相手も来る予定とか・・・。

ラストクリスマス、7話のあらすじ

ラストクリスマス、7話

「ハートスポーツ」第1事業部では、春木健次(織田裕二)が中心になって、クリスマスキャンペーンに向けての準備が着々と進行していた。そんな中、青井由季(矢田亜希子)は藤沢律子(片瀬那奈)との関係が上手くいかない日垣直哉(玉木宏)からのアプローチを避けてはいたが、少々動揺している。また、健次も元恋人の白河仁美(桜井幸子)に“助けて欲しい”と言われたことが気になっている。そんな時、残業中の健次に仁美から電話が入った。先日の言葉が気になる健次は、「何か用があるのでは?」と問うのだが、仁美は大丈夫だと電話を切った。

ラストクリスマス、8話のあらすじ

ラストクリスマス、8話

春木健次(織田裕二)は、柴田幸子(りょう)とクリスマスキャンペーンの打ち合わせ。その後、健次が青井由季(矢田亜希子)との間に別れ話が出たことを幸子に話す。健次は、元婚約者の白河仁美(桜井幸子)の出現に由季が気を遣って別れ話を切り出したので、余計な心配をしなくて良いと言ったと語る。すると幸子は、それは由季が健次に甘えたかっただけだと評した。しかし、幸子は頼れる人がいなくなった仁美を健次に放っておけるのかと尋ねる。健次は苦笑いで答えを返すが・・・。

ラストクリスマス、9話のあらすじ

ラストクリスマス、9話

「ハートスポーツ」は今季限りでウィンタースポーツ部門から撤退することになった。そんな中、春木健次(織田裕二)たちが付き添って、新谷伍郎(伊原剛志)がクリスマススペシャルのスノーボードを紹介するためにテレビ出演する。しかし、伍郎のスノーボードの紹介は支離滅裂。紹介どころではなかったのだが、伍郎はひとり御機嫌な様子。ぐったりして会社に帰った健次だったが、ウィンタースポーツからの撤退の瀬戸際だが、最後まで今の方針のまま頑張ろうと社員に檄を飛ばした。

ラストクリスマス、10話のあらすじ

ラストクリスマス、10話

壁と化した“秘密の扉”に暗示されるかのように、春木健次(織田裕二)と青井由季(矢田亜希子)の間には、もう1つの大きな壁が立ちはだかる。由季の病気の再発だ。入院を余儀なくされる由季だが、その前日までいつものように振舞い、入院してからも、病気の克服を信じて努めて明るく接して行く2人。そして健次は「ハートスポーツ」のスキー部門撤退を何とか阻止しようと精力的に働き始めた。一方、彩香(MEGUMI)は退職を決意。驚いた達平(森山未來)が引き止めようとするが・・・。

ラストクリスマス、11話のあらすじ

ラストクリスマス、11話

春木健次(織田裕二)が、販促のために企画したショップの店頭イベントの準備に忙殺される中、青井由季(矢田亜希子)が、病室から姿を消した・・・。一体由季はどこへ?果たして、健次は由季を探し出すことが出来るのか?日垣直哉(玉木宏)と、直哉を残してニューヨークに発とうとする藤沢律子(片瀬那奈)の互いを思いやる気持ちの行き着く先は?葉山達平(森山未來)の高瀬彩香(MEGUMI)への想いはどうなる?恋する登場人物たちのクリスマスは、果たして・・・?

コメント

タイトルとURLをコピーしました