懐かしのあのドラマ「スープカレー」を動画で見よう

FOD(フジテレビオンデマンド)であればフジテレビの過去のドラマをパソコンやスマホ、タブレットで振り返り見ることができます。

スープカレーの動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODは約20,000本の動画にオリジナルのコンテンツ5000本。そして雑誌の読み放題、約100冊、数えきれない漫画(無料、有料)と豊富な作品が特徴です。

動画だけでなく雑誌読み放題(約100冊)、漫画(有料、無料)のコンテンツも豊富。さらに1ポイント1円で利用できるポイントサービス毎月100ポイント、8日にログインだけで400ポイントの合計1300ポイントももらえます。かなりお得なVOD(ビデオオンデマンド)ですね。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

スープカレー、1話のあらすじ

スープカレー、1話

料理研究家の五十嵐(大泉洋)は、料理経験ゼロのタレント夏川メグミ(峯岸みなみ・AKB48)をアシスタントに、「スープカレー」という番組をはじめることになる。五十嵐が具材とするのはもちろん鶏肉や野菜だが、彼が作るスープカレー、実は、敏腕百貨店員の和田(森崎博之)、売れない役者の浦田(安田顕)、教え子との禁断の関係を妄想する塾講師の三浦(戸次重幸)、冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)の4人のアラフォー男たちの人生も具材になっていた。五人五様の生き様が、毎回少しずつ紐解かれてゆく。連続ドラマには類を見ない、斬新な試みと仕掛けに満ちたドラマのスタートです!

スープカレー、2話のあらすじ

スープカレー、2話

料理研究家の五十嵐(大泉洋)は、料理経験皆無のタレント夏川メグミ(峯岸みなみ・AKB48)をアシスタントに「スープカレー」という番組をはじめるが、夏川の奇妙な言動に翻弄されるばかりでなかなかはかどらない。あたかもそれと同様に、敏腕百貨店員の和田(森崎博之)、売れない役者の浦田(安田顕)、教え子との禁断の関係を妄想する塾講師の三浦(戸次重幸)、冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)の4人のアラフォー男たちも、それぞれに自分や家族の抱える様々な事情に翻弄され始め、ドラマは先行きが見えなくなってくる。

スープカレー、3話のあらすじ

スープカレー、3話

理研究家の五十嵐(大泉洋)は、アシスタントの夏川メグミ(峯岸みなみ・AKB48)に手をやきながらも何とか番組を進め、今回はスパイスにこだわったスープカレー作りに挑む。それはまるで敏腕百貨店員の和田(森崎博之)、売れない役者の浦田(安田顕)、教え子との禁断の関係を妄想する塾講師の三浦(戸次重幸)、冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)の4人のアラフォー男たちの人生が、ますますスパイシーに、ますます辛口に展開していくのを暗示するかのようでもある。

スープカレー、4話のあらすじ

スープカレー、4話

「スパイスにこだわったスープカレー作り」を進行中の料理研究家、五十嵐(大泉洋)は、アシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)の扱いにも少し慣れてきたようだが、いまだにギクシャク、ちぐはぐな感じで番組は展開する。塾講師の三浦(戸次重幸)は生徒の早川にのぼせっぱなし。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)は、友人の離婚式を引き受けるときめたものの、どうしても気持ちが晴れない。売れない俳優の浦田は娘との関係がしっくりと来ないまま、娘と同年代の国民的アイドルが主演するドラマの父親役のオーディションに挑む。敏腕百貨店員の和田(森崎博之)は父が生前に残したレシピノートの存在に心が揺れ動いて・・・。

スープカレー、5話のあらすじ

スープカレー、5話

ギクシャクしながら番組を進めている料理研究家の五十嵐(大泉洋)とアシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)のコンビだが、回を追うに従って呼吸が合ってきたようにも見える。今回は「とことん辛い」スープカレー作りを目指すが・・・。敏腕百貨店員の和田(森崎博之)は父の生前の思いに触れ、スープカレー屋の開店を目指そうと決心する。売れない俳優の浦田(安田顕)はいよいよドラマの収録に挑み、そのドラマの放送を妻の由美(つみきみほ)と見つめる。塾講師の三浦(戸次重幸)は生徒の早川(田﨑アヤカ)への思いを募らせるが、思わぬ恋敵の出現に心中穏やかでない。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)は、迷いながらも友人の離婚式の準備に取り掛かるが、心に大きな重荷を背負っていた。

スープカレー、6話のあらすじ

スープカレー、6話

番組収録の合間でくつろいでいる料理研究家の五十嵐(大泉洋)だが、かつての同級生である4人から次々と電話がきて気が休まらない。アシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)の、のほほんとした様子が、そんな五十嵐をイラつかせる。塾講師の三浦(戸次重幸)は、生徒の早川(田﨑アヤカ)からの好意をくすぐったくも嬉しく感じている。デパートマンだった和田(森崎博之)は、スープカレー店としての「ひまわり亭」開店を目指し修行の毎日。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)はついに友人の山下(池内万作)の離婚式を執り行うが、揺れ動く自分の気持ちを抑えることができない。売れない俳優の浦田(安田顕)が出演したドラマは無事に放送されるが、共演した国民的アイドルにスキャンダルが発覚して・・・。

スープカレー、7話のあらすじ

スープカレー、7話

今回の料理研究家・五十嵐(大泉洋)は、いかにも体調不良の様子で、アシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)にあげあしを取られながらの番組進行となる。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)が取り仕切る友人の山下(池内万作)の離婚式は、山下の息子の親権を巡って紛糾。そして山下の息子・真一(瀧澤翼)が・・・。見習いスープカレー店員となった和田(森崎博之)は、やがて自分の店を開店すべく、努力と我慢と研究の毎日。塾講師の三浦(戸次重幸)は、婚約者のみのり(渡辺満里奈)に、浮ついた気持ちを見透かされ追い詰められる。売れない俳優の浦田(安田顕)が出演したドラマの主役だった国民的アイドルにスキャンダルが発覚するが、事態は思わぬ方向に展開して・・・。

スープカレー、8話のあらすじ

スープカレー、8話

料理研究家・五十嵐(大泉洋)は、「あっさり系」のスープカレーの仕上げにかかりながらアシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)の芸能活動などを聞き出す。塾講師の三浦(戸次重幸)は婚約者のみのり(渡辺満里奈)と買い物に訪れたスーパーで、気持ちの揺らぎが頂点に達し、思わず店を飛び出す。「ひまわり亭」を日本一のスープカレー店にすべく厳しい修行を積んだ和田(森崎博之)の目には、涙が溢れ出す。思春期の娘との関係がうまく行かず、沈みがちな気分の売れない俳優・浦田(安田顕)だが、そんな娘の気持ちが少し、動き出す。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)は友人の山下(池内万作)の離婚式を進行するが、山下の息子・真一(瀧澤翼)が予想外の行動に出て事態は急転、山下夫妻の離婚式は思わぬ方向へ向かい出す。

スープカレー、9話のあらすじ

スープカレー、9話

料理研究家・五十嵐(大泉洋)は、「具材に特徴のあるインド系」のスープカレー作りに挑む。今回もアシスタント(峯岸みなみ・AKB48)は使いものにならないようだ。母(つみきみほ)から父・浦田(安田顕)とのなれそめを聞いた千枝子(伊藤沙莉)は、父が出演したドラマをネットに見つける。その演技を見て、千枝子の心にはある思いが生まれる。塾講師の三浦(戸次重幸)はバッティングセンターでホームランを打つが、気が付くとなぜか病院のベッドにいた。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)は離婚をあきらめた山下(池内万作)と話しをしながら、家族の大切さに思いを馳せる。スープカレー店開業に向けて厳しい修行を積んだ和田(森崎博之)は、独自のメニューの開発に挑む。亡き父の逸品、「だし巻き玉子」をスープカレーに入れようと試みるのだが、どうしても父の味にたどり着くことができない。

スープカレー、10話のあらすじ

スープカレー、10話

料理研究家(大泉洋)は語る。「人生はスープカレーに似ている・・・」と。ドラマに登場した彼らはいま40才。人生を80年とするとちょうど折り返し地点。人生のスパイスを理解できる年齢になり、残り半分の人生にどんなスパイスを加えて行くのか。亡き父親の定食屋を継いでスープカレー屋を開こうとする敏腕デパートマン(森崎博之)。反抗期の娘とうまく行かず仲直りしたいベテラン俳優(安田顕)。婚約者がいるのに自分の生徒に淡い恋心を抱いてしまう塾の先生(戸次重幸)。夢のマイホームのために友人の不幸で商売せざるを得ない冠婚葬祭プランナー(音尾琢真)。大学時代の同級生である彼ら5人。夢を叶えたと言うわけではないけれど不幸ではない。現状に不満はないが人生に成功したと言うわけでもない。そんな彼らの中のもう一人の自分が言います。「人生にもっとスパイスを!」。物語はいよいよ最終回です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました