懐かしのあのドラマ「TOKUNOSHIMAエアポート」を動画で見よう

TOKUNOSHIMAエアポート、動画

フジテレビの懐かしのドラマ、見ていた人も見ていなかった人もタイトルは知っているという作品が沢山ですね。

TOKUNOSHIMAエアポートの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODではフジテレビの新しい作品から、過去の作品までドラマを振り返り見ることができます。

深田恭子主演ドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」を動画で見よう
フジテレビ、2012年10月から12月日曜日に放送されていた「TOKYOエアポート」 TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~作品概要 舞台は東京国際空港、通称・羽田空港。2分に1機が離着陸するという日本で、もっとも多くの飛行機が...

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

TOKUNOSHIMAエアポート、1話のあらすじ

TOKUNOSHIMAエアポート、1話

地上波フジテレビにて放送の2012年10月期のドラマチック・サンデー「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」のスピンオフドラマ!!このドラマを見てから「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」を見ると・・・、更に言うならばドラマ「TOKYOコントロール」も見てから「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」をみると、「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」の楽しみ方が大きく広がります!

TOKUNOSHIMAエアポート、2話のあらすじ

TOKUNOSHIMAエアポート、2話

TOKYOコントロールから転勤してきたばかりの下柳哲司(阪田マサノブ)は1日4便しかないTOKUNOSHIMAエアポートの空港管制作業の空き時間を利用して、充実した島民ライフを過ごすことが出来るのではないかと期待していた。しかし、生まれも育ちも徳之島の航空管制官である小林淳子(小池栄子)から出鼻をくじかれる。「わたしがそのうがった気持ちもコントロールします!」先にTOKYOコントロールから転勤していた原光司(音尾琢真)と淳子の壮絶なスタンバイ作業を目の当たりにした下柳は、そのうがった気持ちを切り替えることが出来るのか?

TOKUNOSHIMAエアポート、3話のあらすじ

TOKUNOSHIMAエアポート、3話

空港管制作業の空き時間に留守番担当でひとりで管制塔にいる下柳のもとに身重の妻・成美(奥田恵梨華)からお弁当が届けられる。わざわざ持ってきてくれたことに対して下柳からお礼の言葉はなく、それどころか成美のあらゆることに文句をつけ始める。怒り心頭の成美と下柳が夫婦喧嘩を始めたところに、休憩を終えた淳子が帰ってくる。成美から事の次第を聞いた淳子は、下柳と成美に直言する。「わたしはあなた方の夫婦関係をもコントロールします!」下柳夫妻の夫婦関係はどうなってしまうのか?

TOKUNOSHIMAエアポート、4話のあらすじ

TOKUNOSHIMAエアポート、4話

管制官は転勤になると、一定期間配属先の教育係からの指導を受け、試験を受け、免許を取得することで、その場所の管制官としてひとり立ちをすることが出来る。そんなわけで下柳の教育係は10歳以上年下の淳子ということになっている。1日4便、計8回だけの離発着作業であるにも関わらず、淳子の厳しい教育的指導に下柳は音を上げそうになる。そんなある日、エマージェンシーが入る。「スカイエア航空332便です!エンジントラブルで、そちらに緊急着陸したいのですが!」めったにないエマージェンシーに立ち向かう3人の管制官たち!

TOKUNOSHIMAエアポート、5話のあらすじ

TOKUNOSHIMAエアポート、5話

最終便の離陸を見届けた原と下柳。何気ない会話から、いつしか話はTOKYOエアポートの女性管制官たちのことに。彼女たちの話をしているうちに高ぶってしまった原は、興奮しながら夢である映画監督の話を熱く語りだす。そして、原の調子にあいのりしてしまった下柳とともに、管制塔を舞台にした映画の妄想を2人で繰り広げることに。B級映画にもならないその映画の構想を、あなたは笑わないで見届けることが出来るだろうか?そして淳子は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました