懐かしのあのドラマ「TOUCH/タッチ シーズン1」を動画で見よう

TOUCH/タッチ シーズン1

フジテレビの懐かしのドラマ、見ていた人も見ていなかった人もタイトルは知っているという作品が沢山ですね。

TOUCH/タッチ シーズン1の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

FODではフジテレビの新しい作品から、過去の作品までドラマを振り返り見ることができます。

FODはAmazon Payで登録することで初回1か月無料視聴期間が付いてきます。もちろん、携帯払いなどにも対応しているので手軽に申し込みができます無料視聴期間が過ぎれば888円の月額になりますが、毎月1ポイント1円で動画や漫画で使えるポイントが1,300ポイントもついてくるので相当にお得です。

パソコンやスマホ、タブレットでいつでも見れるFODは、プレミアム会員の申し込み時にAmazon payを使えば「プレミアム作品が見放題」の初回1か月無料期間が付いてきます。

もちろんクレジットカードなど他の方法でも登録可能。

期間中に解約してもデメリットはないのでお試ししたい人にはありがたいですね。無料期間が終わったら、月々888円で多くの動画や雑誌、漫画を見ることができます。

ちなみに会員登録は「無料」でできます。下記の「フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイトボタン」から、順を追っていけば簡単に始めることができます。

 

※2018年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

TOUCH/タッチ シーズン1、1話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、1話

マーティン・ボームは同時多発テロで妻を失った後、11歳の息子ジェイクとNYで暮らしている。息子のためにマーティンは新聞記者を辞め、現在は空港の荷物係として働いている。ジェイクは生まれつきの無言症で一言も言葉を発したことがないが、数字が大好きな少年だ。ジェイクが携帯基地局の電波塔に昇る騒動を起こしたことから、児童保護局が調査を始めるが、保護局の調査員クレアはマーティンにジェイクを施設に預けるよう勧める。一方マーティンは、ジェイクが毎回3時18分に電波塔に昇ることに気づく。この数字が気になったマーティンは、無言症の研究者アーサー・テラーに相談する。そこでジェイクの特別な能力と自分の運命についての話を聞かされ、ジェイクのメモから3月18日3時18分に何かが起きると推測し、グランド・セントラル駅に向かう。そこでランディという男と小競り合いになるが、その彼が実は9.11事件の際マーティンの妻を救助しようとした消防士で、さらにランディが列車に乗り遅れたことがきっかけで、事故を起こしたスクールバスから児童を救出したことが分かる。ジェイクの示す数字が意味を持ち、それを伝えるのが自分の役割であるとマーティンは気づくのだった。

TOUCH/タッチ シーズン1、2話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、2話

ジェイクの類まれなる能力に気づいたマーティンは、ジェイクが示した電話番号の質屋の店主アーニーを訪ねるが、話の最中に店に強盗が押し入り、アーニーは怪我を負ってしまう。児童保護施設から逃走したジェイクが向かった場所はまたしてもアーニーの自宅だった。ジェイクを追ってきたマーティンはそこでアーニーがガンで余命わずかであること、娘ベッカとは音信不通になっていることを知る。そしてさらに先ほどの強盗未遂事件が、アーニーが自らの命を犠牲にして娘に保険金を残そうと企てた狂言だったことがわかる。一方病院のアーニーを訪ねたマーティンは、橋から身を投げようとしている彼を見つけ間一髪で助ける。そこへマーティンが空港で出会った客室乗務員が現れる。彼女こそアーニーが疎遠になっていた娘ベッカだった。ベッカは逃げ出した犬を捜すうちに飛行機に乗り遅れ、その途中でインドから来た青年と出会った。青年が野球を愛した父親の遺灰をまくために球場を訪れたことを知り、ベッカは自らの親不孝を悔いていた。そして偶然、球場で見つけた犬を追いかけて父との再会を果たしたのだった。マーティンは自分の役目は、父と娘を再会させることだったと気づく。

TOUCH/タッチ シーズン1、3話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、3話

マーティンはジェイクから「3287」の数字とドラゴンの絵を渡される。その後、マーティンは「3287」の数字を無数に書き込んだノートを持つ男と出会う。男は「目に見えぬ王子」と名乗りドラゴンを退治すると言う。マーティンは男に導かれ、ドラゴンが社章のモートン・スターリング証券にたどり着く。この会社は投資詐欺で訴訟を起こされていたが証拠がなく、原告団は数時間内に和解に応じざるをえない状況だった。マーティンは、原告の一人の住所が3287番地であることを知り、その家を訪ねる。他界した原告の息子は、王子と名乗る男が弟のウォルターだと言う。彼はかつて金融商品を開発、父親を始め大勢に投資を勧めるが、法の抜け穴を悪用した会社が投資家から金を詐取したのだ。父親の遺品から証拠の文書が見つかり原告団は和解せず法廷闘争へ持ち込むことになる。一方南アフリカにすむグレースは、勉学に励んでいたが、彼女が受けた試験番号もまた「3287」だった。グレースは恋人から暴力を受ける友人を救うべく友達と協力して、男に立ち向かう。その頃、施設を訪れたアーサーの前でジェイクが悲痛な叫びを上げる。だが世界中の「3287」にまつわる痛みが癒やされた瞬間にピタリと止む。

TOUCH/タッチ シーズン1、4話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、4話

マーティンはジェイクと共に亡くなった妻サラの墓参りへ行き、そこで彼女を知るボビーと出会うが彼は逃げるようにその場を立ち去る。ジェイクが示す9.5の数字をヒントに風で飛ばされた凧を捜すうちに、二人はいつしかボビーのアパートにたどり着く。2001年の夏、配達員だったボビーはサラと親しくなり、昼休みに数学を教わるようになった。そして間もなく、あの9.11事件が起きる。ボビーは近くにいたがサラを助けに行く勇気がなかったことを悔やんでいた。その時、ジェイクが凧を追いかけて非常階段へ走り出る。ボビーははしごから足を踏み外したジェイクを間一髪でキャッチし、サラへの恩返しを果たすこととなる。一方、イラクでは奇襲攻撃で負傷した米兵ローラが遭難するが、頭上の電線から火花が散りローラの居場所を仲間に知らせ彼女は救出される。その火花は、遠くアメリカでイラクと通信中だったパラボラ・アンテナの向きを変えた凧の糸が原因だった。帰宅したマーティンは妻の手帳の9月5日のページで宝石店の預かり証を見つける。指輪の内側には「1+1=3」の刻印が・・・。それはジェイクを出産した後にサラが言っていた「息子ができて家族になれた1+1=3」という意味だった。

TOUCH/タッチ シーズン1、5話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、5話

児童保護局の審査当日、ジェイクにある図形を示されたマーティンは、アーサーに相談し、それが22という数字を表すことがわかる。審査に向かう途中パソコンを盗まれたマーティンは、泥棒を追い22番のバスでマリソルに出会う。彼女は父と弟を殺した男を見つけ今まさに復讐しようとしていた。マーティンはそれを止めようとするが、男を追ったマリソルが車にはねられてしまう。一方、イスラム教徒のノラは親の決めた相手と婚約することになり自由のない人生に嫌気がさしていた。病院勤務のサミは、電車で見かける憧れの女性に声をかけられずにいた。翌日には病院を去るため残されたチャンスは帰りの電車だけだが、その日は急性骨髄性白血病の少年にドナーを見つけるまでは帰れない。マリソルを連れて病院へ来たマーティンは、逃げた男の刺青が「出エジプト記22章22節」だったことを思い出し、男を訪ね、マリソルの弟が生きていることを聞き出す。骨髄移植を待つサミの患者こそマリソルの弟と確信したマーティンの働きで、マリソルは弟のドナーとなり再会を果たす。仕事を終えたサミは、彼女に会い交際を始める。サミと婚約するはずだったノラはそれを逃れ大学進学を決意する。

TOUCH/タッチ シーズン1、6話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、6話

アーサーはジェイクが挙げた数列を「アメリアの数列」と呼び、975という数字を次にジェイクが挙げるはずだと言う。クレアは統合失調症の母親と再会するが、母は「子供が待っている」という言葉を残し病院から逃げ出す。母が行方不明の少年を連れ去ったことに気づいたクレアはマーティンと共に母親の行方を追い、幼いころ二人で暮らしていた建物にたどり着く。一方、975便の空席待ちをしていたウィルは、荷物が紛失したラニーの席を譲り受ける。帰宅したラニーは、レズビアンのパートナーが精子ドナーを使った妊娠に失敗したことを知る。さらにラニーが乗るはずだった飛行機が墜落したと知らせが入る。墜落事故から奇跡的に生還したウィルは、自らまとめた不動産取引でジャズの聖地である建物が取り壊されるのを阻止すべく、そこへ乗り込み爆発を止めようとする。その建物はまさにクレアとマーティンが母親を探している場所だった。爆発は寸前で止められ、クレアの母も助かりウィルは満足そうに微笑むと静かに息を引き取る。命拾いしたことに運命を感じたラニーは、自分の卵子で子どもを作ろうとセリーナに提案する。そしてリストからセリーナが選んだ精子提供者はウィルだった。

TOUCH/タッチ シーズン1、7話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、7話

アーサーは死の直前にジェイクに「1188」と刻印された鍵を手渡していた。マーティンはそれが次の「地図=ロードマップ」だと確信する。アーサーの自宅を訪ねたマーティンは、娘のマギーから彼が通っていた地下室の場所を聞き出し、裏カジノにたどり着く。マーティンは、ディーラーのステイシーからアーサーが親しくしていたローガンという数学教授のことを聞き出し彼を訪ねる。アーサーの研究室の場所を知りたければ、ポーカーのパートナーになるようローガンに言われたマーティンは、「1188=デッドマンズ・ハンド」に導かれて20万ドル稼ぎ出す。ローガンはステイシーに借りを返し、マーティンに研究室の場所を教える。一方、ヨーロッパ旅行から戻った女子大生ナタリーは、ブログでイタリア人青年パオロの運命の恋を成就させようと呼びかけ、世界中から共感や応援を得る。運命の日、ニューヨークに現れたパオロは、自分の運命の相手はローマで一目惚れした女性ではなくナタリーだと告白する。ジェイクの伯母アビゲイルが施設に現れる。彼女はマーティンからジェイクの親権を奪おうとしていた。警戒するクレアに、アビゲイルは、ジェイクを守るためだと謎めいた言葉を残す。

TOUCH/タッチ シーズン1、8話のあらすじ

TOUCH/タッチ シーズン1、8話

施設の子たちと共に訪れた科学館で、ジェイクはパリとライブ中継中のスクリーンに近づく。画面に映ったパリの女性ヴェロニクは、科学館にいた中年女性が自分の生みの親だと主張。マーティンは彼女を追って外へ飛び出し、手がかりに導かれた先でヴェロニクと瓜二つの女性ナンドゥに出会う。ジェイクがあやとりで作っている三角形が、お互いを知らずに生きてきた双子の姉妹と母親を暗示していたと悟ったマーティンは、二人を引き合わせる。さらにマーティンは宇宙飛行士アレグラが示した数字に導かれ、タクシー運転手をしている姉妹の父親を訪ね、ヴェロニクを手放した経緯と、その時の産科医ノックスが今日、客としてタクシーに乗り、新生児の闇取引を進めていることを知る。マーティンは父親と共にノックスを追い、闇市場で暗躍する産科医を警察に引き渡す。国際宇宙ステーションではアレグラが船外活動中の同僚ジオが命の危険にさらされているのに交信ができず、必死に呼びかけていた。宇宙服にアマチュア無線機がついていることに気づいたアレグラは、地球に向けてSOSを発信。運よく受信したタクシー会社の無線係サルの呼びかけが船外活動中のジオに届き、危機を脱する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました