懐かしのドラマ「海月姫」を動画で見よう

海月姫、配信動画

海月姫の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

「海月姫」はFOD(フジテレビオンデマンド)で配信中。無料視聴期間を上手に利用するのが賢い方法ですね。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

海月姫、1話のあらすじ

海月姫、1話

ある朝、『天水館』自室のベッドで目覚めた倉下月海(芳根京子)は、隣を見てビックリ。なんと上半身裸の男が寝ているではないか・・・なぜ男が?月海は昨晩のことを思い起こす。それは10時間前、夜9時頃のこと。クラゲオタクの月海は、久しぶりに近所の熱帯魚店にクララと名前までつけているクラゲを見に行った。月海は、その水槽にタコクラゲ・クララと一緒に飼ってはいけないミズクラゲが一緒に入っていることに気づいた。熱帯魚店の店員に注意しようと思う月海だが、相手はオシャレな男性店員。月海が大苦手の人種だ。それでもクララのためと月海は勇気を振り絞って注意するのだが、店員に気味悪がられて追い出され、店の前で倒れてしまう。そんな店員を注意するスタイル抜群の美女が月海を助けてくれた。月海がわけを話すと、その美女はクララを買ってしまおうとお持ち帰り。美女はクララを持つ月海とともに『天水館』まで来ると部屋まで見たいと言い出した。美女は月海の部屋に勝手に泊まることにしてしまい・・・。そして、次の朝、目覚めた月海が大声を出すことに。美女が上半身裸の男、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に変身していたのだ。蔵之介によると女装は趣味らしい。月海の声を聞きつけた住人たちが集まってくる。慌てる月海は『天水館』は男子禁制の尼寺のようなところだと蔵之介に説明。女装姿に戻った蔵之介が月海と部屋を出ると、独特な住人たちがいて・・・。

海月姫、2話のあらすじ

海月姫、2話

『天水館』の朝。大慌ての倉下月海(芳根京子)が広間に駆け込み、ジジ様(木南晴夏)たちに目白先生が締切日を間違えていたことを報告。目白先生はBL漫画家で、収入の乏しい“尼~ず”たちは時にアシスタントをしていた。ともあれ、明日に迫った締切に間に合わすべく、月海たちは原稿の仕上げを始めるが、そんな時、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まり・・・。月海は鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめられたことを思い出したのだ。千絵子(富山えり子)たちが月海を心配していると、蔵之介(瀬戸康史)が現れる。月海は修に抱きしめられたことを蔵之介に問われるとますます混乱。そんな月海をよそに蔵之介が手を洗おうと台所の蛇口をひねると排水管が破裂!月海の部屋で体を拭いて着替えを借りる蔵之介。その時、蔵之介は「修から月海の母の話を聞いた」と話す。そして、ふと「気持ちがわかる」と漏らす蔵之介。月海は聞き返そうとするが、蔵之介が濡れた服を脱ぎ始めたので部屋を出た。排水管の修理代は20万円。だが、ほぼニート状態の月海たちに持ち合わせなどあるはずがなく・・・。すると、蔵之介は“尼~ず”たちの収集品をフリーマーケットで売ろうと提案。一応、自分たちの持ち物を出品する“尼~ず”たちだが、大事なオタクグッズを売るつもりなどはなからない様子。だが、月海が作ったクラゲのぬいぐるみが普通に売れて評判も上々。これに目をつけた蔵之介はネット販売を思いつく。

海月姫、3話のあらすじ

海月姫、3話

倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられずにいた。しかし、蔵之介は本気。月海の部屋で図鑑を見た蔵之介は、早速ドレスのデザインをスケッチし始める。月海は「全然違う」と、自分が描いたハナガサクラゲのデッサンを見せると、蔵之介は思わず「こんなドレスがあったら欲しい」と言う。そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、風呂が空いたと月海を呼びに。男の格好だった蔵之介は姿を消す。蔵之介が家に帰ると修(工藤阿須加)が部屋を訪ねてきた。修は、月海と会いたいがどうすれば良いかわからない状態に。月海と付き合わせると言った約束がまだ有効かと蔵之介に問う修。すると蔵之介は、月海に声をかけると請け負う。『天水館』に行った蔵之介は修とデートするよう月海に告げる。月海は行きたくないと即答。修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思っていたからだ。蔵之介は「直接修に聞いてみれば良い」と言うが、月海には無理。さらに、男性とデートなどしたら『天水館』にいられなくなると続ける月海に、蔵之介は強引にメイクを施して出かけさせる。月海と修は無事に落ち合うが、ギクシャクしたデートが続く。そんな中、メガネをかけた月海を見た修は『天水館』で「気色悪い」と言ってしまった女性だと気づく。一方、蔵之介は“尼~ず”にクラゲのドレスを作ると宣言。気乗りしない面々に、蔵之介はドレスで儲けた金で『天水館』を救おうと言い出す。

海月姫、4話のあらすじ

海月姫、4話

倉下月海(芳根京子)に思いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い返されてしまう。ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰宅。こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったが、ちょっと様子がおかしく―。千絵子は、蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を2人は信じ、帰ってきたのだった。ジジ様たちが北京ダックをおごってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。月海とばんばさんを伴い、自分たちもおごってもらおうと『天水館』を後にする。蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。そこはオシャレなクラブだった。月海たちは浮きまくり、琴音たちにバカにされ・・・。蔵之介は月海たちを連れ出すものの、傷ついた“尼~ず”は帰ってしまう。ばんばさんとまややは「二度と蔵之介とは関わらない」と宣言、蔵之介は『天水館』と関わることができなくなってしまうのか。後日、蔵之介は琴音から「クラゲのドレスを作って欲しい」と連絡を受ける。琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。蔵之介は月海たちに話をするのだが・・・。

海月姫、5話のあらすじ

海月姫、5話

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主である千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼~ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に「儲けが出たら趣味の品を買えるかも」と言われてやる気に。作戦会議を始めた“尼~ず”だが、販売用のドレスを作るためには彼女たちの力では難しく・・・。そこで縫製のプロを雇うことを決意。すると千絵子は友人に適任者がいると月海たちを連れて頼みに出かける。月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物で、クラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作り始めた。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。さらに、ひょんなことから“尼~ず”のひとり、まややがモデルとしてステージに立つことに。顔を覆っていたまややの前髪の秘密が明らかに・・・。

海月姫、6話のあらすじ

海月姫、6話

『天水館』で行われた月海(芳根京子)たちのブランド“ジェリーフィッシュ”のファッションショーは成功した。しかし、ショーの後に蔵之介(瀬戸康史)にキスされた月海は心ここにあらずの状態に。一方、蔵之介はショーの最中に天水地区再開発反対を発表したことで、賛成派の父、慶一郎(北大路欣也)に叱られてしまう。スポーツ紙などはショーよりも親子対決を大きく取り上げることに・・・。その頃、修(工藤阿須加)は議員会館で慶一郎の後援者などからの電話対応に追われていた。そこに紛れて別の内容の電話が・・・。それは、蔵之介の実母、リナ(若村麻由美)からだった。リナは蔵之介がショーで着ていたドレスの注文を修に頼む。しかも「蔵之介には内緒で」ということだった。マスコミが騒いでいるため、慶一郎に自宅謹慎を申し付けられた蔵之介だったが、じっとしているわけはなく、自宅前で待ち構えるマスコミの前にジェリーフィッシュの服で姿を現した蔵之介はちゃっかり宣伝する。その足で『天水館』を訪ねた蔵之介は“尼~ず”たちに「ジェリーフィッシュのホームページを立ち上げてドレスのオーダーをとろう」と促した。そんな蔵之介を自室に呼んだ月海は、昨夜のキスの意味を尋ねるが、蔵之介に「挨拶みたいなもの」とあっさりかわされてしまう。月海が生地を買いに行くと修と会う。修は月海に「みんなには内緒でドレスを作ってほしい」と頼むが、リナの注文だとは言わなかった。修に送られて『天水館』に戻る月海の姿を蔵之介が目撃していた―。

海月姫、7話のあらすじ

海月姫、7話

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。“尼~ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく。そんな時、『天水館』の月海宛てに一通の手紙が届いた。差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、封を切ったまやや(内田理央)が固まる。蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。内容はまさに月海へのプロポーズだった。ばんばさん(松井玲奈)や千絵子(富山えり子)も動転する中、蔵之介は修のフライングに歯噛みする。そんな混乱の最中に、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに早く出て行けと迫る。千絵子は母にここで服を作っていると説明。蔵之介も服を売って『天水館』を買いたいと話した。しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。しかし、千絵子は母に内緒で『天水館』の権利証を隠していた。契約までの時間を引き延ばした月海たちは、ジジ様の提案でファッション界のバイヤーやスタイリストなどが集まるプロモーションスペースに出店することにする。

海月姫、8話のあらすじ

海月姫、8話

月海(芳根京子)たちはプロモーションスペースに自身らのブランド『ジェリーフィッシュ』を出店。客足は全く良くなかったが、アジアでセレクトショップを展開するカイ・フィッシュ(賀来賢人)には認められることに。カイは月海と蔵之介(瀬戸康史)に、ドレスとデザインを買い取りたいと申し出る。それどころか、条件として月海をシンガポールに連れて行き、新ブランドを展開したいと・・・。そして、月海の才能を埋もれさせたくないと、部下のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意を命令する。蔵之介は「月海やドレスのことを理解していない」とカイの提案を断るが、蔵之介と部屋を出る月海に、カイは連絡先を教えて。蔵之介と月海がプロモーションスペースに戻ると“尼~ず”たちの姿はなく、2人を迎えたのは稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)だった。稲荷は『天水館』の売買契約が成立したと月海と蔵之介に伝える。すぐに『天水館』に戻る2人だが、さすがの蔵之介も打つ手なく沈んでしまう。一方「困った時には連絡するように」と修(工藤阿須加)に言われていた月海は彼に電話するも、出てもらえない。勇気を出して鯉淵家を訪ねる月海だが、修は不在。そんな月海を慶一郎(北大路欣也)と容子(床嶋佳子)が家に迎え入れる。月海は『天水館』が売却されてしまったことを慶一郎に相談するが、自分にはどうすることも出来ないと言われてしまう。頼る術がなくなった月海は、カイにもらった名刺に目を落とし・・・。

海月姫、9話のあらすじ

海月姫、9話

月海(芳根京子)は蔵之介(瀬戸康史)や“尼~ず”が映ったテレビ番組を見て号泣。『天水館』に帰って来いという仲間の気持ちが伝わり、寂しい思いがあふれる。そんな月海に、カイ・フィッシュ(賀来賢人)は「戻りたければ戻っても良い」と告げる。ただし、月海が戻れば『天水館』は取り戻せなくなる、と。月海はカイに従うしかないと決意する。白いシャツに着替えさせられた月海は、カイに雇われたデザイナーたちが集うサロン『CUBE』へ。オシャレ女子たちにドレスのデザイン画を見られる月海。すると彼女たちから、カイに必要なのは利益になるデザインだと言われてしまう。月海のデザインはゴミにすぎない、と・・・。「訂正してください」と憤る月海をファヨン(伊藤ゆみ)が連れ出す。ファヨンは在庫として売れ残った服が大量に置かれた倉庫を月海に見せ、全てを燃やしてしまうのだと教える。売れ残った服を安く売ったら、それを買った客は次回から定価では買ってくれないという論理。月海には理解できず戸惑う一方・・・。蔵之介と修(工藤阿須加)は月海を探す方法を、花森よしお(要潤)と杉本(浜野謙太)に相談。杉本は、カイの会社が行う来シーズンのショーモデルのオーディションに潜入して月海の居場所を探るよう提案する。蔵之介はオーディション会場へ。修も行きたかったが、イタリアに行っていた間に溜まった仕事をこなさなければならず断念。一方、“尼~ず”たちはジジ様(木南晴夏)の考えで、自立のために仕事を探し始める。

海月姫、10話のあらすじ

海月姫、10話

『天水館』を出た月海(芳根京子)は、とりあえず漫画喫茶で過ごすことに。そんな月海の個室を蔵之介(瀬戸康史)が訪ねて来た。クラゲのクララを預かった蔵之介は、飼育方法を聞きたかったのだ。すると、隣近所の個室からジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)、千絵子(富山えり子)が次々に現れ。“尼~ず”卒業と言いつつも、結局みんな一緒にいることにあきれる蔵之介。ともかく蔵之介は月海とともに『天水館』に残してきたクララの飼育道具を取りに行くことに。途中、修(工藤阿須加)からのプロポーズの返事を蔵之介に聞かれた月海は、まだ頭の整理がついていないと答える。その頃、鯉淵家では、修が月海にプロポーズしたことを花森(要潤)に報告。プロポーズの言葉を聞いた花森は「2点」と酷評します。一方、再開発計画の見直しを知った稲荷(泉里香)は佐々木(安井順平)と慶一郎(北大路欣也)に事実確認に行く。顔を出した修も交えたところで、慶一郎は反対派が無視出来なくなったので行政として見直すと伝えた。月海たちが『天水館』に着くと人の気配が・・・。現れたのは、カイ・フィッシュ(賀来賢人)。デザイナーは続けないと言う月海を残念がるカイは、蔵之介が才能を捨てさせたと告げ、よく考えるよう月海に言い残して去った。漫画喫茶に戻った蔵之介は『ジェリーフィッシュ』の解散を改めて宣言。すると“尼~ず”たちは・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました