懐かしのドラマ「ニューヨーク恋物語」をネット動画で見ちゃおう

ニューヨーク恋物語、配信動画

懐かしのドラマ「ニューヨーク恋物語」はフジテレビのドラマ。つまりFOD(フジテレビオンデマンド)で見るのがおすすめです。というより作品によってはフジテレビオンデマンドでしか見ることができません。

ニューヨーク恋物語の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODの最大の特徴、オリジナルコンテンツは過去の作品から、今の作品まで長年の蓄積のたまものなんですね。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

ニューヨーク恋物語、1話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、1話

相川里美(桜田淳子)は世界の金融の中心、アメリカ・ウォール街の証券会社に勤めているが、まだほんのアシスタント。いつの日か、キャリアウーマンになる日を夢みている。その里美を、日本からいとこの茅野明子(岸本加世子)が訪ねてくる。地味なスーツに眼鏡の明子は、初めてのニューヨークにおびえきっていた。’88年の初夏。マンハッタンのカフェテラスでは田島雅之(田村正和)が軽食をとっていた。席を立つとき、田島の手にした新聞がテーブルのケチャップびんに触れた。びんが倒れて近くにいた留学生・瀬尾さやか(五十嵐いづみ)の白いワンピースを汚してしまう。田島はすぐ近くのブティックで、白いワンピースを買い、さやかに与える。驚きながら、田島の渋い魅力にひかれる19歳のさやか。数日後、さやかはパークアベニューで田島を見かけた。部屋の前まで後をつけ、インターフォンを鳴らす。ちょっとためらった田島はドアを開ける。白いワンピースを着て立っているさやかを見て、田島は息を呑む。そして「昔、同じことがあったんだよ」と一言。さやかは田島の部屋で拳銃を見つけた。「また会って」と言って部屋を出るさやか。2人には、年の差を超えた運命的な何かがある。その田島は、日本人相手の小さなバーを経営しているが、何か人に言えない過去があるようだ。明子がアメリカに来たのは、結婚を約束した男を、別の女に奪われ、そのショックと、世間体を気にして日本にいられなくなったためだった。ブルックリンの里美のアパートで、明子と里美、そして里美のルームメイトで、同じ会社の韓国人OL・張美姫(李恵淑)の3人の生活が始まった。ある日、里美が深刻な顔をして仕事から帰ってきた。アメリカ人の大金持ちから、別荘での食事に招待された。行けば大口の客になってもらえ、出世のチャンスだが、それは彼の女になることでもある、とのジレンマだった。「行くなんて、とんでもない」と反対する明子。だが里美は「あなたは親類のなかで一番の優等生。私はいつも明子と比べられ、親にまでバカにされてきた。ここで成功しなければ、日本には帰れない。その気持ち、あなたにはわからない」と言い、翌日金持ちの別荘へ向かった。だがその夜、里美は顔をはらして帰ってきた。最後の最後になって、彼女を抱こうとする金持ちに抵抗、メチャメチャに殴られたのだ。里美は客を失い、心は深く傷ついた。自分の運命は自分で切り開くしかないニューヨークでは、男も女も孤独である。里美の心の傷を癒そうにも、どうすることもできない明子。そんな明子が街で、田島とふとしたことで知り合うことになる・・・。一方、さやかは田島と蟹料理の店で食事をする。「母が東京から来ている」と聞いた田島はさやかに、「それなら呼んであげなさい」と言う。間もなく瀬尾リツ子(夏桂子)が店に来た。お互いの顔を見て思わずハッとする田島とリツ子だった。2人はその昔・・・・・。

ニューヨーク恋物語、2話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、2話

ニューヨークの証券会社OLの相川里美(桜田淳子)は、別の証券会社のやり手、ジーン・カートニー(シャロン・ガーター)がインサイダー取引をしている情報をつかむ。里美はそれをネタにジーンをおどし、彼女の客を取ろうとする。だがジーンもタフだった。彼女の依頼を受けた田島雅之(田村正和)は里美を呼び出して札束を見せ、「これで手を引かないと痛い目にあう」とすごむ。里美のいとこの茅野明子(岸本加世子)はやっとニューヨークの街をひとりで歩けるようになり、婚約破棄された痛手からほんの少し立ち直る。一方、田島の昔の恋人・瀬尾リツ子(夏桂子)はまだ田島が忘れられないでいた。また、田島にひかれていく張美姫(李恵淑)、その美姫に夢中の小池(柳葉敏郎)らを―。

ニューヨーク恋物語、3話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、3話

田島雅之(田村正和)と瀬尾リツ子(夏桂子)は、ニューヨークの街角でばったりと会う。まだ田島が忘れられないリツ子だった。リツ子は、田島にほのかに恋心を抱く娘のさやか(五十嵐いづみ)に、田島との過去を始めて話す、出世主義者の田島に捨てられたリツ子は別の男と結婚してさやかを生むが離婚、その後田島と再会し、しばらく愛人関係になっていたのだ。さやかは「そんなの恋じゃない」と怒るが、リツ子は「恋だった」と言う。思い余ったさやかは田島を訪ね、怒りをぶつけるが田島は「おれはママのために人生を捨てたんだ」と答える・・・・・・。

ニューヨーク恋物語、4話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、4話

茅野明子(岸本加世子)はようやくニューヨークの生活になれてきた。坂入正弘(真田広之)とカフェに入った明子は、自分が婚約破棄された女であることを告白する。だが坂入は、みんなが突っ張って生きるなかで、ちっとも飾らない明子が好きになる。一方、田島雅之(田村正和)は瀬尾リツ子(夏桂子)の娘・さやか(五十嵐いづみ)に、「君のママとの関係を妻に知られた時、妻がママのことを侮辱した。それで妻と離婚、すべてを捨ててニューヨークに来た」と語る。一方、張美姫(李恵淑)は田島に愛が欲しいとせまる。そして、明子は田島と何度か出会い、その影のある生き方にひかれて行く。

ニューヨーク恋物語、5話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、5話

坂入正弘(真田広之)に「好きだ」と言われた茅野明子(岸本加世子)、相川里美(桜田淳子)は、そんな明子がねたましいが表面は「一緒に日本に帰れば」と言う。相変わらず明子は田島雅之(田村正和)のことが気になっていた。張美姫(李恵淑)が田島に冷たくされ、自殺しようとしたのをきっかけに、明子は田島を訪ね、「女をおもちゃにしないで」と言う。だが、田島は明子の言葉には耳を貸さず、明子を抱きすくめ、キスをする。独立記念日の夜。マンハッタンの夜空を焦がす花火を窓の外に、明子は田島に身をゆだねる。

ニューヨーク恋物語、6話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、6話

アメリカ独立記念日の夜、田島雅之(田村正和)に強引にキスされた茅野明子(岸本加世子)。坂入正弘(真田広之)から「一緒に帰ろう」と誘われて応じたものの、心の底では田島を求めていた。相川里美(桜田淳子)は、アメリカ人の金持ちに体を許し、その代償に株の客を紹介してもらい、一人前のセールス・トレーダーになる。企業乗っとり計画に失敗した田島に瀬尾リツ子(夏桂子)は「あなたがすべてを失っても、ついて行く」と求愛するが、男のプライドから田島は拒否・・・・・・。それぞれが悩みながら人生へのチョイスをしていた。そして日本に帰る飛行機の搭乗手続きの直前、明子は「私は田島さんが好き」と坂入の前で泣き崩れる。

ニューヨーク恋物語、7話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、7話

ニューヨークの空港で「私は田島さんが好き」と坂入正弘(真田広之)の前で泣き出した茅野明子(岸本加世子)。結局、明子だけが日本に帰った。そして1年後。椅子メーカーの社員になった明子は、見違えるようないい女になって、ニューヨークに出張してきた。明子は坂入を探す。彼は子持ちのアメリカ女性と同棲していた。さみしげな坂入に、「ごめんなさい」としか言えない明子だった。田島雅之(田村正和)の消息はまったくわからない。だがある日、田島が落ちぶれて浮浪者同様になっているとの噂が伝わってくる。

ニューヨーク恋物語、8話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、8話

ニューヨーク・セントラルパークで、落ちぶれた田島雅之(田村正和)を発見した茅野明子(岸本加世子)は、黙って彼の部屋までついて行くが、田島は「俺に文句があるか!」と怒って目の前でドアを閉める。彼を慕って日本から来たことへの答えがこれだった。だが明子は、滞納したままの田島の家賃を払うなど、なんとか彼の心を開こうとする。一方、キャリアウーマンとして成功した相川里美(桜田淳子)は、ふとすべてが空しくなり、ハウスメイドだった張美姫(李恵淑)を誘って語り明かす。そしてその翌日、坂入正弘(真田広之)を訪ねる。坂入も里美が忘れられない。そして美姫はこっそり田島に会いに・・・・・・。明子のまわりの人間関係がまた動き出した。

ニューヨーク恋物語、9話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、9話

挫折し、失念の田島雅之(田村正和)はアルコール中毒になっていた。茅野明子(岸本加世子)は田島の部屋に泊まり込み、必死に看病する。だが田島は心を開かず、こっそり酒を買いに行ったり、明子の手料理をひっくり返したりする。相川里美(桜田淳子)にはそんな明子の献身が不思議だが、明子はただ「放っておけないだけ」と言う。ある夜、田島は「おれは事業のために人を自殺させ、その男の子供の復讐で拳銃で撃たれた。そうまでして結局何者にもなれなかった・・・・・・」と悲痛に語る。翌朝、田島は明子の金を持って姿を消したが・・・・・・。

ニューヨーク恋物語、10話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、10話

再び倒れた田島雅之(田村正和)が自分を呼んでくれたのがうれしく、茅野明子(岸本加世子)は田島の看病に全力をあげる。日本から上司が来て、重要なビジネスの交渉があるのに、気もそぞろ。たった一度キスしただけの男のために、とうとう大事な仕事を途中で放り出してしまう。そこまでしているのに、田島はあまり明子に関心を向けない。ある夜、「どうせわたしは看護婦です」とからむ明子を田島は抱きすくめ、激しいキスをする。一方、張美姫(李恵淑)は、甲斐性のない小池一徹(柳葉敏郎)に気持ちがゆらぎ、クラブの客と日本に行こうと迷い、相川里美(桜田淳子)は坂入正弘(真田広之)を部屋に誘う。それぞれの恋模様が急に動き出す。

ニューヨーク恋物語、11話のあらすじ

ニューヨーク恋物語、11話

茅野明子(岸本加世子)は田島雅之(田村正和)の腕の中で一夜を明かす。やっと恋が実った。しかし、明子は田島が元気になるにつれ、自分から離れ、もとのプレイボーイに戻るのを予感する。「俺のそばで、パートナーとして仕事を手伝ってくれ」という田島に明子は、「あなたとはきれいな思い出のままで別れたい」と言い、日本に帰る決意をする。相川里美(桜田淳子)と坂入正弘(真田広之)も、回り道の末、結ばれるが、「仕事をやめろ」と言う坂入に、里美は別れを覚悟する。それぞれに自分の生き方を貫いた結果の2つの別れで、ニューヨークの恋模様は終わる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました