懐かしのあのドラマ「女信長」を動画で見よう

女信長の動画ならFOD(フジテレビオンデマンド)で見よう

「女信長」を無料で見るためにはFOD(フジテレビオンデマンド)が良いでしょう。

FODはフジテレビが運営しているビデオオンデマンド。昔の作品から、今放送されている番組までドラマ、バラエティー、アニメなどを月々888円にてPCやスマホ、タブレットにて視聴できます。

また、支払い方法をamazon payで行えば2週間の視聴無料期間が付いてきます。

この期間は自分の見たい端末で見れるかどうかのお試し期間でもあるため途中で解約しても何のデメリットも無し。ハッキリ言ってかなりお得です。

フジテレビオンデマンド登録サイトへ

※2019年7月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

女信長、1話のあらすじ

女信長、1話

永禄3年5月19日未明、織田信長(天海祐希)は柴田勝家(中村獅童)らに出陣を命じる。目前まで迫って来ていた今川義元(三谷幸喜)の軍勢は5万。対する織田軍はわずか2千。今川軍の虚を突いた出陣だった。木下藤吉郎(伊勢谷友介)らを使い、油断させておいての奇襲により、今川軍は混迷を極め、今川自身も信長に討ち取られる。桶狭間の戦いと呼ばれるこの戦いで、織田信長の名は一躍有名なものとなったが、信長には大きな秘密があった。天文3年5月、土田御前(高畑淳子)が授かった子は女子。側室がもうけた男子が嫡男になることを恐れた御前はその女子を男子として育てることを決意する。その女子こそが、のちの信長。父・信秀(西田敏行)がその事実を知ったのは、信長が織田家嫡男と世に知れ渡った後のことだった。平手政秀(平泉成)を養育係とし、嫡男として育てられる信長だったが、御前が信長誕生の3年後に授かった弟の信行(賀来賢人)に武芸の面で全くかなわず、母の御前からも疎ましく思われるようになっていた。初陣を終えた戦場で信長は信秀に、自分をこの戦で亡くなったことにして女子として生かせてくれるよう懇願するが、信秀に織田家の家督を継ぎ天下をまとめることが信長の天命であると叱り倒されるのだった・・・。

女信長、2話のあらすじ

女信長、2話

女として生まれながらも嫡男として育てられた織田信長(天海祐希)は越前朝倉家へと攻め入るが、同盟関係にあった浅井長政(玉山鉄二)の裏切りにあい撤退を余儀なくされる。撤退中、敵に回った長政が信長が女であるという秘密を天下に知らしめてしまうのではないかという信長としての恐怖と愛する男に裏切られたという御長としての悲しみに心を乱されていた。命からがらで岐阜へ戻った信長は正室・御濃(小雪)から長政が名声を獲得するためには強い男の信長に勝ったという事実が必要なため、秘密は漏れないはずだと助言する。羽柴秀吉(伊勢谷友介)はここのところ全てが明智光秀(内野聖陽)の思惑通りに進んでおり、長政の裏切りも光秀の企図ではと警戒の目を向けるよう信長に注進する。直ちに長政への報復をという意見が大勢を占める軍議で光秀は油断は禁物と鉄砲隊を生かす戦略を提案するが、信長に一蹴されてしまう。そして始まった姉川での戦いで何とか浅井・朝倉軍を撤退させるものの大きな犠牲を払うことになった。ここでも一気に小谷城へ攻め入ろうという光秀と一時撤退し体制を建て直し長政に嫁いでいる信長の妹・御市(長澤まさみ)を救うべき方策を考えるべきという秀吉や柴田勝家(中村獅童)が対立。光秀は一時撤退すれば諸国が信長を侮り、窮地に追い込まれると主張するが、ここでも光秀の主張は通らず信長は撤退を決めるのだった。が、またしても事態は光秀の想像したとおりの展開になり、敵対勢力が続々と立ち上がって織田家存亡の危機にまで信長は追いつめられてしまう・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました