懐かしのあのドラマ「カエルの王女さま」を動画で見よう

動画をスマホやタブレット、PCで見るのはしっかりとしたオンデマンドサービスで見るようにしましょう。

FOD(フジテレビオンデマンド)はフジテレビの新しい作品から過去の作品までが沢山です。

カエルの王女さまの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FOD(フジテレビオンデマンド)の特徴はおりじなるコンテンツの豊富。フジテレビが展開しているサービスなので新しい作品から過去の作品までTVで放送されたドラマやバラエティー、ネットオリジナルコンテンツまで独自の色が特徴です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

カエルの王女さま、1話のあらすじ

カエルの王女さま、1話

財政難を理由に隣町と合併寸前の町、由芽市。繁栄を見ることなく寂れてしまったこの町では工場の閉鎖が相次ぎ、町の中心地もシャッター商店街と化していた。由芽市出身の倉坂澪(天海祐希)は日本ではミュージカルスターとして活躍、その後ブロードウェイに渡ったがニューヨークでは全く花開かず、ついにエージェントに次のオーディション予定はないと言い渡されてしまう。そんな折、故郷、由芽市の元恩師、森香奈絵(久野綾希子)から日本に来てほしいとの連絡が入る。大舞台が待っているに違いないと期待に胸ふくらませ澪は日本にやってくる。由芽市市長の井坂清忠(岸部一徳)は市の合併に向け、シャンソンズの活動拠点でもある町の象徴である練習室を取り壊し、ゴミ処理場を建設しようとしていた。市長の娘、井坂忠子(石田ゆり子)はシャンソンズの復活をめざし香奈絵と共に立ちあがった。彼女は父には内緒で、婿養子で父のいいなりになっている夫の哲郎(小泉孝太郎)には眉をひそめられながらもシャンソンズ復活を目指した。まずは残り少ない現シャンソンズメンバーの馬場みぞれ(大島蓉子)、皆川玉子(菊地美香)らと共に旧メンバー復帰を求めて片っ端から電話をかけるが、一切手応えなし。追い込まれた忠子らに香奈絵が紹介したのが倉坂澪だった。澪の登場に沸き立つシャンソンズ。しかしたまらないのは澪だった。舞台に立てると思い日本帰国を決意したのにもかかわらず、澪の目の前にいるのは忠子の他、4人の子持ちのみぞれにパチンコ好きの専業主婦、玉子。この人数ではコーラスは無理と、なんとか理由をつけてその場を逃げ出そうとする澪に忠子は、募集告知を出し、オーディションをすると宣言。が、そこに集まったのは、就活53連敗中の内気な女子大生、野々村まひる(大島優子)に美貌の市役所受付嬢、桜井玲奈(片瀬那奈)、元ヤンキーのシングルマザー羽田南(福原美穂)、さらには他の誰よりも女らしい身のこなしのオトメン、高垣忍(千葉雄大)といった面々。ずぶの素人ばかりを前にがく然とする澪。追い打ちをかけるように澪が居候する桜ママ(濱田マリ)の家にはニューヨークから澪の荷物が送られてきていた。行き場を失った澪が向かうところとは・・・!?

カエルの王女さま、2話のあらすじ

カエルの王女さま、2話

『シャンソンズ』のコーチを務めることになった澪(天海祐希)は、いままでのような合唱ではなく、ショークワイアをやろうと提案する。それに対してリーダーの忠子(石田ゆり子)は、伝統あるシャンソンズに派手な衣装や踊りは必要ないと反論した。澪は、そんな忠子に、実際に歌ってみて決めよう、と言い出す。忠子は、みぞれ(大島蓉子)、玉子(菊地美香)とともに『春が来た』を練習し、澪たちの前で披露する。一方、澪は、玲奈(片瀬那奈)、南(福原美穂)を引き込んで米米CLUBの『浪漫飛行』を披露。まひる(大島優子)や忍(千葉雄大)だけでなく、みぞれ、玉子までも魅了してしまう。あくる日、澪は、来週開催される商店街の桜祭りで新生シャンソンズのお披露目をする、とメンバーに告げ、レッスンを開始した。だがその最中、忠子は、再び澪と衝突して練習場を飛び出してしまう。そんな折、忍は、メンバーに加えたい歌い手がいる、と澪に持ちかける。それは、忍と同じ工場で働く一希(玉山鉄二)のことだった。しかし一希は、忍の誘いにまったく興味を示さなかった。同じころ、由芽市市長の清忠(岸部一徳)は、桜祭りにシャンソンズが出演することを知る。安見市との合併の条件として、シャンソンズの活動拠点である音楽堂をゴミ処理センターにする計画を立てている清忠は、忠子の夫・哲郎(小泉孝太郎)に、シャンソンズをつぶすよう命じ・・・。

カエルの王女さま、3話のあらすじ

カエルの王女さま、3話

由芽市桜祭りで初めて歌を披露したシャンソンズの様子が地元新聞にも掲載されたことによりシャンソンズの評判が街中でも少しずつ話題になっていく。これも倉坂澪(天海祐希)の指導のおかげと、メンバーも、意見は対立しながらも井坂忠子(石田ゆり子)も次第に澪に信頼を置くようになってきた。1人1人確実に前向きにチャレンジする勇気を持ち始め、まひる(大島優子)も東京に就職活動に向かう決意をする。さらにはローカル局の取材も入ることが決定。一気に盛り上がるメンバーに澪はさらなる課題を与える。ショークワイアを通じて感情を爆発させること、そのためにロックに挑戦するという。澪はショークワイアにパンチを効かせるため、男性の歌声が必要と考える。工場で働く忍(千葉雄大)にたずねると、一希(玉山鉄二)は由芽市で一世を風靡(ふうび)し、東京へも進出した経歴を持つロックバンドに所属していたと明かし、澪のスイッチが入る。早速、澪は一希を口説きに直接会いに行くが、ロックなんかで何も変わりはしない!という言葉と共に一蹴されてしまう。ロックを辞めたのにはなにか深い理由があるらしく、一希を迎え入れることはできるのか。澪は東京にいるまひるを動かし、一希の過去を探り始める。

カエルの王女さま、4話のあらすじ

カエルの王女さま、4話

落ちこぼれミュージカルスターの倉坂澪(天海祐希)による指導のもとショークワイア「シャンソンズ」のメンバーは次第に少しずつながらも自信をつけ始めていた。過去の傷からなかなか立ち上がれない一希(玉山鉄二)の背中を押そうと、皆で歌った歌は確かに一希の心を揺り動かしたが、一歩踏み出せずにいた。一希に声をかけたのはまひる(大島優子)だった。自分もシャンソンズの歌で勇気をもらった。東京で就職試験を受けるために上京した際、恐ろしいほどの孤独感を味わったと告白する。前に一歩踏み出してもらえたら、と語るまひるの言葉を聞いた一希に変化は現れるのか。そんな中、市民センター館長、香奈絵(久野綾希子)から嬉しいニュースが飛び込む。シャンソンズにローカルテレビ局のテレビ番組「こんにゃくイブニング」から取材依頼が飛び込んだというのだ。自身の再起復活のため、このチャンスを逃してなるものかと澪は最大限にこの機会を利用しようと考える。指導者としての自分がひきたつために選んだのが引っ込み思案で冴えないまひる。目立ちたくてしようがない他のメンバーからは非難ごうごう。忠子(石田ゆり子)も澪の強引なやり方が納得いかない。自分がまひるを鍛え直していく姿を映像化してもらおうと、まひるを中心としたショークワイアの構成を考える。澪が選んだ曲とは山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」などの女の魅力を爆発させる曲の数々。はたして澪の思惑通りに進むのか。

カエルの王女さま、5話のあらすじ

カエルの王女さま、5話

倉坂澪(天海祐希)率いるシャンソンズと井坂清忠市長(岸部一徳)と娘婿・井坂哲郎(小泉孝太郎)との対立はいよいよヒートアップ!ローカルテレビ局の取材を喜んで受けたシャンソンズだったが、放送当日シャンソンズたちはその目を疑った。歌の収録しかしていないはずが、編集の段階で手が加えられ放送上では勝手にシャンソンズの活動終了が宣言されていた。音楽堂を取り壊し、ゴミ処理場を建設することが隣の安見市との合併の条件ということで、井坂市長は歌の火を再燃させるわけにはいかないとシャンソンズの息の根を完全に止めようと、いよいよ澪への追究の手を強める。澪のブロードウェイでの経歴を徹底調査する。テレビ局では不本意な放送のされ方だったが、由芽市では評判を呼び、着実に評価を高め、続いて安見学園大の学園祭への出演依頼が飛び込む。急遽盲腸のためメンバーが来られなくなったグループのピンチヒッターということで乗り気のしない澪だったが、学園祭が全国放送されたこともあると聞いて俄然やる気を出す。度胸もつけたシャンソンズに足りないのは「セクシーさ」ということで澪は今回のテーマは「ダンスナンバー」と発表する。ダンスには自信がある玲奈(片瀬那奈)はやる気を出す。その一方で、玲奈は思いを寄せる哲郎のために澪の経歴を探りにかかるが、なかなか決め手になる証拠をつかめずにいた。そんな中でついに事態は動き出す。しかも澪やシャンソンズの思いも寄らない方向に動き始めるのだった・・・。

カエルの王女さま、6話のあらすじ

カエルの王女さま、6話

倉坂澪(天海祐希)に出されたアメリカのエージェントからの解雇通知を発見してしまった玲奈(片瀬那奈)は動揺を隠せない。澪の正体を暴こうと奔走していた哲郎(小泉孝太郎)は義父である市長、井坂清忠(岸部一徳)に澪の正体も暴けない上に玲奈との関係も疑われ、家を出るよう言い渡されてしまった。傷ついた哲郎のためになればと玲奈は解雇通知を哲郎の手に渡してしまうのだった。そうとは知らず、澪のもと結束を固めるシャンソンズは音楽堂廃止の署名集め運動を行い、ブロードウェイスター倉坂澪の名前を売りにして順調に署名を集めていた。人の心に訴えることの難しさを知った忠子(石田ゆり子)はうまく言葉にできない気持ちを歌で伝えたいと、シャンソンズのテーマにメッセージソングをあげる。忠子は曲目も考えてくるのだが、澪も任せていられない、曲は自分が決めると言い張り、2人の曲、どちらが人々の心をより強く打てるかで決めることに。そんな中、澪の貯金も底をつきパチンコで一攫千金をねらうが大失敗。そこで偶然出会ったパチンコ好きの玉子(菊地美香)に指南されながらとりあえずのお金を手にすることに成功する。玉子頼みだったのに玉子の姿が練習室に見えない。実は夫の小さな裏切りや姑からの言葉に傷つき、歌えなくなってしまったというのだ。そして澪、シャンソンズを今までにない事態が襲う。井坂市長が練習室に乗りこんできたのだった。井坂市長の狙いとは。

カエルの王女さま、7話のあらすじ

カエルの王女さま、7話

夫・哲郎(小泉孝太郎)と玲奈(片瀬那奈)との過去について知ってしまった忠子(石田ゆり子)は家を出てしまう。あわてふためく哲郎。由芽市では安見市との合併、ゴミ処理場建設市民説明会が行われ、ついに澪(天海祐希)は議会が条例を再検討するために必要な署名2000名分を集めたことを報告する。その場に集った人々の心にも確実に澪の言葉は響いていた。そんな状況を前に、市長の井坂清忠(岸部一徳)もだまっていない。合唱コンクールの県大会優勝候補である安見市女声合唱団は優勝に向けドイツ・ベルリンから合唱団の指揮者を招請したと伝え、シャンソンズに勝算はあるのかと澪に迫る。市長の挑発にのって澪は県大会で優勝できなければ解散すると断言してしまう。実際には何の秘策もなく頭を抱える澪に、追い打ちをかけるように一希(玉山鉄二)の「あんたのせいであいつらは夢や目標を失う」という言葉が突き刺さるのだった。そんな中、テレビを見ていた澪はかつて日本で属していた劇団でのパートナーであり元恋人だった三宅光矢(石井竜也)がパリ、オペラ座での公演を成功裏におさめ、東京での凱旋(がいせん)公演のため日本に戻ってきたことを知る。そこで澪はある秘策を思いつき、シャンソンズには刺激を受け感性を磨くためと伝え東京に向かうのだった。一方、まひる(大島優子)は就職活動が実を結び初めて二次面接を受けるために東京へ、忍(千葉雄大)は新しい取引先が東京で見つかり商談にむかうなど、それぞれに一歩前に踏み出していた。ほかのシャンソンズメンバーは思い思いに行きたい場所を訪れるのだが迷ってばかり。そして澪が会いにいったのは三宅だった。久々に再会を果たした澪が三宅に対して語り始めたこととは。

カエルの王女さま、8話のあらすじ

カエルの王女さま、8話

澪(天海祐希)は一希(玉山鉄二)に合唱コンクール県大会になんとしても優勝するため、シャンソンズのためにオリジナル曲を作ってほしいと依頼する。が一希は一向に首を縦に振らない。そんな中、一希に追い打ちをかけるように工場閉鎖が告げられる。工場封鎖にショックを受ける忍(千葉雄大)たちだが一希には工場閉鎖に伴い、より深刻な問題が勃発していた。南(福原美穂)も店をクビになったりと、そこかしこで由芽市の窮状悪化により市民たちの生活に大きな打撃が与えられていた。一希の問題のことは知らずに、ひたすらシャンソンズのメンバーは曲の仕上がりを待っていた。その間練習を重ねるシャンソンズはさらに敵情視察として安見市女声合唱団の練習をのぞきに行く。澪はそこで昔からの知人、こずえ(根岸季衣)に出会う。今は安見市女声合唱団のソリスト。そのこずえから澪は意外な提案を受けるのだった。一希は1人問題を解決するべく金の工面に走り回るも、解決の道はなかなか見つからぬまま県大会の日は迫って来る。一希はいったい曲を書き上げることができるのか。そしてシャンソンズは無事県大会に出場し、優勝を勝ち取ることができるのか!?

カエルの王女さま、9話のあらすじ

カエルの王女さま、9話

シャンソンズは県大会で優勝できず、約束通り解散することとなってしまった。あっという間に練習室も閉め出され失意の中、澪(天海祐希)は音楽堂での公演実現のために今は一旦解散し、反撃の機会をねらおうと皆を励ます。が、音楽堂の取り壊しまで19日、という中でそんな余裕はないと忠子(石田ゆり子)は反論する。ついに忠子が「ケリをつける」と父親、井坂清忠由芽市市長(岸部一徳)と対峙することを決意する。澪も一方で、ここまで清忠がシャンソンズを忌み嫌う理由を探るため、香奈絵(久野綾希子)に会いに行き、そこで意外な写真を見せられ驚く。そこにはLOVE&PEACEと書かれたTシャツを着たヒッピー姿の若者の姿が。それはまぎれもなく井坂清忠、彼だった。直接理由を聞きに澪は清忠に会いに行く。そこで聞かされたのは、音楽堂は歌で町おこしを狙い、清忠の父親が50億もの金をかけて建設したもので、これが町を財政難に追い込んでしまった諸悪の根源だという話だった。一希(玉山鉄二)も、自分たちが父親になった時に子どもたちに何を残せるのか、ということを考えていると忍(千葉雄大)に語っている時に、忍の実家の写真館でさらにある写真を見つける。ここにこそ、清忠の過去を探るヒントがあるのだった。忠子は今まで知らなかった父親と祖父との間の確執について初めて耳にして、父のかたくなな心の理由を知り納得するのだったが、澪はまだあきらめていなかった。そんな固く閉ざされた清忠の心を開く方法があるはずと信じていた。その方法とは。

カエルの王女さま、10話のあらすじ

カエルの王女さま、10話

澪(天海祐希)、忠子(石田ゆり子)らの奮闘により、シャンソンズを忌み嫌い音楽堂の廃止を訴えていた由芽市市長の井坂清忠(岸部一徳)の心のわだかまりも晴れ、ついに市長は音楽堂での公演を1日だけ許可してくれた。と喜んだのもつかの間、心労から澪の恩師、香奈絵(久野綾希子)が倒れる。手術が必要と聞きショックを隠せないシャンソンズの面々。が、香奈絵は音楽堂でのコンサートを見たいから手術をがんばると澪、忠子に伝える。その声を物陰で清忠も聞いていた。香奈絵の気持ちを受けとめた澪はシャンソンズの皆を、こんな時だからこそ歌おう!と励ますのだった。そこに現れた清忠は、音楽堂での1回の公演の採算がとれるようにチケットを売ってみるよう勧めただけでなく、今後もシャンソンズの歌により採算がとれる可能性が見いだせるのであれば、音楽堂の取り壊しは撤回し、ゴミ処理場の代替地を用意する、とまで宣言する。シャンソンズのメンバーは皆で歌への猛特訓、チケット販売にと奔走する。そんな中、由芽市を訪れるある男の姿が。そう、澪のニューヨークの元エージェント、ピート佐藤(草刈正雄)だ。ブロードウェイのオファーがあると澪に伝えに来たのだった。動揺する澪。音楽堂の命運が決まるたった1日のコンサートまであと1週間。澪は自分の夢を選ぶのか、それともシャンソンズと共に歩み続けるのか・・・!苦渋の選択を前に澪は・・・。

カエルの王女さま、11話のあらすじ

カエルの王女さま、11話

澪(天海祐希)、忠子(石田ゆり子)がせっかく井坂清忠由芽市市長(岸部一徳)から音楽堂での1日限りのコンサートの了解を得、病に倒れた香奈絵(久野綾希子)のためにもがんばろうと立ち上がったところへ、無惨にも工事を進める重機がうなりを上げて入ってくる。重機には「安見重建グループ」の文字が。現場監督の話によれば、来週のはずの工事が早まり明後日になったという。元請けは安見重建だと語る。哲郎(小泉孝太郎)が調べてみると、ゴミ処理場建設に関わる孫請け業者がいつのまにかすべて安見重建の関連会社に変わっていたことが判明する。さらに安見重建の経営は由芽市を合併しようとしている鴻池正勝安見市市長(ミッキー・カーチス)の三男・瞬也だった。談合のにおいを感じ取った清忠と哲郎は調べに入る。安見市の思いのままにさせまいと清忠もついに立ち上がる。清忠は安見重建のことは由芽市市長の責任としてなんとかすると澪に宣言。音楽堂を1000人の客で埋め尽くし、未来への可能性を見せてほしい、と澪に清忠は語り、澪もその気持ちをしかと受けとめたのだった。澪はシャンソンズに対し、日程の変更、残りのチケットの販売、そして歌とダンスの習得、さらには会場、衣裳の準備すべてを1日でやりとげ、明後日音楽堂でコンサートを開こうと訴える。皆がそれぞれに歌とダンスの練習に集中すると同時に、衣裳、すべての準備に奔走する。その言葉に応えシャンソンズと清忠、哲郎も安見市の不正を暴くために奔走していた。果たしてシャンソンズのコンサートは無事開かれるのか、由芽市の命運は!?そして、澪の夢はどうなるのか・・・!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました