懐かしのあのドラマ「正義は勝つ Justice・for・all」を動画で見よう

正義は勝つ Justice・for・allの動画

フジテレビの懐かしのドラマ、見ていた人も見ていなかった人もタイトルは知っているという作品が沢山ですね。

正義は勝つ Justice・for・allの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODではフジテレビの新しい作品から、過去の作品までドラマを振り返り見ることができます。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

正義は勝つ Justice・for・all、1話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、1話

裁判所に駆け込む姫野京子(鶴田真由)。小法廷で審理に臨む所長塚田等(谷啓)に準備書面を届けようと急いでいた。一方、大法廷では、裁判が進んでいた。原告は、理不尽な異動を断り、解雇されたと訴える男性。被告、会社弁護人は高岡淳平(織田裕二)。同僚石田学(段田安則)や戸川光江(室井滋)が、裁判の流れを見つめる。反対尋問で淳平は、写真を示した。写っていたのは原告がライバル会社の社員から金らしきものを受け取る場面。旗色が悪かった裁判だったが、形勢は一気に逆転し、淳平は26連勝。「裁判は勝つことより、真実を明らかにすることが大切」。京子は、法廷から出てきて、インタビューに答える淳平に出くわし、その発言を聞いた。京子の胸の内に、憧れ?理想?ともつかない炎がともった。京子は、弁護士会館の図書室で、また淳平に出会った。「高岡先生が、目標なんです」と告白する京子。しかし、淳平は「だったら今すぐ弁護士を辞めたほうがいい」と、言い残して去っていく。淳平の裁判を京子は傍聴にいった。裁判は、有給休暇を強引に取ったとして解雇された女性の訴えを審理。原告弁護士はやり手。被告会社側の淳平の旗色は悪い。傍聴席に、原告の婚約者や同僚らを集め、淳平は有給休暇は不倫旅行だったと平然と暴く。裁判は淳平が勝った。法廷から引き上げる淳平を追い、前に回った京子。しばし見つめたあと「私あなたのこと許せません」と言い切るのだった。

正義は勝つ Justice・for・all、2話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、2話

淳平(織田裕二)との出会いや、やりとりの言葉が頭から離れない京子(鶴田真由)。もの思いにふける様子を塚田事務所の直子(井上晴美)や布施(高杉亘)にからかわれることしきり。そんなある日、京子は塚田(谷啓)から先輩弁護士狩部(奥村公延)の手伝いをするよう頼まれる。京子にとって初めての裁判経験。京子は意気込むのだった。裁判は医療過誤事件。病院で死亡した患者の家族が、病院の対応に不審を持ち起こしたのだが、被告、病院側弁護士は淳平だった。淳平の周囲では、27連勝という功績をバックに、主宰の大内(井上順)が淳平を、事務所のパートナーに推す動きが出始めていた。おもしろくない光江(室井滋)は、淳平の経歴や過去を調べ始めた。病院側に落ち度があったらしいことに気づいている淳平。だが、任された以上、とことん闘う覚悟でいた。裁判前日、京子は病院のミスを証明する決定的な証拠を手に入れるのだが・・・・・・。

正義は勝つ Justice・for・all、3話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、3話

淳平(織田裕二)について、思いにふけることもなくなった京子(鶴田真由)は、塚田(谷啓)からセクハラ裁判を担当するよう頼まれる。裁判は、ある理科大学の教授が、女性助教授に対し、研究室でいかがわしい行為をしたというもの。京子は訴えられた被告側弁護人。塚田事務所は、京子のデビューに事務所をあげて応援する。相手、原告側弁護士は、ベテランで実力もある平瀬大三(小林茂光)。淳平の事務所セントラル・ロー・オフィスでも、平瀬は煙たい存在。あるパーティで、淳平は大内(井上順)に、平瀬を紹介され、潰すように暗に指示される。現場を見聞、教授や研究者から事情聴取したが、決め手のないまま裁判に臨む京子。平瀬は、裁判官への訴え方まで原告の女性助教授に指導し万全の構え。京子はベテランの平瀬に翻弄され、裁判の形勢は不利。そこへこの裁判には裏があると調べていた淳平が助け船をだすのだった。

正義は勝つ Justice・for・all、4話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、4話

淳平(織田裕二)は、著作権侵害事件を担当するよう大内(井上順)に命じられる。すでに亡くなっている画家が描いた「月」三部作のうち、「一点は、自分が描いたもの」として、この画家の友人の、やはり画家が、画集の出版社を相手に、裁判を起こしたのだ。セントラル・ロー・オフィスでは、著作権侵害裁判は、女性弁護士の光江(室井滋)が、担当してきた。光江は、内心おもしろくない。淳平の存在が気になる京子(鶴田真由)は、石田(段田安則)を呼び出して、淳平について情報収集。淳平の父が弁護士だったことがわかり、直子(井上晴美)、布施(高杉亘)らが、淳平の経歴を含め調べ始めた。淳平の過去については光江も関心を持っている。問題の一点だけ、画家のサインがなく、鑑定結果も百%、四点が同一の画家によって描かれたとは断定できないという。淳平にとって不利な材料が揃っているうえ、光江は相手弁護士に、淳平の弱みを内通する。29連勝なるか淳平?淳平の父とは───。

正義は勝つ Justice・for・all、5話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、5話

「淳平(織田裕二)の父親が弁護士で、裁判に負け、弁護士資格を失って自殺」。直子(井上晴美)に聞かされた京子(鶴田真由)は、ますます淳平に興味を持つ。それにしても淳平の父、健次郎(津嘉山正種)は、どんな弁護士で、なぜ自殺?調べるつもりで行った弁護士会館で、京子は淳平にばったり。著作権裁判で、ヒントを与えたこともあり京子は淳平に、ランチを奢らせることに成功し、父親のことを切り出すのだが、淳平は「親の性格を受け継ぐかどうかは、子供の意思」と言い切り、京子は淳平の父親への拘りを感じる。石田(段田安則)は、淳平や光江(室井滋)の後押しで、大手の損保会社が火災保険の未支払いを理由に訴えられた裁判を担当することになった。塚田(谷啓)と健次郎とは共に助け合う親友だった。墓参りする塚田も淳平について思いを巡らす。やり手女性弁護士江波麗(余貴美子)に、証人の少年が事前に丸め込まれ、窮地に立つ石田を、淳平が助けるのだが・・・・・・。

正義は勝つ Justice・for・all、6話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、6話

淳平(織田裕二)はセントラル・ロー・オフィスの経営陣に加わった。しかし、石田(段田安則)を陥れたような火災保険絡みの裁判に、淳平自身釈然としていない。京子(鶴田真由)は塚田(谷啓)に、博覧会が突然中止になったため、注文されたノベルティが、納品できなくなり、損害を被ったとして中小メーカーが起こした裁判を担当するよう言われる。すべてが口約束。確かに注文を受けたことが立証できなければ、裁判に勝てない。京子は、淳平にも相談、証拠や証言を探しに躍起となるが、なかなか見つからない。「自分が注文ファックスを送った」という、決定的証人と思える被告会社の社員が現れ、その注文したファックスも見つかった。「勝てる」とはやる京子。しかし、京子が決定的証拠と考えた注文書は、その社員と依頼主の会社社長がでっちあげたものだった。真実を明らかにすることが弁護士の務めと考える京子は悩む。そんな京子に淳平は心強いアドバイスをするのだった。

正義は勝つ Justice・for・all、7話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、7話

淳平(織田裕二)は、父親の健次郎(津嘉山正種)が、弁護士資格を剥奪され、自殺に追い込まれる原因となった総合商社の弁護を担当することになった。中南米のホテルで社員が死亡。休暇届が出ていたが、社員の妻が度重なる海外出張による過労死と労災の認定を求めてきた裁判だった。京子(鶴田真由)はふとしたきっかけで、健次郎と塚田(谷啓)、少年時代の淳平、それにセントラル・ロー・オフィスの大内(井上順)が一緒に写る写真を見つけ、塚田から、健次郎が自殺に至った経過や原因を聞かされる。父親を死に追いやった会社の弁護をなぜ?疑問をぶつける京子に淳平は、「弁護士は依頼人を選ばない」と言い切るのだった。普段依頼されない総合商社が、なぜ今回に限り依頼してきたのか、石田(段田安則)は、事務所の経理を調べるうち、商社から不審な金の流れを突き止める。淳平も裁判準備の調査をするうちそれに気づく。裁判開始、淳平は社員は自殺、会社側に責任はないと主張するのだった。

正義は勝つ Justice・for・all、8話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、8話

労災死の認定裁判で、被告会社側の弁護士として“自殺”を主張し、会社側に責任はないとした淳平(織田裕二)に、大内(井上順)や総合商社専務の岩淵(団時朗)はおおいに満足。しかし、淳平の真の目的は、彼らの信頼を得て父親健次郎(津嘉山正種)が、しようとしてできなかった岩淵らの不法行為を告発することだった。京子(鶴田真由)は、「この裁判を乗り超えなければ弁護士になった意味がない」といった淳平の言葉が頭から離れない。正義とは何か、弁護士とは何か、京子の思いは深い。岩淵と大内が結託してマネーロンダリングしていることは分かっているが、淳平の調査はなかなか進まない。石田(段田安則)から、淳平の真意を聞いた京子は、塚田(谷啓)から健次郎の裁判記録を借り調べ始め、淳平の調査が行き詰っていた、KI・CO・・・・・・の略号と病院名が並記された書類を見つける。淳平は、総合商社が裏で不法な臓器取り引きをし、巨利を得ていたことを突き止め、大内、岩淵にこの事実をぶつけたのだったが・・・・・・。

正義は勝つ Justice・for・all、9話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、9話

淳平(織田裕二)は、横領容疑で検察庁に任意同行を求められた。労災の認定を巡る裁判の資料を集めるうち不法行為に気づいた淳平。淳平にその不法行為を告発されないため、ビッグストーン・インターナショナルが逆に淳平を、告発してきたのだった。一端、自宅に帰された淳平。しかし間もなく、正式に逮捕状が出て、淳平はマスコミのフラッシュの中、連行されて行く。京子(鶴田真由)と石田(段田安則)は、連行直前の淳平からビッグストーンの臓器密輸、それを手助けするセントラル・ロー・オフィスの不法行為を聞かされ、淳平の横領容疑を晴らそうと動き始める。一方、大内(井上順)も次々手をうち、労災認定裁判は和解で決着させ、淳平は解雇、弁護士会にも淳平の退会届を出して、淳平は弁護士活動ができない。京子らの努力により証拠不十分で釈放された淳平だが、胸に弁護士バッジはない。世間の目は厳しい。心配する京子に淳平は「弁護士じゃなくても、戦える」と決意を新たに語るのだった。

正義は勝つ Justice・for・all、10話のあらすじ

正義は勝つ Justice・for・all、10話

「弁護士でなくても戦える」。京子(鶴田真由)にきっぱり語った淳平(織田裕二)は、塚田(谷啓)に検事郷田(古尾谷雅人)を紹介してもらい、セントラル・ロー・オフィスと主宰の大内(井上順)を脱税、所得税法違反で告発する。郷田は淳平の父健次郎(津嘉山正種)の横領事件を担当した検事だった。大内は逮捕、起訴された。しかし、泰然として動揺をみせない。淳平は、公判のカギは、不透明な金の流れと、臓器密輸、売買の関係立証と判断、京子や石田(段田安則)の協力を得て、証拠集めを始める。公判が始まった。郷田の追及に、「見解の相違」と大内は交わし「弁護士には守秘義務がある。依頼人の違法行為を知ったら、弁護士契約を破棄する。そういう私に動機はない」と独自の正義論を展開する。告発者として証言台に立った淳平は、臓器売買を暴露。「動機は私の父が、予想に反し自殺したこと。父の正義を認めたくないため、不正行為に加担」と、大内を追及するのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました