懐かしのあのドラマ「戦争と平和」を動画で見よう

戦争と平和

フジテレビの懐かしのドラマ、見ていた人も見ていなかった人もタイトルは知っているという作品が沢山ですね。

戦争と平和の動画

戦争と平和、1話のあらすじ

戦争と平和、1話

1805年ロシア、サンクトペテルブルク。ナポレオン率いるフランス軍がオーストリアに侵攻し、ロシア社会は不安に覆われていた。物語の主人公は、ピエール、アンドレイ、ナターシャ、3人の若者。ベズーホフ伯爵の私生児ピエールは、社交界では変人扱い。親友アンドレイは栄光を求め、身重の妻を残し戦地に赴く。ナターシャの名前の日を祝うロストフ家を訪れたピエールの元に、父危篤の知らせが入る。父の最期を看取ったピエールは、期せずして莫大な遺産を受け継ぐことに・・・。

戦争と平和、2話のあらすじ

戦争と平和、2話

1805年11月20日、アウステルリッツの戦いでロシア軍はフランス軍に大敗を喫する。戦いの最中負傷したアンドレイ。彼の死が誤って報じられ、家族は悲嘆に暮れる。莫大な遺産を相続したピエールはワシーリイ伯爵の計略により、彼の娘エレーヌと結婚をすることに。奔放なエレーヌとの結婚生活がうまくいかず悩むピエール。友人のドーロホフと妻が密通していることを知ったピエールは、ドーロホフに決闘を申し込む・・・。

戦争と平和、3話のあらすじ

戦争と平和、3話

ピエールはドローホフとの決闘に勝利する。しかし、悪びれる様子のない妻エレーヌに怒りを覚え、彼女と別れ1人サンクトペテルブルクに発つ。アンドレイは戦地から生還するも、妻のリーザは出産で命を落とす。ナターシャの兄ニコライは、ドーロホフにカードで負け大きな借金を作ってしまい、ロストフ家はモスクワからオトラードノエに移る羽目に。1807年6月、休暇を終え再び軍務についたニコライだったが、フランスとの間に平和条約が結ばれたことを知る。

戦争と平和、4話のあらすじ

戦争と平和、4話

1809年春、アンドレイはボグチャーロヴォで世間から離れて暮らしていた。ピエールはアンドレイを訪れ、2人は人生について語り合う。父ボルコンスキイ公爵の用事で、オトラードノエに暮らすロストフ家を訪ねたアンドレイはナターシャと出会う。お互い好意を持った2人は、その年の冬、サンクトペテルブルクの舞踏会で再会する。恋に落ちた2人を見守るピエール。父から1年間の外国行きを条件に出されるも、アンドレイはナターシャに結婚を申し込む。

戦争と平和、5話のあらすじ

戦争と平和、5話

1811年1月、ロストフ家はモスクワの屋敷へ移る。ナターシャはアンドレイと会うことを期待していたが、彼が外国での治療からまだ戻らないことを知り落胆する。彼女は、アンドレイの父ボルコンスキイ公爵と妹のマリアのもとを訪ねるも、冷たく対応されさらに落ち込む。ある夜訪れたオペラで、ナターシャはピエールの義兄アナトールと出会い、言い寄られる。その後ナターシャはアンドレイとの婚約を破棄し、アナトールとの駆け落ちを企てる・・・。

戦争と平和、6話のあらすじ

戦争と平和、6話

1812年夏、ナポレオン率いるフランス軍が国境を越えロシアに侵攻する。アンドレイは、年老いた父とわだかまりを残したまま、妹と幼い息子を残し出征する。その後ボルコンスキイ公爵は病に倒れ、マリアが最期を看取る。父の埋葬後マリアは、偶然出会ったニコライに助けられ、フランス軍の迫る領地から避難する。戦線が国内に広がる中、ピエールは戦地に赴くことを決意。決戦前夜ピエールはアンドレイと再会する・・・。

戦争と平和、7話のあらすじ

戦争と平和、7話

1812年8月26日、ボロジノの戦いが始まる。ピエールは戦場で悲惨な光景を目の当たりにし、衝撃を受ける。砲弾で負傷したアンドレイは、運び込まれた病院で瀕死のアナトールと再会する。フランス軍がモスクワに入り、ロストフ家は負傷兵を援助しつつ都から避難する。ナポレオン殺害の決意とともにモスクワに残ったピエールは、放火犯と間違われフランス軍に捕まってしまう。避難の途中、ナターシャはアンドレイと再会を果たすが・・・。

戦争と平和、8話のあらすじ

戦争と平和、8話

フランス軍の捕虜となったピエールは、同じく捕虜となった農民出身の兵士プラトン・カラターエフと親しくなり、素朴な彼から人生について多くを学ぶ。冬が近づきモスクワからの撤退を始めるフランス軍。ピエール達も厳しい行軍を強いられ、プラトンはその最中命を落とす。デニーソフ、ドーロホフ率いるロシア軍部隊に救われ九死に一生を得るピエール。戦争が終わり、苦しみを経験し生まれ変わった彼は、遂にナターシャに愛を告白する・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました